PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天空の城、マチュピチュ

昔話からはじめていいだろうか。
ずっと忘れていたことだ。
今朝、突然、思い出したことだ。

私は病気ばかりしている虚弱な子供だった。
熱をだして学校を休んでいたあの日、
2段ベッドの上段でひろげた子供むけ雑誌の特集でこの遺跡のことを知った。
見開き2ページで写真が載っていた。
本物とは思えなかった。
この世にこんなスゴイものがあるなんて信じられなかったのだ。
実在するのなら、自分の目で見てみたいと思った。
ここに行ってみたい。
・・・でも、無理だよ。
もう一人の私が答える。
無理にきまってるよ。
私は弱虫だし、泣き虫だし、
これは遠い遠い地球の裏側にあるんだから。
世界の果てにあるんだから。
行けるわけないよ。
私になんか。
無理。
無理。
ムリ!




いやあ。
行けちゃうもんだなあ。
マチュピチュ。

弱虫で泣き虫は変わらないけど
いつのまにかおばさんになっちゃって
小5のときのことはすっかり忘れてた。
遺跡なんていっぱい見すぎて飽きちゃったし
世界遺産はやっぱり遺跡よりも自然だよね!
なんて言ってた。
子供の頃の私に叱られる。
反省。

空中都市。
天空の要塞。
インカの失われた都。
遺跡の中の遺跡。
「秘境」。
観光客の多さをものともせず、マチュピチュは、
そんなすべての修飾語を裏切らないすばらしい遺跡でいてくれた。





心配していた雨は夜半にあがり、
幻の都市は白銀の霧で飾られていた。
雲の上の城。
天空の城だ。
リアル・ラピュタだ。






マチュピチュ到達のご褒美に
1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

明日もマチュピチュ話です。

| ペルー | 07:27 | comments:5 | TOP↑

COMMENT

マチュピチュってどういう意味?音の響きがいいね。
そう言えば私、中学の時に学校の図書館で借りた『ヨーロッパの宮殿』っつう本を返しそびれて借りパチしちゃったけど、宮殿なんて全く興味もなかったのに今は結構重宝してる。
わかんないもんだよ。

| ケイコ | 2011/03/26 07:27 | URL |

また先をこされましたー。
続きが楽しみ!

| T美 | 2011/03/26 10:45 | URL |

わあ、マチュピチュだ!
空気が薄そうですが、大丈夫ですか?

それにしても、「空中都市」だけに、断崖の端の方まで行くのは勇気が要りそうですね。写真だけでも足すくみそう…。

| ささ | 2011/03/26 15:34 | URL | ≫ EDIT

うう、すごい。
この写真のなかにだださん(の分身?)が映っているのがスゴイ(笑)
絵はがきや本の中の風景が一気に身近に感じるから
ブログってすごいなあと思います。
この風景は本の中だけじゃなくて、現実にあるんですねえ。

| みわ | 2011/03/26 21:24 | URL | ≫ EDIT

>ケイコさん
マチュピチュは「老いた峰」、
ワイナピチュが「若い峰」という意味らしいです。
図書館の本…返しましょうよ(笑

>T美さん
越されたて(笑)
マチュピチュはなくならない。
貴方を待ってるよー。

>ささサン
高所恐怖症の人は無理かもって場所もありますが
高度は2千m代でたいしたことないんです。
空気も湿気もたっぷりですよ。

>みわさん
現実にあるんですねえ、こんな場所が。
そして現実に行けちゃうもんですねえ。
キャプテンもはしゃいでます。
ウユニもそうでしたが、実際にいってみても、夢のような場所でした、

| だだ | 2011/03/27 23:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT