PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「爆発するぞー!」

デリー発ダラムサラ行きの長距離バスが煙を吹いたことはリアルタイムでも書いた
車体の下から火の手があがり、ガスの臭いが充満し、みんな走って逃げたのだ。
 「爆発するぞ! 逃げろー!」
爆発しなかったけど、かなり怖い経験だった。

煙を吹くバス

代わりのバスが来るのかと思ったら
 「修理できるからこれに乗れ」
と言われた。
怖かったけど、仕方が無いからそれに乗った。
再び動きだしたバスはエアコンは効かなくなっていた。
 「エアコン・バスの料金を払っているなのにエアコンが効かないのはおかしい。
  返金しろ!」
連れのヤリエルさんがかけあってくれて
バス料金は半分以上かえってくることになった。
結果ラッキーである。

だがこのバスは、それだけでは済まなかった。

深夜、突然、バスが停まった。
乗務員が
 「みんな降りろ!
  危険だ!」
全員を叩き起こした。
何がなんだかわからないが、寝ぼけまなこでバスを降りた。
降りたら、わかった。
電線にひっかかっている。

バスの屋根には乗客の荷物がてんこもりに積まれている。
それが低く垂れさがった電線に引っかかってしまったのだ。
・・・先月、インドのどこかでバスが電線に触れて28人が感電死、という恐ろしい事故があったばかりだ。
それを思い出してみんな一瞬沈黙した。

木の枝で電線をもちあげてその場は切り抜けた。
だが、その道はすべての電線が低く垂れているから、村を抜けるまで徒歩でいってくれと告げられた。
 「エアコンバスが普通のバスになり
  とうとう徒歩になっちゃったね」
とヤリエルさんが笑った。

乗客みんなでぞろぞろ歩いた。
民家が軒をつらねる細い道で
家々のすきまにのぞく夜空はたくさんの星で埋まっていた。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



| インド | 10:25 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

ああ…ホントにインドはいろいろあって…。
その場しのぎだから 次回また同じような事が起きる。 二度と無いように とか 学習するとか、同じ過ちは繰り返さないとか は 日本にだけ通用する訓戒。(笑)

| 霧のまち | 2010/12/21 23:40 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>霧のまちさん
いろいろありますねー。だから楽しいんですが。
人間が多すぎてどんどん入れ替わるから、反省してるヒマないんじゃないですかね?(笑)

| だだ | 2010/12/22 12:49 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT