PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古代遺跡のダンジョン!世界遺産・チャビン・デ・ワンタル

笑っちゃうほどいい加減なツアー(その1その2)で訪れた遺跡、
チャビン・デ・ワンタル。

あんまりメジャーな遺跡とはいえない。
世界遺産にもかかわらず、
ウィキペディアの説明でさえ

チャビン・デ・ワンタル(Chavín de Huántar、チャビン遺跡)はペルー中部、ワラス近郊にある遺跡である。
リマから北に約250km、ブランカ山脈(Cordillera Blanca)東麓のアンデス山中にある。標高は3200mほど。インカ以前の紀元前1500年頃から200年頃にかけて栄えた、チャビン文化の代表的な遺跡である。内部に地下通路が縦横に張り巡らされている。
1985年、「チャビン(古代遺跡)」の名でユネスコ世界文化遺産に登録された。


・・・これだけ。

3千年も前の遺跡だと考えるとスゴいんだけど
なんていうか
まあ、地味な遺跡だ。

チャビン遺跡 壁
(大神殿の壁 by ViviCam5050)

だが、チャビン遺跡の魅力は、この地味さにある。
地味に・・・
地味に・・・
地味に・・・
いや、地下に。

チャビンの地下迷宮

地下の迷路だ!
迷宮だ!
本物のダンジョンだーーー!
なんかドラクエっぽい!
きっとここ、はぐれメタルとかいるんだよね!
ミミックに注意!
とか思いながら進んでいくと・・・
ダンジョンの奥には・・・

ランソン

だいぶ地味な感じのボスキャラがいた。

細長い棒みたいなのは、ランソンという、神様の像だ。
ガラスにふさがれて近づけないし、よく見えない。
下の写真は屋外のレプリカ(?)。

s_IMG_0064.jpg
(by VQ1015 R2)


ほかにも、階段の蛇の彫刻とか

チャビンの蛇


大昔の石版なんかが残ってる。

石版


大神殿のまわりには
お茶目な顔がつきだしている。

カラベッサ


ガイドさんが熱心な人で
遺物ひとつにつき2~30分かけて説明してくれた・・・スペイン語で。
ちっともわからない。

わからなくって退屈だから、
チャビン、チャビン、禿げちゃびん。
なぜインディヘナのひとは禿げないんだろう、とか考えて過ごした。

いくつになってもフサフサな
インディヘナの髪の毛が羨ましい方も、そうでない方も
1日1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 12:14 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

ほんまですねえ~、ドラクエの世界ですね!(笑)
宝箱とかツボとかあちこちに転がっていそうです!
ツボを漁っていたら、「ツボックだった~!」って
襲われそうです(爆)

僕はこういう地味~な遺跡に風情を感じる方なので
ゆっくりと鑑賞したいですね~。。。

チャビン→禿げちゃびん(笑)
相当退屈だったのですねえ~~(笑)

chempakaでした!

| Chempaka | 2011/09/13 23:10 | URL |

>Chempakaさん
ツボック!また嫌なのがでた(笑)
遺跡好きがゆっくりと鑑賞するには最高ですよ。
自然にかこまれた静かな遺跡です。
観光客も少ないし。
ガイドさんのスペイン語がわかればもっと良いのですが。

| だだ | 2011/09/14 10:59 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT