PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペトラ遺跡で考える

これぞ世界遺産。
遺跡中の遺跡。
堂々として巨大なくせに、
どこまでも奥深く秘密めいている。
そして何より美しい。
誰もが息をのむ美しさだ。

・・・ペトラ遺跡。

エル・ハズネ
(エル・カズネ)

ヨルダンのペトラ遺跡はナバテア人のつくった町だ。
紀元前1世紀頃に栄え、ローマに征服された。
その後、歴史の砂に埋もれた。
「完全に忘れさられた」と表現する人もいる。
だが、それはもちろん表舞台から消えたという意味だ。
地元には存在を知っていた人がいたわけで。
彼らに隠されていたのだという。

ペトラ遺跡を「再発見」したのは19世紀のヨーロッパ人。
スイス人。
旅行家にしてイスラム教徒の、ヨハン・ルートヴィッヒ・ブルクハルトだった。
彼はかなりの冒険家だったらしい。
ガイドブックにはこう書いてある。

 「外部の人間に生活を乱されることをおそれる現地人の目をかいくぐって遺跡を確認し、世界にその存在を伝えた」

そしてほろぼしたのだろう。
彼らの生活を。
そこに住む人たちの生活を。

押し寄せる発掘隊。
押し寄せる観光客。

遺跡を修復し、世界遺産の登録し。
それはいったい何のためなのだろう。
誰のためなのだろう。
「遺跡を守った」のはこちら側の言い分でしかない。

ペトラのような遺跡は数多いはずだ。
また、現地の人たちに今も守られ、隠されている遺跡もあるのだろう。

ペトラの谷
(遺跡を隠す谷 by ViviCam5050)

遺跡内には無数の土産物の露店がある。
ほんの小さな女の子がタッパーに石ころを入れて売りにくる。
きれいな縞模様の石で、かわいい子だからひとつ買ってやろうと思った。
だけど1ディナールだっていう。
高い。
石ころだよ。
せめて0.5でいいんじゃないの?
 「No!1ディナール」
せいぜい5歳か6歳だ。
そんな小さい子が生意気にひとさし指をチッチッ!と横に振り、
はっきりとした口調で「NO!」っていう。
可愛い、なんてものじゃない。
げんなりした。
商売人の小型化もここまで進むのか、と。
1ディナールなら買わないよ、と歩きだすと
 「NO,マダムマダム!」
追いすがってくる。
ドラマチックなまでにすがってくる。
ダダをこねて泣き始める。
声をかけなければよかったと、激しく後悔した。

この子をこんなにしたのは私たちだ。
私たち観光客だ。

未発掘
(ペトラ遺跡はまだほとんどの部分が未発掘だ。by ViviCam5050)

外部の人間に生活を乱されることをおそれ、遺跡を隠してきた人たちは
ここでどんな生活を送っていたのだろう。

ペトラの美しさに免じて、1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ヨルダン | 12:49 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

ペトラは まだ未発掘のところが多いんですか。
いろんな経緯があったんですね~。
そう言えば トルコにも遺跡はたくさんありますが
あそこも まだまだ経済的に厳しくて 発掘が出来ていないそうですよ。
日本にも 未だに古墳が見つかることがあるんですから・・・世界には埋もれた街や暮らしがまだまだあるんですね。

| 霧のまち | 2011/12/10 01:19 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/10 02:06 | |

Re: タイトルなし

>霧のまちさん
中米のジャングルやアンコールワット周辺にも建造物がたくさん埋もれていそうですね。
日本の古墳は山と同化しています。
それをすべて発掘する必要があるかどうかは、それぞれの立場や考え方によるものだと思います。

| だだ | 2011/12/10 11:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT