PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スタンプと旅について

ずいぶん前にとらせていただいたアンケートに、
またお応えしていないものがありましたので書いてみようと思います。 
・・・リクエスト頂いた方、遅くなってごめんなさい。

「スタンプがいっぱいのパスポートのお写真や、
この国のスタンプカワイイよ!っていうのがあれば見てみたいです。」


去年の旅については以前に書きました(「ビザ・スタンプとパスポート」)ので

今年の南米旅行で可愛かったスタンプは・・・ウルグアイかな?

ウルグアイのスタンプ

右の鳥はツバメでしょうか。

記念スタンプには興味がないのですが
唯一押してきたのがガラパゴス諸島。
これも以前に載せたのでこちらをどうぞ→「呪いのスタンプ」

最後の質問の前に1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

「だださんが、生い立ちの中で、どのような刺激を受けて、旅に魅了されたのか、
どういう流れで世界を旅することを選ばれたのか、
そういうお話も、差し支えなければ、いつか聞きたいです。」


・・・この回答は、追記に記しておきますね。



私は小さい頃、体が弱くて本ばかり読んでる子供でした。
生活の3分の2を物語が占めてました。(あとの3分の1はチョコレートでした)

あるとき、物語の中に砂漠がでてきたのですが、
想像力が貧弱で想像することができません。
めっちゃ悔しかったんです。
砂の海も、地平線も、見たことがない。 
ちょうどその頃、宝塚歌劇の『サマルカンドの赤いばら』という舞台にハマってしまったこともあって
砂漠やアラビア世界に憧れをもちました。
自分の目で見てみたいと。
想像ではなく、物語ではなく、本物の世界を。
それで新聞配達をしてお金をつくり
高校を出るとエジプトへ砂漠を見に行きました。
これが旅行をはじめたきっかけです。

初めての海外旅行は「ツアーに一人参加」という形でしたが、
そのわりにボラれたりセクハラされたり
アホな失敗をして泣いたりしてました。
だけど世界は広くておもしろくて
見たこともないものがいっぱいあるという、わくわく感の方が強かったんです。

それから一人歩きを始め、アジアをまわり、
憧れのサマルカンドを自分の足で踏むことができたのは、約10年後のことでした。

あれからいろんな所へ行ったけど
まだまだ行きたい国はたくさんあるし
見たことがないものはたくさんあります。
まだまだ世界にわくわくします。

「次はいつ、どこへ行くのか?」
とよく尋ねられますが・・・
思案中です。
今は、まだ。

長々と綴ってしまいました。
お付き合い頂きありがとうございました。
読んでくださる方がいるからこそ
私は書くことができます。
応援の1クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 旅の雑談 | 20:45 | comments:5 | TOP↑

COMMENT

ぴったり合う言葉を知らないのですが、私には「すごいわ、だださんは」としか出て来ない。
旅をする事をできる事が1番ですが、「サマルカンドの赤いバラ」を見たのが、きっかけだったなんて~。その当時私はもう大人でテレビでは見ましたが、どんな所かとか思わなかったです。でもね~、なんでもきっかけにはなりますよね。
私は路線が違いますが、宝塚を見て、その作品の登場人物が実在の人だったら、その時代やその人に興味が沸いて、もともと歴史好きだったのに拍車がかかりました。「星影の人」(だださんは生まれてない!?)を見てから、新撰組のファンになり、どれだけ歴史小説を読んだことか。今でも京都に行ったものなら、私は妄想で幕末の世界に行ってしまいます。

そういう妄想癖?があるので、だださんが旅行先で宝塚の作品と絡めて書いてくれるのは嬉しいんですよ。

ほんと、次はどこへ行かれるのかなぁ。
でも、いつも無事に帰って来られるんだろうかと心配しています。なるべ~く安全な所にして下さいね。送り出してくれる、ご家族の方たちもすごいと思っていますよ。

| ひらの | 2011/09/25 23:55 | URL |

すてきなお話、聞かせてくださり、
どうもありがとうございます。
小さいころから、世界にわくわくしていらっしゃったんですね。

パスポートのお写真も見せていただけて、
うれしいです。

| shizuka | 2011/09/26 12:11 | URL |

だださんの次の動向を気にしている一人ですw
そーんな子供時代だったんですね~
私なんて海外デビューが遅かったのは
間違いなく母親のせいだと思っています。
母親が飛行機恐怖症で小さい時から
「落ちる落ちる危ない」と言われて育ってきたもんですから、
どっか恐怖心があって飛行機に乗れませんでしたもん。
おかげで初海外は26歳と遅めですよw

| chloe | 2011/09/26 15:56 | URL | ≫ EDIT

だださんの旅日記を読んでいると、ついつい「エリザベート」のパパを思い出します。
エリザ「外国へ旅するのね。一緒に連れて行って!」
パパ「人生は短すぎて退屈しているヒマなどない」
(宝塚ネタですみません・・)

とあるツアーで極寒のマイヤーリンクと言うものがありました。(もちろんそれだけではなく、ウィーンやらも)
真剣に行く事を考えましたが・・
残念、お金がありませんでした。
そして何よりパスポートも・・・とほほ・・・

| yuka | 2011/09/26 16:36 | URL | ≫ EDIT

>ひらのさん
いや、すごくもなんともないんです。ただ遊んでるだけで。
宝塚は虚構なのでウソも多いですが、歴史の勉強にはなりますね。
旅とからめてるのは宝塚サイトで書いていきますね。
で、バックパッカーとしては私はものすごく安全第一派なんですよ!
家族は、私がでかけるときは死んだものと思って諦めるそうです(笑)

>shizukaさん
読んでいただいてありがとうございます。
体も心も弱虫ですが好奇心だけで強がっています。
人生わくわくしっぱなしで生きていけたらいいですね~。

>chloeさん
飛行機怖い人って多いですよね。
私の祖父も「鉄の塊が飛ぶなんて間違ってる!」と言って乗りたがりませんでした。
お母様に落ちると教わっていたのなら、初飛行機はものすごく怖かったんじゃないでしょうか?
もしかしてchloeさんの飛行機好きはその反動でしょうか?

>yukaさん
「人生は短すぎて退屈しているヒマなどない」。
あの台詞を聞くたびに「そのとおり!」と賛成してしまいます。
貯金が尽きるまで旅しちゃってますから私もお金ないんですよ(笑)
頑張って働くぞー!
それにしても極寒のマイヤーリンクってまた寒そうなツアーですね。

| だだ | 2011/09/27 01:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT