PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マゼラン海峡を渡る

プンタアレナスから長距離バスに乗った。
パタゴニアの草原を駆け抜け
マゼラン海峡をわたり
丸一日かけてアルゼンチンへ、「世界の果て」ウシュアイアへ行くバスだ!


世界の果てへ向かうバス
がっかりするほど普通のバス。


船
この船でバスごと海峡をわたる。


パタゴニアの空
パタゴニアの空は広い。


寒いだけかと思っていたが、
夏のパタゴニアはとても豊かな土地だった。
さまざまな動物たちが車窓を横切っていく。

動物を見つけるたびに私は大興奮。
隣席のおばさん(ぜんぜん知らん人)に話しかけた。

わたし  「ねえねえ、おばさん!
      あのダョウみたなやつ、ニャンドゥでしょ?」

おばさん 「・・・そうだね」

わたし  「ねえねえ、あれグアナコだよね!」

おばさん 「・・・そうだね」

わたし  「ねえねえ、あれ見て!
      大きい・・・大きい・・・大きい!」


イルカ

おばさん 「・・・あんたは外国人だから知らないんだろうけど、
      あれは魚じゃないんだよ」

し、し、知ってるよ!
イルカは哺乳類!
だだ、イルカってスペイン語がわかんなかっただけだよ!


イロワケイルカ
(頼まれもしないのに芸を披露しまくるイルカ)


「もの知らずな日本人」という不名誉な誤解を受けてしまったが
その後おばさんとはずいぶん仲良くなった。
別れ際におばさんは、ヒマつぶしに編んでいたタティングレースをプレゼントしてくれた。
 「あんた女の子なんだからもうちょっとお洒落しなさい」
というようなことを言われた、気がするが。


グアナコ
(車窓から見た野生のグアナコ)

パタゴニアでであった動物達は
ペンギンもイルカも
ニャンドゥもグアナコも
なんだかみんな、ボーっとした顔に見えた。
それはきっと私自身がボーッとしていたせいなのだろう。


イルカが哺乳類だって知ってた方は、
1日1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 11:36 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ペンギンもネコもグアナコも、どのコもかわいい!
かわいい、というと語弊があるかな。
みんな自然にマイペースで
ゆったりと生きている感じがすごくします。
それは人間の大いなる勘違いなんだろうけど
それでもなんだか動物がとてものびのびしてるように思えるのです。
昔々オーストラリアに行ったときに出会った動物たちを思い出しました。

だださんの文章はとてもテンポがよくて好きです。
起承転結がしっかりしてるというか、
お約束のオチがきちんとあって、読み終わったときに
一人「うむっ」っと腑に落ちるというか。
うまく言えないですけれど、年齢が出るとかよりも
すごく面白くて読みやすくて大好きです。

| みわ | 2011/05/16 12:42 | URL |

うっわ!イロワケイルカや!

魚と、言われたイルカ、パンダイルカとも言われる
イロワケイルカじゃないですか!
すごいすごい!!!

だださんのブログは動物番組でもあるなぁ~

| さとうさき | 2011/05/16 14:54 | URL |

う~ん わかるわかる。 一人だと そうやって
身近なひとに話しかけるっての。

手付かずの自然が広がりますね~。

で、バス けっこういいバスで驚き。
だださんの がっかりが 何か解かる。(笑)

| 霧のまち | 2011/05/17 10:29 | URL | ≫ EDIT

>みわさん
動物たち、なんだかトボけた顔なんですよ。
そう見えるのは、目が大きいせいだと思うんですけどね。
肉食獣もいるんですけどね…。
私の文章好きだといってもらえて嬉しいです。
私にとって写真はあくまでも挿絵ですから。
わかっていただけてほんと嬉しいです。

>さとうさきさん
いや、この写真でイロワケイルカって名前が出てくる方がスゴイですよ!
Dolphin oscuroってのもいるらしいんですけど、このパンダさんにしか会えませんでした。
この先、まだまだ動物でてきます・・・。

>霧のまちさん
そのへんのひと適当に話しかけちゃうんですよね~
そんでたまに胡散臭い目でみられる(笑)
南米のバスはトルコ並みだってきいてたんですが、本当でした。
ボリビアだけは期待どおりでしたけれど。

| だだ | 2011/05/17 11:00 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT