PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空港のペテン師

南米は思ったより治安がよかったが
悪い人がいないってワケじゃない。

旅の初日。
チリの空港に到着したばかりの時のこと。

まずはお金をおろそうと、ATMを探していると
 「こっちだよ。ついておいで」
親切な人が声をかけてくれた。
空港職員らしく首からIDカードをぶらさげている。
 「お金をおろしたら、市内行きのバス乗り場を教えてあげよう」
それはありがたい。

LANチリ航空
南米でよく乗ったLAN航空

 「はい、ここだよ」
私はATMの画面(スペイン語表示)と向きあった。
そして考えた。
1ドル=だいたい500ペソ。
3万円分おろしたいんだけど、えーっと、ペソではいくらになるのかな?
計算の苦手な私はちょっとの間、考えていた。
すると横からサッと手が伸びて
 「これくらいは必用だろう」
男が勝手にボタンを押し、金額設定をして出金した。
出てきた札束を掴みながら、慌てた。
・・・これ、いくらなの?
画面の表示はやたら「0」が多くてとっさに読み取れなかったし、
お札の数は膨大だった。

マゴついてる間に、男は私を車へと誘導した。
 「市内まで行くんだろ?
  これがシャトルバス。
  俺、実は運転手なんだ」
料金を聞くと
 「20ドル」
それは何ペソになるの?
 「今おろしたお金ぜんぶ」
おおおい、冗談じゃない!

飛行機で着いたばかりの外国人はチリの通貨(ペソ)に慣れていない。
金銭感覚がわからないのである。
そこを突いて大金を騙し取る・・・ボッたくるつもりだったんだろう。
まあ、よくある手口だし、
ここまで強引だとさすがに気づく。
サヨナラを言ってさっさと別れた。

ちなみに男が勝手に引き出した金額は20ドルどころか600ドル相当、
本物のシャトルバスはたったの1400ペソ(約3ドル)でした。


誰にでもホイホイついて行く呑気なだださんに
お叱りの1クリックお願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 18:31 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

v-390なかなか大胆かつ、狡猾な詐欺師ですね。。
現地の物価もつかめない、または旅慣れない人だったらそのまま払ってしまいそうですね。

職員を装っていることもあるなんて、油断大敵ですね


なごやん世界探訪->http://utorillo.blog96.fc2.com/

| なごやん | 2011/05/09 22:21 | URL |

だださんも無事に南米からお帰りですね。
空港の危ない詐欺師にもひっかからず、えらい!
大体悪いやつは空港に一番多いんですよね。
若い頃は空港からのタクシーで何度もぼったくられましたっけ。

| lunta | 2011/05/10 00:56 | URL | ≫ EDIT

これ、よくとっさに気づいてサヨナラできましたねー。
私だったら払っちゃってからあとで地団駄踏みそう(笑)
あふれんばかりの笑顔で流れるようにまくしたてられたら
「そっかー、いい人だー」と思っちゃいそうです。
だださん、えらい!

ちなみに普通にWeb上から文字入力はできないので
(昨日の名前みたいになっちゃう)
今日は一度テキストに書いてからコピペしてまーす。

| みわ | 2011/05/10 12:37 | URL | ≫ EDIT

>なごやんさん
空港の職員を装った悪いヤツ、けっこういるんです。
IDカードなんかアテにならない。
わかってはいても、断るタイミングがなくて、どんどん乗せられちゃうんですよね。

>luntaさん
いや、これだけ強引ならさすがに気づくでしょう(笑)
どこの国でもボッタクリタクシーが一番多いのは、空港と観光地前ですね。
しかし今回のは額がデカかった。
それだけナメられてるってことかなー。

>みわさん
初海外の人は引っかかってましたけど、そうでなければ大丈夫だと思います。
あんまり上手な手口じゃないから。
パソコン直るといいですね。

| だだ | 2011/05/10 18:16 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT