PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

笑う岩たち…ジンバブエのバランシング・ロック

有名な観光名所であり
その国のお札の絵柄にもなっている。
なのに観光客からは 
 「こんなんで入場料とるなよ!」
っていわれてる。
・・・あんまり評判悪いから、行ってみることにした。
ジンバブエのバランシング・ロック。

首都ハラレからバスに乗る。
9人乗りのワゴン車に20人、ぎゅうぎゅう詰めに押し込まれて乗る。
都会をぬけだししばらく走ると、岩だらけの草原が広がっていた。

 「バランシング・ロック!」

隣席のおばさんが嬉しげに、お札の絵と岩を交互に指差して微笑んだ。
・・・あ、ここなの?
降ります降ります。

で、バス降りてもなんにもない。
畑と、草原が広がってるだけ。
そして岩がゴロゴロしてるだけ。
ただよく見ると、草原の一部が金網で囲われていて
そこにゲートらしきものが設えてあった。

 「入場料:10ドル」

 「こんなんで10ドルもとるなよ!」

金網の内も外も同じ景色。
どう違うのかわからない。
金網をくぐるだけで10ドルは高すぎではないだろうか。

だけどせっかくだから入ってみた。

バランシングロック2

バランシング・ロックはその名のとおり
いくつもの岩が積みかさなり、不思議なバランスを保ってる。
卵のようなもの。
キノコのようなもの。
冗談みたいにきわどいバランスで崩れずに立っているもの。
まるで巨人の積み木だ。

でも、まあ、岩は・・・岩だ。
金網の外にも同じ景色が広がっているし
ここまでくる道中にもたくさん似たような景色をみた。
とくに美しい景色ではない。

バランシングロック1

そのとき、雨がやんだ。
3月のジンバブエは雨季で、毎日ずっと雨ばかりだったから、それは奇跡に近い幸運だった。
青空がひろがると、そこはすばらしい場所になった。

丈の高い草たちに囲まれ、巨大な岩たちは沈黙をつづけている。
花たちも静かに揺れている。
鳥たちだけがぺちゃくちゃといろんな声でおしゃべりをしている。

空は真っ青で、動きの早い白雲が流れていく。
観光客は誰もいない。
私ひとりだ。
私ひとりでここに立ってる。

岩が、笑っていた。

笑う岩

あんまり気持ちがよかったので昼寝をすることにした。
岩床にごろりと横になる。
目をつぶる。
お日様がまぶしいので帽子をかぶる。
聞こえてくるのは小鳥のおしゃべり、鶏の時をつくるこえ、それから遠くに人々の話し声。
なんだかしらないけど、ジンバブエって最高だ。

バランシングロク3

岩は静かに笑っていた。

| ジンバブエ | 12:34 | comments:5 | TOP↑

COMMENT

あんまり評判悪いから行ってみて、10ドル高すぎ、とか言いながら払っちゃうって(笑)、だださん、素敵すぎます。
でもなんとなくわかる気もします。
人の意見を鵜呑みにしたくないのかな。

| lunta | 2011/12/21 00:30 | URL | ≫ EDIT

確かに高い!  でも寝そべるほどリラックス出来たんだから よかった!
微妙なバランス・・・ゴロンときそうですね。

| 霧のまち | 2011/12/21 00:59 | URL | ≫ EDIT

>luntaさん
「すごくつまんないよ」って言われると、どこまでつまんないのか気になりません?(笑)
『世界三大ガッカリ』とか失礼ないわれ方をしているものも、行ってみれば楽しいんですよね。

>霧のまちさん
ゴロンときそうでこない、不思議な岩群なんです。
10ドルはぼったくりの極みでしたが、ほとんど観光客は来ないみたいだったので、寄付だと思うことにしました。

| だだ | 2011/12/21 10:47 | URL |

一枚目の写真から、すごい良さげなとこだと思いました。好み好み

| T美 | 2011/12/21 21:45 | URL |

>T美さん
うん、T美さん好みだと思いました。
大勢でがやがや行っても楽しくはない所かも。

| だだ | 2011/12/22 15:06 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT