PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナスカの地上絵・写真

ナスカの地上絵は、有名なわりにいまひとつ人気のない観光地だ。
主な理由は3つあって

・値段が高い
・事故が多い
・そのわりによく見えない

そのうえ、セスナは酔いやすい。
私はものすごく酔った(「実録・ナスカの地上絵」)。

去年、地上絵フライトで飛行機事故が頻発し
そのせいで税金だか保険金だか空港使用料だかがハネ上がった。
どこの会社で聞いても1フライト(35分)=115ドル!
1万円!
値切って値切って105ドル!
旅行会社を通さず、直接空港のカウンターで申し込んでも90ドルくらい。
悔しい気持ちを押し殺し、
 「お金より大事なものが得られるはず!」
と自分に言い聞かせて臨んだ地上絵フライト。

待たずに乗れた7人のりセスナ
s_R0014642.jpg


意外と乗り心地のいい座席
s_IMG_0748.jpg




ハチドリ
ハチドリ



猿



犬


オウム
オウム


クモ
クモ


コンドル
コンドル


え?
何?
よく見えないって?
わかりづらい、って?

無理を言っちゃいけません。
ちょっとでも見えやすいように加工をしてこれなんですから。

・・・気を抜いて撮るとこんな感じなのですよ。

実態
(クリックで拡大、しても見えないコンドルの地上絵。)

いや、肉眼ではもうちょっと見えたけど。
単に地上絵を見たいだけなら、Googleマップでいいと思います。
実際、
 「テレビとおんなじだって聞いたから、行くのやめた」
と言う人もいたくらい。

でも私は、行ってよかったと思う。
たしかに地上絵は
テレビで見るのと一緒だけど
テレビでは経験できないから。
飛行機酔いも、
たくさんのナスカ・ラインの中から自分で「絵」を見つける喜びも、
 「猿だー!猿、猿、猿の絵だー!」
とひとりでハイテンションになって叫ぶことも
セスナが着陸して
 「もう一生、乗るもんか」
と誓うことも。

つまり・・・楽しかったのです。

しんどくっても高価でも
思い出になればなんでもいいと思ってます。
1日1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 11:08 | comments:7 | TOP↑

COMMENT

生でご覧になったご感想面白く読ませていただきました!
貴重なご体験ですね。いろいろ含めて(笑)。
写真やテレビで見るたびに凄いなーと思いますが
やっぱり何度(写真で)見ても凄いですね。
線描がなんともいえない・・・ユーモラスというか
一本一本が道の幅なんですよね?
本当にどうやって何のために描いたんでしょう。
私は一生生で見る機会はないと思いますけど、、、
やがて千の風になったら見に行きたいです(笑)

| theo | 2011/08/24 11:50 | URL | ≫ EDIT

根性

せっかく1万円も払って命がけで乗ったのですから、飛行機酔いしていても、根性で地上絵を確認したいですよね。
 最後に、もう二度と乗るもんかと思うことが体験の醍醐味ですよね。読んでいる私には、その気持ちが生まれてきませんから。
 でも、本当に天気に恵まれしっかり見えたのですから運がいいですよね。
 旅って、全部が叶うわけじゃないからまた来たいと思うんですよね。私は、仕事を辞めない限り100日間の旅には出かけられません。だから、このブログで一緒に旅した気持ちにさせてもらっています。

| ジョジョ | 2011/08/24 21:21 | URL |

"TVで見ても一緒"とは言うけれど、やっぱり生で見たいv-353

ただ、7人乗りという事は窓際の席ではない
"真ん中の席"っていうのはないのでしょうか?
高いお金払って、窓際じゃないから見辛いっていうのは
ちょっと辛い^^;

| なごやん | 2011/08/24 23:17 | URL |

ほんまに、写真を加工しないと良くわかりませんね~(笑)

僕もテレビからじゃなくって自分の目で生で見たい!
と思う方なので、酔おうが、とりあえずセスナに乗り込みます!!

事故って墜落事故なんです?
それはカンベンだなあ~~。。。

chempakaでした!

| Chempaka | 2011/08/25 00:01 | URL |

多分 私も現地に行ったら乗るでしょうね。
でも よく見えない・・・ツライなぁ~。
3年くらい前に 静岡の美術館で地上絵展があったんです。 かなり詳しくて 実際 絵を近くで見たらどんな感じか 大きな接近写真や 砂の実物?で示してありましたよ、
ナゾは・・・そんなカンタンな絵がどうして風化せずに持ちこたえているか、です。

| 霧のまち | 2011/08/25 10:31 | URL | ≫ EDIT

謎に包まれた地上絵、まだまだ解明されていないと地上絵がいっぱ・・・とのこと。
マチュピチュ遺跡とともにTVで放映されていますが、やっぱり実物を見ると格別な感があるのでは、と思います。
セスナの飛行機酔いの経験あります。パイロットはアクロバット飛行でサービスしているつもりでも、吐き気とあぶら汗で早く地上に戻りたい一心でした。

| 三田/にしかわ | 2011/08/25 12:41 | URL |


>theoさん
読んでいただいてありがとうございます。
ナスカは地上絵だけじゃなく壷やお皿の絵もすごくユーモラスで可愛いんですよ。
線の一本一本は、そんなに太いものでもありません。
なんのために描かれたのかは、次回に書きたいと思いますのでまた遊びにきてくださいねー。

>ジョジョさん
そうなんですよ、酔ってる場合じゃないんです1万円も払ったんだから!(笑)
いいことばっかり起こるわけじゃない、それは旅でも実生活でも同じです。
全部叶うわけじゃないからまた来たい・・・本当にそうですよね、だから旅は終わらないんです。
一緒に旅して頂いてありがとうございます。

>なごやんさん
ああ!
飛行機内部の写真載せるの忘れてましたね。
全員が窓際になるんですよ。
7人乗りの座席は
2人
2人
1人
となっていて
私は最後尾の一人席でした。
だから両側窓際です(笑)

>Chempakaさん
これねー、カメラがいまいち地上絵向きじゃないみたいで(笑)
肉眼ではもちょっとマシなんですよ。
マシ、って程度ですが。
事故は、飛行機だから墜落だと思いますよ、多分…。

>霧のまちさん
小石で簡単につくられた地上絵ですが
砂漠だから雨も降らず、風は上空を吹き抜けていきます。
地面の低いところは静かでした。
とはいえ、近頃では車のタイヤ跡が入り乱れておりますが。

>にしかわさん
そうですね、ナスカやマチュピチュはとくに知識がなくても
「これがあの地上絵か!」
ってミーハーなノリで楽しめるところだと思います。
しかしアクロバット飛行とは・・・聞いただけで私も脂汗がでてきちゃいます。

| だだ | 2011/08/25 13:05 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT