PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラダックの祈り(1)

インド北部、ラダック地方は「小チベット」とも呼ばれる。
チベット人が暮らしチベットの文化が息づく地域であり
現在では中国政府の支配下にあるチベット自治区よりも「チベットらしさ」が残っているという人もいるほどだ。
私はそのラダックで、いくつかのゴンパ(チベット仏教の僧院)を訪れた。

ゴンパ

仏教だから、崇めているのは仏様。
この旅ではイスラム寺院とキリスト教会ばっかり見てきたから、
仏様のお顔がすごく懐かしかった。

ティクセ・ゴンパの仏様

堂内には
 「フラッシュ禁止」
 「下足厳禁」
などの禁止事項の張り紙とともに
 「仏様との2ショット禁止」
と書かれていた。

どこでもたくさんの壁画があるのだが

hekiga.jpg

よくみるとけっこう可笑しい。
・・・ぐるぐるまわっていらっしゃる。
何のぐるぐるなんだろう?

hekiga2.jpg

ホラーな壁画もある。
人が喰われている。

えぐい仏画

このホラー画は4コマみたいな連作になっていて
どんどん怖くなっていく。
どんどんエグくなっていく。
チベット仏教って不思議である。
勉強してみたいなあ・・・。

仏画とともに
ダライ・ラマのお写真も飾られている。
化身ラマ、観音菩薩の化身ということだが、この飾られ方だと

ダライラマ

なんか遺影みたい


リキール・ゴンパでは
暗いお堂を抜け出して、屋根の上に座ってる仏様を発見。
穏やかな顔で麓を見下ろしてた。

リキール・ゴンパ

radack.jpg


明日も写真が多くなると思いますが
「祈る人たち」の話をちょっとだけ書きたいと思います。

***************************************


読んでくれてありがとう。
↓ 気が向いたらポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| インド | 11:44 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

仏様、色鮮やかですね~!
生で見たらもっとすごいんじゃないかと思います。
喰われてる下で踏みつぶされてる人もいますね…。

| ささ | 2010/12/14 21:01 | URL | ≫ EDIT

チベット仏教の辺り、大好きです。
全般にカラフルですよね。
ツーショットでの撮影ダメって 面白い~!
外まで張り出している仏様 なかなかユーモラスですね。 私もシッキムではゴンパ巡りばっかりでした。

| 霧のまち | 2010/12/14 23:29 | URL | ≫ EDIT

食べられたり踏まれたりのはヒンズー教?の神様とかでいますよね。その辺と混じりあってるのかな。

| T美 | 2010/12/15 09:58 | URL |

>ささサン
バターランプしかない暗いお堂に浮かび上がる彩色画。
かなり迫力ありますよ~。

>霧のまちさん
2ショットはやっぱり失礼なんでしょうね。
屋根の上の仏様は微笑ましいですよね。
近づいてみるとかなりデカいし新しいんですが、下の建物を建て替えるときはどうするんでしょうか・・・。

>T美さん
あの壁画、歓喜仏なのかもしれないけど、どう見ても喰らわれていますよね。
あのへんの宗教はいろいろ重なっているのでしょう。
勉強してみたいけどコワイからやめました。

| だだ | 2010/12/15 10:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT