PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウユニ塩湖で日の丸を振る

 「日本人はどうして国旗を身につけない?」
ときかれたことがある。
インドの旅行代理店の人だった。
 「ぼくは世界中の国旗のコレクションをしている。
 たいていの旅行者は、
 バックパックに国旗を挿したりワッペンを貼ったりして、
 自分の国籍か一目でわかるようにしているから、それをもらうんだ。
 アメリカ、ドイツ、中国、韓国、オーストラリア・・・
 でも日本の旗だけが無い。
 日本人はぜったいに国旗を持ち歩かないからだ。
 国旗は国の誇りだろう?
 どうして日本人は自分の国の旗を誇らないんだ?」

それは複雑な歴史の象徴だからだ。
日の丸と君が代はいつでも論争の的だからだ。
私も国旗を持ち歩いたりしない。
日本で、日の丸を身につけて歩いたりなんかしたら、
ちょっと特殊な団体の人だと思われてしまうだろう。

だけど、一度だけ。
一度だけ日の丸を大きく振ったことがある。
ボリビアのウユニ塩湖でのことだ。

塩湖のホテル前には世界各国の旗が用意され
記念撮影ができるようになっている。
チリ人はチリの
ブラジル人はブラジルの
韓国人は韓国の旗を掲げ
誇らしげに写真を撮っていた。

 「あなたは旗と写真を撮らないの?」

チリ人の友達に声をかけられ
・・・私も撮るか。
と腰をあげた。

だが実際に日の丸を前にすると大きなためらいがあった。
学生時代、先生から、日の丸は罪深いものであり
君が代が鳴っても立たなくてよろしい、歌わなくてよろしいと言われて育ったからだ。

それでもいつだって
オリンピックの表彰台に日の丸がのぼると感動した。
問題を抱えているとはいえ、
日の丸は世界が認めるこの国の旗であり
今のところ日本は他に旗をもっていない。
これが自分の国のマークだということは、
旅をしてみれば、みんな肌身で感じると思う。

友達から手渡された旗は
意外なくらいずっしりと重かった。
私は日本人であり
日の丸は
誇りも涙も、悲しく罪深い歴史の問題もすべてを抱きかかえた象徴だと思った。

それで私は日の丸を振った。

ウユニで日の丸

日本人であることから逃げてはいけない。

| ボリビア | 12:09 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT