PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自力でガラパゴス諸島へ行く方法

この旅に出るまで
 「ガラパゴス諸島へはツアー(クルーズ)で行くものだ」
という思い込みがあった。
 「無人島だからツアー(クルーズ)でしか行けない」
と思っていた。
だけどそんなことはない。
「自力でガラパゴス諸島に行く方法」。
そんなの簡単だ。
飛行機に乗れば行けてしまう。

TAME航空
LAN航空

航空券はネットでも買えるが、ちょうどTAME航空のオフィスの前を通りかかったのでフラッと入った。
 「ガラパゴス行きのチケットください!」
 「いつ行きたいの?」
 「明後日です」
 「OK!」
2分で買えた。
簡単なものだ。

値段は、TAME航空のキト~サンタクルスの往復で
シーズン中が380ドル。
シーズンオフなら270ドルだったかな。
グアヤキル発ならもっと安い。
サーチャージを除けば、
日本からガラパゴスまで20万円以下で行ける計算。
意外にお手軽、ガラパゴス。

チケットを買ったら、次に必要なのは
情報を集めること

・・・あたりまえ、ですか?

ガラパゴス諸島に関してはガイドブックがまったく役に立たない。
『地球の歩き方』もツアー(クルーズ)を前提に書かれている。
個人旅行の情報はゼロだ。

旅人どうしの情報も意外にすくなくて
キトの宿でクチコミを集めようとしても
 「いや~俺ガラパゴスには行かないッス」
 「わたしはクルーズで行ったから、わかんない」
って言われたりするる。
キトの観光案内所でもクルーズツアーの案内をされる。

だから、私みたいに時間がほとんどない場合、
安宿リストや観光スポット、
移動手段についての知識も
ネットで得られる情報がすごく大事になってくる。

ところがだ。

ガラパゴス出発する朝、
予想だにしない悲劇に襲われた。
それは・・・

iPod touchの故障

ネットで仕入れた情報すべてをiPod touchに入れておいたのに、
故障して全部がぶっとんじゃった。
宿のありかも移動手段も
わけわかんないまま旅立たねばならぬ。
情報を持たずに旅をすることは
闇の中を手探りで歩くようなものだ。
方向音痴一人旅の、この不安がわかっていただけるだろうか。

でも。
まあ。
いっか。
情報なんて現地で集めればいいか。

しやあない、しゃあない。

ってことで飛行機に乗り込む。

航空券

これが、楽園へのチケット。
出発ゲートの番号が「0」になってるのはゲートがいっこしかないから。


タメ航空
(楽園へ向かう飛行機)


真っ青な海の中に、緑の島がうかんでいるのが見えた。

あれがガラパゴスだー!

上空からみたガラパゴス諸島
(上空からみたガラパゴス諸島の一部)


続きが気になる方は、クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エクアドル | 11:00 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

旅の情報の大部分がつまったiPod Touchが壊れるのは痛いですね~
自分だったら絶望してしまうかもv-406

ガラパゴス諸島は意外と行きやすいんですね~
ひょっとしたら小笠原諸島へ行く方が時間がかかるかも
(東京から24時間以上かかるようです・・・)

| なごやん | 2011/10/03 20:14 | URL |

Re: タイトルなし

お分かり頂けますか、あの絶望感(笑)
いろいろめんどくさいんですよねー事前情報がないと。
小笠原って…日本ですよね?
それに24時間とはヨーロッパあたりの方がずっと近いですね。
ガラパゴスはもうちょっと遠いです。

| だだ | 2011/10/04 11:41 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT