赤道直下

8 Comments
だだ
赤道直下の国・エクアドル。
その国名の意味がモロ「赤道」である。
キトに着くや否や
ここだけは押さえておこうと訪れたのが
「赤道、ここ通ってます!」のモニュメント。



公園みたいなところに巨大な記念碑が建っている。
日本語では赤道記念碑と呼ばれているが
英語やスペイン語だと「Middle of the World」・・・世界の真ん中って意味になる。
ああ、とうとう、
世界の果てのウシュアイアから
世界の真ん中まで旅してきたのだなあ。


(赤道の印、赤いラインを挟むキャプテンと雪次郎)

なーんて感慨にふけっていたら
 「実はこれ、ちょっとズレてるんだよ」
と悪魔の声。
 「本物はあっち」
記念碑から離れ
赤道公園を出て
教えてもらった方向に10分ほど歩くと
・・・あった。
もうひとつの「赤道」が。


 「こっちが本物の赤道だよ~ん」

10年ほど前、GPSで正確な位置を調べて
 「あ、ズレてる!」
と発覚しちゃったらしい。
科学の力は残酷である。
あんなにデカいものをつくっておいて今更
 「間違いでした」
とも言えないんだろう。
「本物の赤道」は巨大な記念碑に遠慮するかのようにひっそりと営業していた。
(でも観光客が少ないぶん、
水の渦巻き方向の実験や、卵をたてる実験などいろいろ遊ばせてくれたので、
かなりおもしろかった。
オススメです)


赤道直下のくせにめっちゃ寒くて風邪ひきそうです…。
明日からワンダーアイランドへ冒険の旅に出る私に励ましの1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 
だだ
Posted byだだ

Comments - 8

There are no comments yet.
霧のまち  

エ~! 赤道直下なのに寒いんですか?
暑いだろうなぁと思って読み進めてたのに。笑
いい旅してますね~。
本が書けちゃうね。
明日からの旅、期待してます!!

2011/04/21 (Thu) 10:55 | EDIT | REPLY |   
みわ  

私も赤道直下が寒いなんて思いもしませんでした。
意外~。
それにしても赤道の位置が間違ってたってのには笑いました。
技術が進歩していくと、もっといろいろ見つかりそう。
明日は、冒険の旅に出る~♪のですね。
帰り道だけは見失わないでくださいね(笑)

2011/04/21 (Thu) 19:01 | EDIT | REPLY |   
ささ  

私も赤道で遊んでみたいな~。
水の渦巻き実験、ぜひやってみたいです!

2011/04/21 (Thu) 21:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/22 (Fri) 05:57 | EDIT | REPLY |   
なごやん  

本物の赤道の碑があるとは!

知らないと絶対最初の大きな碑が0度地点だと思ってしまいますね。
いずれ行く時には注意しますv-222

2011/04/22 (Fri) 23:25 | EDIT | REPLY |   
だだ  

>霧のまちさん
高地だから寒いんですよ。
本は書いてみたいですね。読む人いないだろうけど(笑)
良い旅の終わりにするために頑張ります!

>みわさん
意外ですよね。
意外すぎてまた風邪ひいちゃいました。
帰り道・・・ほんとはこれが一番心配です・・・。

>ささサン
赤道って世界中にあるから、たしかインドネシアとかでもできるはず。
機会を見つけてぜひ!

>なごやんさん
バックパッカーはみんな知ってるはずですが
大きい方しか行かないツアーもあって
本物の赤道を見ずじまいになっちゃうそうです。
敢えて宣伝もしていないし・・・。
探して行ってきてくださいね。

2011/04/24 (Sun) 04:16 | EDIT | REPLY |   
もんこ  

キャプテンと・・・雪次郎??誰?
そちらは、どうですか?暑いですか?
世界の真ん中へようこそ!
て感じのでかい記念碑ですね。

こちらは、今日「ノバボサノバ」見てきました。
ラテンショー、芸術的で神がかってました。

そちらは、本物のラテンのサンバが見れそうですね。

2011/04/25 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   
だだ  

>もんこさん
雪次郎はキャプテンの子分で隣に座ってます。
キトは寒いですがガラパゴスはかなり暑いです!
サンバはブラジルなんでちょっとちがいますが、
来月にはノバ見に行きますよ。
たぶん。

2011/04/26 (Tue) 01:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。