PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

超つまんない観光ツアー

観光するところがとくにない。
そんな町を訪れると、ちょっと困る。

ペルーのとある町は、
世界遺産にも指定されているほど美しいのだが
・・・美しいだけ。
それだけだった。
遊ぶところが見当たらない。
観光案内所で
 「この町の見所はどこですか?」
ときいたら
おねえさんはずいぶん長いこと考えて

 「とくにありません」

と答えた。
潔い。

しかたがないので
旅行会社がやっている『市内観光ツアー』に参加する。

2階建てバスだったので
2階のの最前列に座ったら
びっくりするくらい眺望のきかない席だった。
なんも見えへんわー。

見えない

移動ばかりのツアーだった。
ひたすらバスに乗っていた。
・・・日帰りなのに。
お尻が痛くなる頃、ようやく目的地に到着した。

 「はーい、展望台でーす!
  絶景をお楽しみくださーい!」

アレキパツアー

・・・すごい微妙な絶景だった。

旅行者たちの微妙な顔色にも気づかず、
ガイドさんはいろいろと説明をしてくれる。

 「あの雲のところに山があるんです!」

へえー。
ほおー。
ふーん。
なんにも見えないどねー。

それより、ガイドさん、
これ何!?

何コレ

「・・・・・・」
ガイドさんは答えられなかった。
まあ、いいや。
謎な像が多いんだよね。

その後、ガイドさんは売店へ行って
 「味見にもらってきました。
  おひとついかがですか?」
と木の実のようなものを差し出した。
これは、何ですか?
すると可愛いガイドさんはニッコリと笑って
 「マカです」
と答えた。
ああ、これがマカですか。
あの有名な・・・精力剤・・・。
・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。
私たち微妙な沈黙の中でマカを食べた。
味は覚えていない。
とくに効果はなかったと思う(何の?)。

そのあとツアーは、次の観光地へ向かう。
なんにもない牧場だ。

 「さあ、ここでは乗馬体験ができます!
  馬に乗ってみたい人は手を挙げてー!」

・・・。
・・・。
・・・。
しーん。
誰も手を挙げない。

 「あれっ? どうして?
  どうして誰も馬に乗りたくないの?」

いや、だって、わざわざペルーで追加料金を払って乗馬とかしたくないからだよ。
しかもたった200メートルしか乗せてくれへんやん。

仕方がないので私たちは
何もない牧場でひとねむりできそうなくらいの時間をつぶし
またお尻が痛くなるまでバスに乗って帰った。

教訓。

観光案内所が
 「とくに見所がない」
と言いきっちゃうような町では
市内観光ツアーに参加しても
とくになんにも見せてくれません。
市場を歩いてゴハン食べるのが一番です。

つぶれてるアルパカ

つぶれてるアルパカに免じて
1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 11:11 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

謎の像、こわいんですけど!
上に載ってるのは生首みたいに見えるけどまさかね。色がついてるから生々しく見えるの?それとも合成写真?

世界遺産も乱発気味で「なんでここが?」ってところも結構ありますよね。

| lunta | 2011/09/03 00:39 | URL | ≫ EDIT

謎の像、私も怖いです。
身体?の部分は自然にそのような形になった木の枝?根っこ?
微妙な景色に微妙な像・・・
これもまたおもひで・・・?

ブエノスアイレスで聞く「ブエノスアイレスの風」。
当初から羨ましい~と思っておりました。
あの物語の登場人物達が本当にに息づいていそうな街ですね。
お店の片隅で、ニコラスが、イサベラが踊っていそう・・

| yuka | 2011/09/03 08:21 | URL | ≫ EDIT

>luntaさん
怖いでしょ~?
まさか生首ではないですし合成でもありません(笑)
ただの人形です。お面かな?
ヴィヴィッドカラーで撮ったから余計に血なまぐさい写真になってしまいました。
世界遺産も増やしすぎると有り難味がありませんね。

>yukaさん
天然の木の枝が人間みたいだってことで頭部をつけたのだと思います。
本人はきっとアートだと思って作ったのでしょう。理解不能ですが。
宝塚ブログ読んで頂いてありがとうございます。
雰囲気のあるお店がいっぱいありました。

| だだ | 2011/09/03 10:46 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT