PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬ぞり最高!(後編)

犬ぞりツアーの続き。

犬たちは橇をひいて結構な距離を走った。
1~2時間も乗っていたと思う。
道程の半分のところでドライバーを交代した。
こんどは私が橇に座る番だ。

今までにも、ゾウやラクダやロバなどいろんな動物に乗ってきたけど
これほど地面に近い乗り物ははじめてだ。
地面スレスレ。
風がきついから顔が寒いし、
雪の状態がわるいとがたがた揺れる。
全速力でカーブを曲がるときは
このまま倒れるんじゃないかと心配になるほど橇が傾く。


雪原


それでも乗り心地は悪くない。
座席だと、マッシャー(運転手)と違って犬たちの様子をじっくりと眺めることができる。
足や耳の形、走り方にも6匹それぞれの個性がみられた。

耳をピンと立てているやつ、
左へ左へ寄っていくやつ、
足のあいだにロープを挟んじゃったやつ、
疲れてシッポがだんだんと垂れてくるやつ。
がに股でガシガシと走る犬たちの脚はみんな
強くたくましくて本当に格好よかった。

ハスキーたちのパワーはすごい。
前へ進むために生まれてきた犬たちだ。
なのに、ブレーキをかけて止まらせなくちゃいけないことが多々あった。
「渋滞」のせいで。
ツアーでは犬ぞりを5台つらねて進んでいたのだが
先頭グループの調子が悪く、たびたび停まって調整を行うため
追い越し禁止の一本道は何度も渋滞・停滞してしまった。

すると、ヤンキーの走り屋集団のごとき連中のことだ。
停まるなんて許せないから、騒ぐ騒ぐ。

 「おらおらおら!前どうなってんだよ、前!」
 「早くいけよ早く!」

うー!
うー!
わんわん!
ワオー!
オオオオオ!

遠吠えまじりの大騒ぎは、デコトラのクラクション並みの勢いだ。
パラリラパラリラ~♪と鳴らしてる。

興奮のあまり、ぴょんぴょん跳んじゃう犬がいた。
 「早く行けよ! 早く! 早く!」

早く早く1



停まるたび、何度でも跳ねる。

早く早く2


となりの犬が迷惑そうな顔をしてても、
お構いなしで跳ねる、跳ねる。

早く早く3


しまいに隣りの犬がキレて
 「うるさいねん!」
と、押さえこまれた。

じっとしとれ


なんだかんだとやっていたが
とうとうゴールが見えてきた。
終わってしまうのが悲しかった。
もっと走りたかった。
犬たちの走る姿をもっとみていたかった。
全力にひたむきに走る犬たちに心うたれた。
一生懸命がつたわってくる。
うんちをしてもおしっこをしても
ロープをまたいじゃっても走りつづける、
そんな姿が見えるから「うちの犬」って愛着がわく。

橇から降りて、ロープをはずし、
最後に「うちの犬たち」にありがとうの挨拶をしにいく。


先頭の2匹はリーダーだけあってキリッと仕事をこなしていた。

先頭コンビ



ジャンプ犬のコンビ。
最後にキレたハスキー犬が、なんか疲れきっていた。

ジャンプ犬コンビ



白い犬は先輩のお気に入りだった。
橇が停まるたびに「まだ?」と振り向いて出発を要請してくる。
走りながらウンコをしたのもこの子だった。
 「こんな私たちのために頑張ってくれて
  走ってくれてありがとう。」
手をさしだすと、白い犬が鼻をすり寄せてきた。
となりの犬も
 「ぼくも」
と頭をなでてほしがった。

振り向きっ子ちゃん


犬ぞりツアーは、体も心も満足できるアクティビティだった。
ホテルで申し込んだため、153ユーロと高額ではあった。
町中の店へいけばもっと安くできただろう。
でも、それだと違う犬たちに当たっていたはずだ。
私は「あの子たち」と出会えて幸せだった。

最後に一枚。
早く走りたくてたまらない記念写真。

振り向きっ子ちゃん

ありがとう、犬さんたち。
元気でね!

| フィンランド | 20:54 | comments:5 | TOP↑

COMMENT

犬ぞりざんまい

だださん、
もっと犬ぞりに乗りたかったらアラスカにアイディタロッドという究極の犬ぞりレースがありますよ。
全コース1600キロ、最短でも2週間。
アラスカでは年一度の大イベント、日本人で参加している人もいるみたい。
次はアラスカへ、Go!

| lunta | 2012/03/01 12:09 | URL | ≫ EDIT

だださん、お帰りなさい。
雪の森の写真がすてきで、
いろんな子たちの行動が面白くて、
後半の写真&コメントで笑っちゃって!
何度も読み直してしまいました。
この記事を読んで、大好きな漫画
「動物のお医者さん」に出てくる
犬ぞりの話を思い出しました。
(またもや年齢が知れてしまう)

いつもながらだださんのブログは
読んでいるだけの私までもが一緒に旅に出て
同じ体験をしてきたように感じられます。
旅のおすそ分けをありがとうございます!

| みわ | 2012/03/01 13:01 | URL |

>luntaさん
1600キロ!
どんなけ過酷なんですかそのレース!
私は40キロくらいでいいですわ~。
でも、アラスカには是非行ってみたいですね。

>みわさん
ありがとうございます。
そうそう、『動物のお医者さん』!
なつかしいですね!
「俺はやるぜ俺はやるぜ!」っていうやつ。
まさにあの通りのイメージでした。

| だだ | 2012/03/01 19:13 | URL |

最後の写真が最高ですね。写真というか、
だださんのコメントというか。
おかしいよ~~。ひとつのことでたくさん
楽しめるだださんの感覚が好きです(笑)。

| ひらの | 2012/03/01 19:27 | URL |

>ひらのさん
笑ってもらえてよかったです。
マンガになりそうな写真だねえ、と先輩に言われたのでマンガ風にしてみました~。

| だだ | 2012/03/02 11:02 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT