PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅と読書

昨日の「本をつくりました」にたくさんのメールを頂きました。
「買ったよ!」
って言ってくださった方々、本当にありがとうございます。
今まで何度もくりかえしてきた言葉ですが。
本も、ブログも。
読んでくださる方がいらっしゃるから、私は書くことができます。
みなさん、本当にありがとうございます。

本といえば。

私の旅に、本は必需品。
バックパックの中に最低2冊は入れていく。
日本人宿に泊まったり旅行者どうしで交換したり、
ときには古本屋で買ったりして
文庫本は入れ替わりたちかわり、私といっしょに旅をつづけていく。

旅先で本を読むのは、たいてい、ちょっと寂しいときだ。
飛行機の中で。
バスの待ち時間に。
それから何より疲れたときに。
ページを開くと、気持ちが落ち着くのを感じる。

『星の王子様』を読みふけったのはアルゼンチン。
 「大人って、へんてこだ。」
とくりかえす王子様の言葉に
へんてこな日本のことを遠くから考えた。

『銀河鉄道の夜』を読んだのは、ウユニ塩湖の夜だった。
みんなが寝静まった深夜。
読み終わって戸外に出ていくと、まぶしいほどの星空だった。
宮沢賢治が見上げた空もこんなだっただろう。
そう思っているうちに風がやんだ。
静かな湖面にきらきらと星がうつり
天も地もすっかり星で満たされて
まるで宇宙を飛んでいるかのような
・・・銀河鉄道に乗っているかのような錯覚を覚えた。

エチオピアでお腹をこわして辛かったときは
宮部みゆきの『幻色江戸ごよみ』を読みながら横になっていた。
中にこんな一節があった。

「臆病者には臆病者の生き方がある。(中略)
 臆病者の自分を大切にしてやる道が、どこかにきっとあるはずだ。
 臆病者の自分から逃げちゃいけねえ。」

臆病で小心で、アフリカの旅にくたびれて
なんだか情けない気持ちでいた私は
それでずいぶん勇気づけられたものだ。

文字は心だ。
文章は声だ。
はるか遠い国を旅するとき
母国の言葉で語りかけてくれる本は、大切な旅の仲間だった。
寂しいとき。
辛いとき。
心が疲れてるとき。
頁をひらけば慰めてくれる。
私も、そんな言葉を紡げるようになりたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 旅のスタイル | 15:00 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

旅先で「星の王子様」や宮沢賢治とは、なんと風情があるのでしょう!
旅の途中で読むと、より深く心に染み入るものがあると思います。
私は「カラマーゾフの兄弟」を持っていって挫折してからは気楽に読める新書にしています(残念ながら、風情はあんまりありませんが)。
美術関連の本だと、現地の美術館で思いがけず本物に遭遇して驚いたりもします。

| ささ | 2011/12/07 23:42 | URL | ≫ EDIT

私は普段でも 紀行や旅モノが多いので
旅先では 土地の関連本を読むことがほとんどです。  旅先では なるべく単純な本がいいです。
考え込むコトもないから。
だださんのように長旅は無いですしね。
椎名誠や池澤夏樹、ベストですね~。

| 霧のまち | 2011/12/08 10:08 | URL | ≫ EDIT

>ささサン
童話は昔から大好きなのですが、読みやすいので旅にもいいですよ~
ロシア文学はじっくり腰を落ち着けてじゃないと読めないですよね(笑)
美術関連の本は、ヨーロッパによさそうですね。

>霧のまちさん
旅をしながら旅ものを読む。
二重の旅ですね。
その土地の知識が増えるのもいいですねー。
ガイドブックより深く知ることができますしね。

| だだ | 2011/12/08 12:09 | URL |

こんにちは!
いつも楽しく読ませてもらってます。
言葉が優しくて、押し付けがましくない感じが、素直じゃない私にはとても読みやすいです(^^)

本、出されたんですね!
チェックしてみます♪


私は普段はあまり読書はしないのですが、旅に出ると何故か読書がしたくなります。(何ででしょう。。。笑)

| 山元 | 2011/12/08 13:22 | URL |

読書ってそれだけで一つの旅だから、旅の中からまた別の世界に旅に出ると頭が混乱する気がして、私自身はあんまり旅先で読書はしない方です。どちらかといえば、音楽で旅を盛り上げる方かな・・・
でも先日、空港で暇つぶしに買った曽野綾子のエッセイがすばらしくて、思わず読書ブログ立ち上げたくなっちゃいました。
旅を彩る、深めてくれる本ってありますね。そのときの風景や気分とぴったりはまった一節に出会えたら、さぞかし楽しいでしょうね。

| coneja | 2011/12/08 23:56 | URL | ≫ EDIT

>山元さん
読んで頂いてありがとうございます。
山元さんも旅に出られるのですね。
旅行中に限って本を読まれるのですか?
旅してるといろいろ考えるし、日常ではできないことをしてみるのかもしれませんねー。

>conejaさん
そうですね、二重の旅です。
ブログを立ち上げたくなっちゃうほどの本に出会えるなんて素晴らしいことですね。
しかも空港の暇つぶしで!
これも旅がもたらしてくれた運命の出会いですね。

| だだ | 2011/12/09 11:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT