PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高山病の予防

ボリビアの旅は標高が高い。
アンデス越えツアーでは標高5000メートル近いところまで行ったし
ウユニ塩湖が3760m
ポトシの町は4070m
都市ラパスでも3600m。
常に富士山のてっぺんか、もっと上にいる感じ。

こんなところに飛行機でびゅーんと飛んできたら
簡単に高山病になってしまう。

陸路で入れば危険は減るが
バスでびゅーんと登るわけだから、やっぱり罹ることもある。

高山病は、頭痛や肩コリ、無気力や食欲不振に始まり
吐き気や下痢を伴ない
呼吸器がやられ
最悪、命をおとすことだってあるそうだ。

小心な私はそれを聞き
めっちゃビビって準備をした。
まずは、現地の人にきいたアドバイスから。

「高山病にならない方法」
・たくさん水を飲む
・たくさんトイレに行く
・酒を飲まない
・食べ過ぎない
・昼寝をしない
・コカを噛む(コカ茶でもいい)

コカは・・・お茶はともかく、葉っぱを噛むのはちょっとなあ。
あんまり美味しくないんだよなアレ。(日本ではご法度です)

私はコカの代わりに予防薬を買った。
南米ではどこにでも売っている薬だそうだ。
日本ではちょっと知らない。

チリで買ったので、5日分でたしか300円くらい。
薬の名前は『ACETAZOLAMIDA(アセタゾラミダ)』。
別名ダイアモックス。

ASETAZOLAMIDA

ACETAZOLAMIDA

用法
・毎食後1錠(と薬屋は言ったが、日本人は体が小さいので半錠でいい)
・山に登る前日から飲み始める
・一番高いところに着いたら飲むのをやめる

効果
頭痛ひとつ起こさなかった。
この薬は高山病に罹ってから飲んでも効くようで
寝こんでいた人に1錠あげたら、コロっと治っていた。

私の感じた副作用
トイレが近くなる!(まあ、そういう薬だから。)

体質によっては合わない人もいるので、
十分にお気をつけください。


読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南米 | 19:58 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

ダイアモックス、そんなに効くのね。
それほど高地には行った事がないけど
富士山頂くらいの場所には3度くらい。
早歩きは厳禁だし、アルコールもね。

アタマがフワーとして 少し頭痛など でした。
だださん よかったですね。大丈夫で・・・。

| 霧のまち | 2011/07/04 20:16 | URL | ≫ EDIT

ダイアモックス、チリじゃ薬屋さんで簡単に買えちゃうんですか。
日本だと医者の処方箋がないと買えないんですよ。
以前、成田空港のクリニックで処方箋をもらえると聞いたのでもらいに行ったら「ここはそんなところではありません!」と看護婦にけんもほろろにあしらわれたいやな思い出が。
飲むと私は指先がしびれましたが、だださんは大丈夫でした?

| lunta | 2011/07/05 13:36 | URL | ≫ EDIT

>霧のまちさん
私と友達にはとてもよく聞きました。
高地に体が慣れていないときは、服を着替えるだけで息切れするんですよね。
今までラダックとかでも高山病にはなった覚えがありませんが、あっという間に酔って倒れたことはあります。

>luntaさん
成田のクリニックって旅行外来とかあるんでしょうか?
日本では、お医者さんによっては「効かない」と断言する人もいるという噂を聞きましたが…。
南米ではどこにでも売ってるはずです。
簡単に買えるってちょっと怖いところもありますね。
私は指先のしびれは感じませんでしたよ。

| だだ | 2011/07/05 17:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT