PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと勘弁してほしい食べ物

ときおり
 「どこの国の料理がいちばんマズかった?」
と、きかれることがある。
旅番組ではどこの国のどんな料理でも
 「うん、ちょっと風変わりですが、おいしい!」
てなコメントでごまかされてしまうことが多い。
もちろんテレビでははっきりマズイとは言えないんだろうけど
私は言うぞ。
言っちゃうぞ。
・・・好みの問題なので怒らないでね。

今回の旅で一番、勘弁してほしかったモノ。

それは、エチオピアの主食「インジェラ」だ。

インジェラは穀物でつくった薄いクレープで、
なぜかネズミ色をしている。
見た目、ジンバブエのトイレットペーパーみたい。
もしくは藁半紙。
手でちぎって口に入れると、ぺちゃっとして柔らかい。
味は、変に酸っぱい。
酸っぱいクレープってなんか許せない気がする。

それでも、ピリ辛でかなりおいしい「ワット」というシチューと一緒に食べることで
インジェラの酸っぱさをなんとかごまかすことができる。

あるとき、苦手なインジェラを少しずつ飲み下していると
同席した兄さんが
 「はい、ア~ンして♪」
と言いだした。
何!
なんなのあんた!
 「口をあけてよ、はい、ア~ン♪」
イヤだ!
絶対イヤ!
私の拒絶を無視された。
彼は大きくちぎったインジェラとワットを
私の口の中に無理矢理、押し込んできた!
ぎゅうぎゅう!
ぎゅうぎゅう!
口の容量をはるかに越えたインジェラが襲いかかってくる!
くさい!
すっぱい!
まずい!
助けてえー!
吐くうーーー!

小学生のいじめかと思ったら、違った。
食べ物を指でつまんで相手の口に入れるのは
「グルシャ」といってエチオピアの伝統的な食べ方だそうだ。
(でもイヤがってる人に強要するのはイジメだと思う。)

そういうわけで
好みの問題だとは思いますが
今回の旅の「勘弁してほしいモノ」ダントツ一位は
インジェラでございました。

旅人の皆さん!
世界の「勘弁してほしいモノ」情報、教えてくださると嬉しいです。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓いつもクリックありがとう。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 21:25 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

アディスアベバ散歩

エチオピアで何が困るって、地名が・・・文字が読めないことだ。
看板もこんな具合で、何の店の宣伝だかさっぱりわからない。

看板

エチオピア人はみんな敬虔なクリスチャンだ。
エチオピア正教の立派な教会が建ってる。

エチオピア正教教会


ステンドグラスも綺麗。
ステンドグラス


マルカートという、巨大な市場。

マルカートの風景

人が多すぎて売り物が見えやしない。

ethi (4)


どんなけ積むねん。

ethi (2)

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 17:15 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

あーけーてー!

アディスアベバのある夜。
マズい晩ご飯を終え、宿へ戻ると・・・鍵が閉まっていた。

アディスは治安がよくないので
どの家も、刑務所みたいな塀とバカでかい門に守られている。
その門が、押しても引いてもあかないのだ。

あれえ。
誰もいないのかな?
いや、台所の電気は点いている。

とりあえずチャイムを押してみた。
ピンポーン。
・・・返事なし。
鉄の門を叩いてみた。
ガンガンガン。
・・・応答なし。
「あーけーてー!」
叫んでみた。
・・・静寂がかえってきた。

人の気配はするのに、なんで入れてくれないんだ。

時刻は夜9時。
とっぷりと日はくれている。
逃げ込む店も
街灯もなく
真っ暗な闇のなかを
懐中電灯で照らしながら歩くような道である。

くりかえすようだがアディスはあんまり治安がよくない。

ねーねーお金ちょうだいよ、の図
(お金をせびる子供たち)

宿のすぐ近所に、正体不明の浮浪者がゴロゴロしているのを思い出した。

怖くなった私は門扉にしがみついて
 「あーけーてー!」
ガンガン叩いた。
叩きに叩いた。
ガンガンガン!

むなしく30分が過ぎた。

よっぽどうるさかったらしく、隣家の人が
 「どうしたんだ」
と見にきてくれた。
そしていっしょに叩いてくれた。
 「あーけーてー!」
 「あーけーてー!」
ガンガンガン!
ガンガンガン!

隣りの隣りの人も来て、3人で叩いた。
 「あーけーてー!」
 「あーけーてー!」
 「あーけーてー!」
ガンガンガン!
ガンガンガン!
ガンガンガン!
ガンガンガン!

それでも門は開かなかった。
すると隣家の男が
 「電話してみよっか」
携帯をとりだした。
・・・最初からかけてくれよ。
と、思わないではないけれど。

電話はすぐにつながった。
宿の奥さんが門をあけてくれて、こう言った。

 「ごめーん、昼寝しちゃってた」


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 17:47 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

エチオピアの猫、と犬

猫が好き。
遺跡より、きれいな景色より、猫が大好き。
旅先でたまたま猫に会うのか
猫に会うための旅なのか、自分でもわからないくらい。
今はお休み中ですが「たびねこ」ってブログもやってました。

好きだから、猫を見たら条件反射でカメラを向けてしまう。
今回はおもちゃカメラしか持ってないのに
つい、シャッターを押してしまった。

(クリックすれば画像は大きくなります。)

アディスアベバの猫.jpg
(アディスアベバのタイトー・ホテルにいた猫)

ラリベラの猫
(ラリベラ村で「お家に入れて」コールしていた猫)

ガンとばしてる猫
(通りすがりにガンとばしてきた猫と、飼い主の皆さん)



あ、たまには犬も撮ります。

ラリベラの犬
(ラリベラでへたばってた犬)

***************************************

遊びにきてくれてありがとうございます。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 23:26 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

すっごい動物園 inアディス

そのへんのおっちゃんにこんなことを言われた。
 「動物園にはもう行ったかい?
  アディスアベバの動物園は、ライオンでもなんでもいてね、大迫力だよ!
  すっごい動物園なんだ!」
そうか。
すっごいのか。
どんなふうにすっごいのか気になって
行くことにした。
アディス市民イチオシの動物園。

イチオシのわりには
「1周5分」のミニ動物園なんですけどね。
それは想像どおりでしたけどね。

まずは、動物園のメイン。
大迫力のライオンさん。

寝てるライオン

寝てるだけやな。
しかも、地面はコンクリやんな。
ほぼ動物虐待やんな。

次にサルの檻にいった。
サルなんて、アフリカではちょっと田舎へ行ったらいくらでも見られるが
アディスは都会なので檻に閉じ込めている。


閉じ込めて。


閉じ込めて。


閉じ込め・・・・


addiszoo3.jpg

思いっきり脱走しとるがな。

たいへん、たいへん!
サルが逃げちゃったんですけど!

びっくりして係員に教えると
 「うん、そうだね」
ごくフツーの顔で言われた。

檻がものすごくテキトーで
柵の隙間も広すぎで
サルなんかはすぐ逃げてしまうのだ。
 「だけどいつもすぐに帰ってくるから、放っておくんだ」

脱走自由。
帰宅自由。
なんてフリーダム。

addiszoo.jpg
(逃げたおサルがお客さんにおやつをねだる図)

フリーダムなのはサルだけに限った話ではない。
私の見たところ、他の檻もぜんぶ甘い

角と蹄のある哺乳類
(すぐ飛び越えそうな柵)

と、いうことは・・・。
あの・・・。

心配になって係員に聞いてみた。

ライオンさんも出入り自由なんですか?

すると係員は

 「こないだは大変だったよ。
 麻酔銃がなかなか効かなくてなあ。
 9発目でやっと眠ってくれたんだ」

やっぱりフツ~の顔で言った。

たしかに、おっちゃんが言ったとおりだった。
アディスアベバ市民が誇る動物園は
ある意味、大迫力のすっごいフリーダムな動物園でございました。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 17:29 | comments:2 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT