PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やられたあ!

レストランで支払いをすませ、店を出て
さあ次はどこ行こうと考えていると
 「待って、ちょっと待って!」
店の人が走って追いかけてきた。

 「このお札、ニセモノよ!」

ええええええー!



店員さんが振りかざしているお札は
たしかにさっき私が払ったものだ。
本物にしか見えないけど・・・?
 「どれどれ見せてみろ」
声を聞きつけ、みるまに人が集まってきた。
呆然としている私をよそに
おじさんやおばさんが次々にお札を触っていく。
 「ああ、こりゃ偽物だ」
 「やられちまったねえ、ハハハ」
ただの野次馬である。
中に英語のできる若者がいて説明してくれた。
 「まず紙質が違う。
  ここを触ってごらん、ツルツルだろ?
  本物はザラザラなんだ。
  それから透かしの絵がおかしい。
  これは透かしじゃなくて、描いたものだだ。
 完全に偽札だよ」
・・・ほんとだ・・・。
私、偽札って生まれて初めて見たわ!

感動している場合ではない。
やられたのは50ソル札。
日本円にして1500円だが
こちらでは5000円くらいの価値があるだろう。
大金である。
ちなみに、
このあいだ払いそびれたタクシー代が30ソルだった。
結局、一週間で20ソル損をしたことになる。
やっぱり悪いことはしちゃいけないってことだと思った。
お天道様は見ているのだ。


偽札はかなり普通に出回っているそうです。
旅人の皆さん、気をつけて!
という教訓に1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 10:47 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ちょっと喜んでる?
偽札を持ってしまったときって、どうするの?
日本やったら、警察に持っていくのかなぁ?
それも届けるの?
記念に貰えるの?笑

| T美 | 2011/04/01 18:37 | URL |

なんと、こんなこともあるんですねえ!
ある意味記念品ではあるけれど…微妙な気持ち?(笑)
毎日がスリリングで感動的でおいしくて
だださんと一緒の旅は楽しいです。

| みわ | 2011/04/01 20:50 | URL | ≫ EDIT

悔しい!
けど、なかなか面白い経験ですね。
記念に持ち帰りたい。
しかし1500円は大きいなあ。

| ようめ | 2011/04/01 23:23 | URL | ≫ EDIT

>T美さん
いくらなんでも喜びはしない(笑)
警察に届けても仕方がないっぽい。
スペイン語できないから説明できないしね。
偽札おみやげにもって帰ります。

>みわさん
話にはよく聞くけど遭遇するとは思ってませんでした。
旅っていろいろあるけど、今回は私にしてはかなり平穏です。

>ようめさん
1500円は痛いです。
アレキパだと温シャワーと朝食つきシングルに2泊できてしかもスタバの高級コーヒーが飲めちゃう額!
でもいい勉強だと思うことにします。

| だだ | 2011/04/02 08:15 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT