PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

草原にひとり置いてきぼり…ケープ半島の過酷ツアー

アフリカ大陸の「だいたい最南端」にあるのがケープホーン、喜望峰だ(正確には南端ではない)。
喜望峰を訪れるツアーは過酷だった。
本気で過酷だった。
ケープ国立公園に入ってまもなく
 「この先はサイクリングで」
と、ツアーバスを降ろされてしまったのだ。
自転車に乗れ、と!?
「それがどうした」って思うかもしれないけど
実は私、
自転車なんて10年以上乗ってません
だって日本ではどこへ行くにも徒歩か車かだから、
チャリなんて必用なかったんだもん!
乗り方なんて忘れたよ!
しかもこれ、何?
えらいスポーティな形してるやん!
競輪みたいやん!
私、ママチャリしか乗ったことないねんで!
無理やん、自転車なんて!

だが、ツアーバスは乗客と自転車を下ろすと
 「じゃ、喜望峰で現地集合ね!」
無情にも走り去ってしまった。

言いたくないが、他の乗客は全員20代の若者だ。
スイスイと乗っていってしまった。
残されたのは私だけ。
30代のおばちゃん一人、ケープ半島の草原のただなかに、ぽつーん。

ケープ半島の荒野
(by POCKET DIGITAL CAMERA SQ28m )

やだよー!
寂しいよー!
おばちゃんも連れていってよー!

ベソをかきながらサドルにまたがった。
なんとか倒れない。
ペダルを踏むとヨロヨロと進みだした。

それからの30分は地獄だった。
きれいに舗装された道はほぼフラットだったけど
なにしろ10年ぶりの自転車だ。
しかも生まれて初めてのマウンテンバイク。
マラソンを走るのと変わらない試練だった。
すぐに汗みどろになった。
南アフリカの太陽は大きく、熱く、木陰ひとつない。
途中でへこたれて休んでたら、他のツアーの人たちが
 「大丈夫か?」
と声をかけてくれた。
ぜんぜん大丈夫じゃないよ!

体中ギシギシ音をたてながらゴール地点にたどり着いたときは、嬉しくて泣きそうだった。
お昼ごはんはただのサンドイッチだったけど、めちゃめちゃおいしく感じた。

体中が痛くて疲れてるのに、そのあとすぐにメインの喜望峰・ケープホーンに行った。

ケープホーン
(by ViviCam5050)

崖の上まで山登り。
翌日は筋肉痛で動けませんでした。
10年前ならへっちゃらだったのに・・・。


頑張った30代に拍手がわりの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


○関連記事
リアルタイム旅日記('10 2/19)
リアルタイム旅日記('10 2/20)
ケープペンギン
ケープ半島の草花

| 南アフリカ | 12:00 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

う~~ん!これはきついっすね!
10年乗ってないのにマウンテンバイクとは!

いきなり降ろされて自転車に乗れ!っていう
強引なツアーもツアーですけどね(笑)

乗るしかないですもんね!この場合は。。。

喜望峰。。。スエズ運河が出来るまでは難所の
一つとして知られた所ですね?
ず~っと先には南極大陸かあ~。。。
ぼ~~っとしたいな~。

だださん!よくがんばりましたね!

chempakaでした!

| Chempaka | 2011/11/11 01:31 | URL |

>Chempakaさん
はい、頑張りました~!
ツアーの事前説明も英語なため、ちっとも聞いていなかったんですよ(笑)。
だから断ることもできたのかもしれないけど、びっくりしてるうちに置いていかれちゃいました。
喜望峰は風も波も強い難所だそうです。
いまでも風は強いです。

| だだ | 2011/11/11 11:11 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT