PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

草原にひとり置いてきぼり…ケープ半島の過酷ツアー

アフリカ大陸の「だいたい最南端」にあるのがケープホーン、喜望峰だ(正確には南端ではない)。
喜望峰を訪れるツアーは過酷だった。
本気で過酷だった。
ケープ国立公園に入ってまもなく
 「この先はサイクリングで」
と、ツアーバスを降ろされてしまったのだ。
自転車に乗れ、と!?
「それがどうした」って思うかもしれないけど
実は私、
自転車なんて10年以上乗ってません
だって日本ではどこへ行くにも徒歩か車かだから、
チャリなんて必用なかったんだもん!
乗り方なんて忘れたよ!
しかもこれ、何?
えらいスポーティな形してるやん!
競輪みたいやん!
私、ママチャリしか乗ったことないねんで!
無理やん、自転車なんて!

だが、ツアーバスは乗客と自転車を下ろすと
 「じゃ、喜望峰で現地集合ね!」
無情にも走り去ってしまった。

言いたくないが、他の乗客は全員20代の若者だ。
スイスイと乗っていってしまった。
残されたのは私だけ。
30代のおばちゃん一人、ケープ半島の草原のただなかに、ぽつーん。

ケープ半島の荒野
(by POCKET DIGITAL CAMERA SQ28m )

やだよー!
寂しいよー!
おばちゃんも連れていってよー!

ベソをかきながらサドルにまたがった。
なんとか倒れない。
ペダルを踏むとヨロヨロと進みだした。

それからの30分は地獄だった。
きれいに舗装された道はほぼフラットだったけど
なにしろ10年ぶりの自転車だ。
しかも生まれて初めてのマウンテンバイク。
マラソンを走るのと変わらない試練だった。
すぐに汗みどろになった。
南アフリカの太陽は大きく、熱く、木陰ひとつない。
途中でへこたれて休んでたら、他のツアーの人たちが
 「大丈夫か?」
と声をかけてくれた。
ぜんぜん大丈夫じゃないよ!

体中ギシギシ音をたてながらゴール地点にたどり着いたときは、嬉しくて泣きそうだった。
お昼ごはんはただのサンドイッチだったけど、めちゃめちゃおいしく感じた。

体中が痛くて疲れてるのに、そのあとすぐにメインの喜望峰・ケープホーンに行った。

ケープホーン
(by ViviCam5050)

崖の上まで山登り。
翌日は筋肉痛で動けませんでした。
10年前ならへっちゃらだったのに・・・。


頑張った30代に拍手がわりの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


○関連記事
リアルタイム旅日記('10 2/19)
リアルタイム旅日記('10 2/20)
ケープペンギン
ケープ半島の草花

| 南アフリカ | 12:00 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

南アフリカの宮殿ホテル?

2010年2月17日。

ケープタウンに到着したとき、私はびびっていた。
めちゃめちゃびびっていた。
一人ぼっちだし
黒人の国は初めても同然だし
南アフリカは治安が悪いっていうので有名だから。
怖い怖い。
自分ひとりで宿探しなんかできない。
だから、空港で観光案内所を見つけて、探してもらった。
『ブルーマウンテン・バックパッカーズ』。

行ってみて、驚いた。
ぽかんとした。
そして、笑ってしまった。
 「ほんまにここ?」
タクシーの運転手さんに確認した。
 「ここだよ」
黒人の運転手さんもは白い歯を見せてわらった。
 「宮殿みたいなホテルだろ?」
うん、そうだね。
ローカルな表現をすれば、六甲山の中腹に並んでる宮殿みたい。
わかりやすい言い方をすれば・・・昔のラブホテルみたい。

ケープタウンの宿1

南アフリカのイメージと違う!

なのに、この町で初めて
 「南アフリカに来たんだな」
と実感したのが、このホテルの入り口に立ったときだった。
写真にはうつっていないが、玄関の扉が超頑丈
刑務所みたいにぶっとい鉄格子がはまっている。
一見、ラブホ。
門扉は、牢屋。

鉄格子の鍵はナンバーロック式だった。
4桁の暗証番号を入力して開錠する。
番号を忘れて宿に入れなくなった人、多数。

ある日私も、散歩から帰ったら鍵が開かなかった。
暗証番号は間違えていないはずなのに。
なぜだろう?
 「おーい、あけてくれー!」
インタホンで叫んだら、スタッフが笑いながら
 「ごめんごめん、さっき暗証番号を変えたんだ」
・・・勝手に変更すんな!

ケープタウンの宿2
(魚眼レンズ使用)

部屋はわりと地味。

コンセントはあったけど、電気が通っていなかった。
灯りもつかない。
PCも充電できない。
もちろん、フロントに文句を言いにいくべきだ。
部屋を変えてもらうべきだ。
だけど・・・
旅の始まりにドキドキしていたから
南アフリカにドキドキしていたから
黒人さんにドキドキしていたから、
言いだせなかった。
なんか怖かった。
電気がないから夜は真っ暗になったけど、それでも言い出せなかった。
まあ、私ってそんなもんなんだ。

何より一番ドキドキするのは
「英語を母国語とする人」
です。
南アフリカの公用語は英語だから。
弱気な旅行者に1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ちなみに、宿の近所に「ZULA」(ヅラ)って店があってすごく気になってました。

| 南アフリカ | 10:21 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

南アフリカ町歩き

トイデジ・・・私が持っていったポケデジSQ28mは
日常生活にふわりと1枚ベールをかけて
不思議な風景に変えてくれる、そんなカメラだ。

そんな「日常用」のカメラをあえて旅に持っていった。

旅の「日常」を撮るために。
そして、そこに暮らすひとたちの「日常」を撮るために。


・ケープタウンで修理中の船。大航海をしてきたんだろうな
船(ケープタウン)

・衣類の屋台。さすがにカラフルだ
服の屋台(ケープタウン)

・ヨハネスブルグのダウンタウン。シャッター街だ
ダウンタウン(ヨハネスブルグ)

・ヨハネスブルグは南京錠だらけだった
南京錠(ヨハネスブルグ)

・八百屋
八百屋(ヨハネスブルグ)

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南アフリカ | 17:39 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅先で出会った草花・南アフリカ

ケープタウンの国立公園には低木の茂みがどこまでもひろがっていた。
さまざまな形の
さまざまな葉っぱの。
見たことのない花たち。

ケープタウンの花・3

庭の芝生にちょっと似ている、と思っても
ふつうの芝生の10倍くらいの大きさがある。
10倍くらいの大きさのネギも生えてた。
名前なんかは分らない。
ただ、でっかい。

ケープタウンの花・1


多肉植物も多い。
サボテンが黄色い花を咲かせていた。

ケープタウンの花・2

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南アフリカ | 17:29 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ダチョウ!

ダチョウの背に乗りたいと思った。
昔テレビの
 「南アフリカでダチョウに乗る!」
というバラエティ番組を見て以来、ずっと憧れていたのだ。
私は動物に乗るのが好きで
牛やロバやラクダや象や
今までいろんな動物のお世話になってきたけど、
ダチョウはまだ未経験である。

なんでそんなものに乗りたいのだ、と他の旅行者には呆れられたが。
だって、ダチョウだよ?
走り出しちゃったらきっとスゴいよ!?

ところが探してみると
ダチョウに乗せてくれるという『オーストリッチファーム』は
シーズンオフで閉まっていると言われた。
田舎へいけば同じような農園がいくつもあるのだが
なにしろ遠い。
ダチョウのためだけに南アフリカを横断するのはためらわれる。
・・・だってやっぱり怖いんだもん、南アフリカ。

とはいえここまで来たのだ。
ダチョウへの夢はなかなか捨てきれない。

ああ、ダチョウに乗りたい!
ダチョウ!
ダチョウ!
ダチョウーーー!

って思ってたら、レストランの看板にこんなのを見つけた。

 「ダチョウ・ハンバーグ」

・・・ハンバーグで妥協しとくか。

ダチョウのハンバーグ

背に乗るかわりに食べてきた。
残酷な人間でごめんなさい。
でもミンチだから、本物のダチョウ肉かどうかは、不明。
こってり濃厚ソースがぶちまけられていて、味のほうも、不明。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南アフリカ | 17:40 | comments:4 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT