PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富良野ラベンダー畑

1日目 PM10:30 『B&Bふらの』で予言を聞く
宿のおじさんは親切な人だった。
いろいろ相談にのってくれたし、
 「明日、ラベンダー畑へ行くのなら、朝一番がいいよ」
とアドバイスもしてくれた。
アドバイス?
いや、違う。
これはアドバイスというよりも
 「そうでなければ、恐ろしいことになる・・・」
という、脅しだった。
おじさんは話した。
「去年、震災のあと観光客がぜんぜん来なくなった。
 その反動だろうか。
 この夏は、今まで経験したことのない混みようだ。
 明日は夥しい数の観光客が押し寄せてくるだろう。
 もし、早朝の空いてる時間を逃したら・・・」
逃したら・・・。
その時は・・・。
その時は!!
 「大渋滞にハマって身動きがとれなくなり、
 帰りの飛行機に乗れなくなるだろう!
ぎゃー!!!


2日目 AM5:50 ラベンダー畑
と、いうことで。
翌朝は5時起きを敢行。
ラベンダー畑に着いたのは6時前だった。

ふらのラベンダー畑


花畑で有名な『ファーム富田』は駐車場を開放している。
入場無料も柵も扉もない。
花を見るだけなら、何時に訪れてもかまわない。
朝6時でもびっくりするほどお客さんが多かった。
みんな同じように混雑をさけてきたのだろう。
子供がはしりまわっている。


ふらの走る

ラベンダーの花


夢のような青紫。
むせかえるような匂い。
まるで、青紫の雲が、山からおりてくるようだ。


ラベンダーの雲


花畑は解放されているものの、土産物のショップは閉まっている。
早朝なんだから当然なんだけれど・・・。
メロンソフト、食べたかったなあ。


ふらの黄色
(ラベンダー以外の花畑もたくさんあった)

ちなみに、髪や服にしみこんだラベンダーの香りは、12時間後、帰宅するまではなれなかった。
帰ったとたん妹に
 「おねえちゃん、なんかいい匂いがする!」
といわれたのだ。

| 北海道 | 22:53 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT