PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

それどころではない観光地

南米ボリビアでナンバーワンの観光名所・ウユニ塩湖。
公共交通機関がないから、塩湖へ行くにはウユニ発の現地ツアーに入るしかないのだが・・・

町と塩湖のあいだにもうひとつ。
観光地がある。
『列車の墓場』だ。

列車の墓場


廃線の果てに、錆びた列車が捨て置かれてる・・・だけ。
ただそれだけ。

機関車、客車、貨物。
どれも鉄サビで真っ茶色。
古いもので、中には19世紀の車両もあるらしい。
まるで幽霊列車だ。

列車の墓場3

たいてい、みんな登る。
屋根を歩いたり。
車両と車両のあいだを行き来したり。
大人のジャングルジムみたいでちょっと楽しい。

列車の墓場1

荒野にのびる廃線。
地の果てのレール。
ここを歩いて「スタンドバイミーごっこ」をやる奴が一人はでてくる。

列車の墓場2

味のある風景だし、それなりにおもしろい。
・・・だけどな。
実際にはな。
それどころじゃないんだ。

ここへ来るのは「ウユニツアー」。
憧れのウユニ塩湖まであと一歩! というところで直前に立ち寄る。
だから、早く塩湖へ行きたくて行きたくて。
前の晩から眠れないほどワクワクしてるのに。
「はい、ここで20分フリータイムね~」
って、早く塩湖行こうよ!
20分て長いんだよ。
10人中9人の観光客は焦れるんじゃないかと思う。

のんびりくつろいでるドライバーを捕まえて
 「Vamos!(行くぞ!)」
を連呼、さっさと立ち去っちゃうグループもありました。

| ボリビア | 11:29 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT