PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おひとりさまの哀しいタンゴ

アルゼンチンといえば、タンゴ。
本場ブエノスアイレスにはタンゲリーア(タンゴをみせてくれるレストラン)が山ほどある。
もちろん個人で行くこともできるが
私はツアーで行くことにした。
なぜなら・・・私はいわゆるおひとりさまだから、だ。

ツアーなら、高級な店でも気後れしない!
ツアーなら、ほかにも一人旅のひとがいる!
ツアーなら、まわりとお喋りできて寂しくない!

そんなふうに期待したのだ。

でも、ものすごい裏切られた。

tango.jpg

ツアーの人たちは全員、家族づれとカップルばかり。
しかも全員、スペイン語を話す白人ばかり。
一人旅どうしで仲良くなるどころか
言葉も通じない。
見向きもしてくれない。

レストランへ向かう車の中で私は空気になっていた。

ツアー車は由緒正しい立派なタンゲリーアに到着した。
舞台は広く、白いクロスをかけたテーブルがたくさんならんでいる。
 「お好きな席へどうぞ」
と言われ、ツアーの人たちはいっせいに舞台近くの席を陣取った。
これを機会に近くの席の人に話しかけることができるかもしれない。
そんなかすかな期待を胸に席を探していたら、
お店の人が
 「おひとりさまはこちらへ」
と案内してくれた。

・・・おひとりさま席に。

それは壁際のすみっこで
周りのテーブルから心持ち離されてて
心ゆくまで孤独を堪能できる席だった。
ブラックホールみたいな席だった。

レストランの人たちは一人ぼっちの私にやさしかった。
気を遣ってくれた。
でも、その気遣いがかえって心に突き刺さる。グッサリ
ウェイターが可哀想なひとを見る目つきで
 「お飲み物はどうなさいますか」
と尋ねてきたとき、ワインではなくビールを注文した気持ちが分っていただけるだろうか。
パタゴニアの寒風より冷たい雰囲気の中で食事をし、
味もわからないままチキンのクリームソースがけを完食した。
あのとき私が一番ほしかったドラえもんのひみつ道具は
どこでもドアでもタイムマシンでもなく、いっそこのこと『石ころぼうし』です。
・・・ヨーロピアンてさあ・・・一人でゴハン食べる文化とかないんだろうね・・・。
(タンゴの感想は当日の日記に書いています)

tango2.jpg
(コンデジで舞台写真を撮るのはちょっとムリだった・・・)

日本に帰れば、一人でゴハンを食べにいけないほどの寂しがり。
寂しい私に1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 15:07 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

私も一人旅をよくしていたので、気持ちは痛いほどわかります^^;

カップルやら顔見知りの団体さんにどのように溶け込めばいいのか、全然わかりません。
なので食事も1人のときは屋台とかで軽く・・・といった感じになってしまいます。。

| なごやん | 2011/05/31 21:48 | URL |

私も 気持ち解かります。
タンゴって やはりカップル文化・・・。

ホント 欧米には一人で食事とか観劇とか
無いですよね。
日本では、ダンナと奥さんが別行動って
当たり前~!(笑)
ひとりでも楽しめるコトって 大事だと思うんだけどナ。

| 霧のまち | 2011/06/01 10:32 | URL | ≫ EDIT

>なごやんさん
メンバーによって、溶け込めるときとダメなときがありますもんねー。
屋台で軽く食事…って聞くと侘しそうですが、それも楽しみのひとつだったりしますよね。

>霧のまちさん
そうなんですよ。カップル文化。
アジア人のほうが一人旅の割合が多いのかな?
欧米人は夫婦パッカーが多いですし。
日本の奥様方は亭主より女友達と旅行にいくほうが楽しいらしいですが(笑)

| だだ | 2011/06/01 17:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT