PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道に迷うはずのないところで道に迷う

南の島の人たちは、とっても優しい人ばかり。
 「エル・チャトへ行きたいんだけど」
って言うと、
そのへんの人たちがよってたかって乗り合いバスに乗せてくれた。

 「あんた変わってるねー。
  普通、ここはツアーで来るかタクシーを雇って行く所だよ?
  なんで歩くの!?」

笑いながら、目的地までの道も教えてくれた。

 「この道をまっすぐだから!
  迷いようがないから!」


エル・チャトへの道

うん、たしかに真っ直ぐな一本道だ。

どこまでも。
どこまでも。
なんにもない。
だれもいない。

藪と。
空と。
赤い道。

鳥と。
花と。
私しかいない道。

一本道を歩くこと30分。
目的地まであと半分、ということろで、
・・・道が2つに分かれていた。
 「聞いてないよ!」
思わず叫んだ。
 「一本道とちゃうやん!」

表示も標識もなんにもない分かれ道。
もちろん、辺りには人っ子ひとり見当たらない。

腕組みしたまま、しばらく考えた。
右の道は登り坂で、藪へと続いている。
左の道は下り坂で、藪と続いている。
どちらが正しい道なのか?

わかるわけがない。
だけど進むしかない。

確率は2分の1。
50パーセントの確率で私は遭難する。
これは賭けだ!
・・・ワクワクしてきた。


続きは次回。
1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エクアドル | 12:00 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

うわぁ、究極の選択ですね~。
チョウと出るか ハンと出るか!
どこらへんまで行ったら 間違ってると分かるか…それ自体も賭けですね。

| 霧のまち | 2011/10/31 20:16 | URL | ≫ EDIT

うわ~~、これは悩むなあ~。。。
人通りがないんでしょ?怖いなあ~~これは!

僕もネパールで道が3つに分かれた時は
とりあえず道幅が広くタイヤの痕が多い方を
選びましたが。。。(笑)←正解だった!

二分の一かあ~~。。。
さて、いかに!

chempakaでした!

| Chempaka | 2011/11/01 00:54 | URL |

>霧のまちさん
目的地まで残り30分ほど、という情報しかなかったので、
「30分歩いてみて着かなかったらハズレ」
っていう感じでした。
ハズレましたし…。

>Chempakaさん
人通りもないかわりに、痴漢もクマも出ないかなと(笑)
迷ったら大きい道を選ぶのは鉄則ですよね。
でもあのときは、両方まったく同じ幅で轍もなかったんですよねー・・・。

| だだ | 2011/11/01 15:04 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT