世界でたった一頭のゾウガメ、ひとりぼっちのジョージ

2 Comments
だだ
ガラパゴス諸島にはそれぞれの島にそれぞれの種類のゾウガメがいるが
乱獲によりすでにほろんでしまった種も多い。
ピンタ島のゾウガメで生きているのはたった一頭。
世界にたった一頭のピンタゾウガメは「ロンサム・ジョージ」・・・ひとりぼっちのジョージ、と名づけられた。
今はサンタクルス島のチャールズ・ダーウィン研究所で暮らしている。

めったに動かないらしいジョージの、貴重なお散歩写真。

孤独なジョージ
(屋根の下にいる)

孤独なジョージ (1)
(よいしょ、と足をのばして歩きだす)

孤独なジョージ (3)
(ぎしり。ぎしり。甲羅が音をたてる)

ロンサム・ジョージ

世界中に同じ種族が自分しかいないって、どんな気持ちだろう。
どれほどの孤独だろう。
もしも私が、世界でたった一人の日本人になってしまったら、どんなに寂しいだろう!
アフリカで黒人社会のまっただなかにひとりポツンと紛れこむ心細さ、
旅先で日本人に出会ったときのホッとした気持ちを思いだすにつれ、
尚のことジョージの孤独を想像すると辛かった。

・・・ジョージをひとりぼっちにしたのは、私たち人間だ。


1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ちなみにゾウガメは、「肉がおいしい」と海賊たち食べられ数が減ったのだそうです。
だだ
Posted byだだ

Comments - 2

There are no comments yet.
海坊主  

文章うまいですねー
いつも感心しちゃってます

一人ぼっちはやです(´Д`)

2011/11/07 (Mon) 00:42 | EDIT | REPLY |   
だだ  

>海坊主さん
ありがとうございます。
私は英語できないんで日本語だけは努力してます。
ひとりぼっちは悲しいよな~どこでも。

2011/11/07 (Mon) 09:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。