PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青い海にむかって「ちくしょー!」と叫ぶ

イサベラ島からサンタクルス島へ渡るときにトラブルにあった。

ガラパゴスにおいて、島と島とを結んでいるのは高速ボートだ。
料金は25ドル。
イサベラ島の船着場は町からちょっと離れていたので、
町中の店で予約することにした。
 「高速ボートのチケットあります」
と看板を出してる店だ。

すみません、明日のサンタクルス行き1枚ください。
 「OK、そこに名前を書いて。料金は前払いね」
その場で25ドル払う。
これで終わり?
・・・えーと、あの、チケットは?
 「チケットはいらないの。
  船長に連絡しておくから、名前を告げればいいだけ。
  領収書がほしいの?
  じゃ、このカードあげるわ」
渡されたのは名刺だった。
ほかの島のボートでもそうだったから、そういうものだろうと思った。
小さな島だから。
田舎だから。
口約束で大丈夫なんだ。
そう思った。
バカだった。

ガラパゴスの空
(船旅は気持ちがいいけれど。)

翌朝。
船着場でサンタクルス行き高速ボートを見つけた。
たしかにチケットというものはなく、
船長が乗客の名前とリストを照らし合わせているだけだ。
私も名前を告げたところ
 「リストに君の名前はない」
と、はねつけられた。
・・・いやいや、そんなはずはない。
お金は払ったんだよ?
 「でもリストに名前が載ってない」
・・・本当だ。
私の名前はない。
だけど昨日、メインストリートの○○ていう店の××ってお姉さんから買ったんだ!
店の名刺を見せると
 「確認してみるよ」
携帯で電話をかける船長。
 「まだ店を開けてないようだ」
そこで××個人の携帯にもかけてみたが
 「やっぱり出ないな」
と船長はためいきをついた。
まだ朝の6時。
寝てるんだろう。
そんなことどうでもいいから船に乗せてよ!
 「それはムリ。
  飛行機で行ったら?」
いや、どんなけ金かかるねん!

ボートは1日1便しか出ない。
店が開きしだい店員××をつかまえて明日のチケットに振り替えることはできるだろう。
ただ、私には時間がない。
たった数日の旅程である。
1日だってムダにはできない。
そうこうするうちに出航時間が迫ってくる。
 「船、出すよー」
綱がとかれた。
1日1便しかない船が、今もう岸から離れようとしている。
どうするべきか考える時間は5秒くらいしかなかった。
 「わかった、今ここで25ドル払うから船乗せて!」

ちくしょー
ちくしょー
ちっくしょーーー!

騙されたのか、連絡ミスなのかはわからない。
ちゃんとした領収書をもらわなかったのが悔やまれる。
だけど悔やんでも仕方がない。
他にも方法はあったかもしれないけど
私は25ドルで時間を買ったのだと思うことにした。
あとは海に叫んで忘れよう。

ちくしょー
ちくしょー
ちっくしょーーー!

 「君、あぶないよ」

あやうく海に落ちるところを他の乗客に助けられた。
ボートが満員だったため、座るところが不安定だったのだ。

ボートから
(ボートはかなり揺れます)

船を降りるとき船長は
 「ほんと、こんなことになってゴメンね」
しきりに謝っていた。

「ちっくしょー!」
と叫びつつ1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エクアドル | 11:40 | comments:7 | TOP↑

COMMENT

胸中お察し申し上げます♪

ほんとにそうですね。
私も叫びます、そういう時。叫びながら、悔しいと
思いながら、もう一度お金を払って乗ると思います。

だださんから見たら、私は小さなおでかけしかし
ませんが、それでも、以前娘に言われました。
「お母さん。どこへ行ってもいいから帰って来てね」
って。
私がいなくなったら自分が不便になるからです(笑)。
いや~、正直で笑いました。
だださんもどこ(?)へ行ってもいいから、無事に
帰って来てくださいね。旅の話しを聞くのは楽しみ
なんですよ。

| ひらの | 2011/10/14 17:03 | URL |

これはチクショーだね。
でもそうそう。時間を買ったと思ってね。
でも悔しいね~

| chloe | 2011/10/14 22:21 | URL | ≫ EDIT

ああ 悔しいね。
日本では全く無い種類の「事件」ですね。
だから 日本人は信じちゃう・・・。

跳ね飛ばすくらい そこでハジケたいですね!

| 霧のまち | 2011/10/15 10:07 | URL | ≫ EDIT

ぬう~~。。。
こういう類の出来事は悔しいっすね~。。。

何が?って、もう一度25ドルを払った事よりも
領収書ですよね~悔しいのは。。。

ちくしょー
ちくしょー
ちっくしょーーー!

無念さがジンジン伝わってきました。。。

chempakaでした!

| Chempaka | 2011/10/16 02:55 | URL |

>ひらのさん
どんなに小さなお出かけでも、どこで何が起こるかわかりませんよね。
どこに行っても、帰ってこなくてはなりません。
帰ってくるまでが旅だから。
ただいまを言うための旅だから。

>chloeさん
時間を買ったと、自分に思い込ませるしかなかったですねー(笑)
いまだに悔しいよ~!

>霧のまちさん
日本では、お金かかってるのに口約束はないですよねえ。
他のボートもほとんどが口約束で、トラブッたのは一度きりだったんですけど、やっぱり「これはないわ」と思いました。

>Chempakaさん
「ちゃんと領収書書いて」って言うだけの語学力が必用でしたね。
騙されたほうが悪いというか。
ちくしょー!

| だだ | 2011/10/16 10:35 | URL |

うわ~~、これは悔しいですねえ。

私もコロンビアで水上バスを予約した時に、やっぱり何にもくれなくて「領収書!ちょうだい!!」って相当粘ったんですが「大丈夫大丈夫、ちゃんと乗れるから」の一点張りで、とうとう何もくれなかったことがありました。

で、私の場合は本当に問題なく乗れたんで、「疑ってごめんなさい」って心境だったんですが・・・

やっぱりこうなる確率の方が高いですよねえ。どうすればいいんでしょうね、こういう時って。。。


| coneja | 2011/10/16 22:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>conejaさん
領収書とかくれるほうがむしろ珍しいかも。
「ちゃんと乗れるから」っていくら言われても不安ですよね。
でも、私もほとんどの場合が問題なく乗れていますから、だから乗れないと悔しかった。
だからと言ってサギとは限らないし、ただのミスもあるし。
そういうシステムなんですよねー。

| だだ | 2011/10/17 11:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT