ピンクガイドのある街

4 Comments
だだ
ケープタウンの町を観光していると
バスに向かってめっちゃアピールしている人がいた。
兄ちゃんのような、姉ちゃんのような人だった。

あん!
(カメラを向けるとポーズとってくれた)

 「ウェルカム!
  うぇるかーむ、ケーーーープタウン!
  あん!」

何。
何その、あん!って。

南アフリカはゲイが多いと聞いた。
「あん!」のオネエさんも、お店の宣伝をしていたのだろう。
朝早くから熱心なことだ。
観光案内所には可愛いガイドブックがならんでいる。
無料のガイドブックだ。
可愛らしい。
ピンク色の。
 『Pink Guide』
ピンクガイド・・・。
私には関係ないガイドブックでした。

海外で夜遊びはしない主義です。
良い子な私に1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
だだ
Posted byだだ

Comments - 4

There are no comments yet.
T美  

どこでしたっけ?トルコの遺跡にもお姉ちゃんこっちみたいな足形(でしたっけ?)の古代のピンクガイドサインがありましたね。うろ覚え。今も昔も

2011/11/12 (Sat) 19:03 | EDIT | REPLY |   
だだ  

>T美さん
あ~エフェスかどっかにあったねえ。
ポンペイでは売春宿がお品書きまでクッキリ残ってましたわ。

2011/11/13 (Sun) 12:21 | EDIT | REPLY |   
ささ  
旅先で目のやり場に困った!

ギリシャの博物館に「何もそんな絵にしなくても!」と言いたくなる古代の皿が何枚もありました。
ポンペイでは家族と一緒で気まずかったので、そこで昼寝している犬をじっと見てました。

2011/11/14 (Mon) 00:10 | EDIT | REPLY |   
だだ  

>ささサン
ありますよね~古代土器とかすごいですよね。
家族とみるのはちょっとイヤかな。
男同士とかのもちょっとみてるのしんどいです。

2011/11/14 (Mon) 11:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。