PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブカレストの影

車で国境をわたりルーマニアへ入る。
首都ブカレストだ。

都会にはあんまり興味がないが
「国民の館」だけは見ておけと言われたので行ってみた。
チャウシェスクの館

国民の館はチャウシェスク・ハウスとも呼ばれている。
とにかくデカい。
バカでかい。
虚しいほどに大きいのだ。
こんな大きな箱に入れるものは何もないだろう。
まるで空っぽになったケーキの箱である。
社会主義の「城」は、曇り空を突き刺すようにそびえていた。

ブカレスト

現在のブカレストは資本主義の証・マクドナルドとケンタッキーがあふれる町になっていた。
若者はお洒落な服をきて
ブランドの店も数多い。
ごく普通の都会だ。

けれども、どこか、暗いのだ。
ルーマニア人は陽気な民族だし、みんな優しい人なのに。
それはあふれる野犬のせいかもしれない。
浮浪者のせいかもしれない。
ラリってるロマ集団のせいかもしれない。
色濃い不況のせいかもしれない。
・・・ま、曇ってるだけかもしれないけど。

現代ブカレストの影の象徴がこのノルド駅だ。
ノルド駅

ものすごく治安が悪いから気をつけろと言われていた。
ニセ警官、闇両替、スリなどなど。

幸い、怖い人には出会わなかったけど
切符売り場で声をかけられた。

 「僕は布教活動をするものですがお金がないんです。
  村が貧しい。
  子供たちに勉強させたいんです。
  どうかお金をめぐんでください」

白人の中年男だった。
私はお金をあげなかった。
理由もよくわからず、何の見返りもなくお金を渡すのはイヤなのだ。

たった一晩泊まっただけで、私はこの町を去った。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ルーマニア | 11:39 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

わかります

こんなこと言ったら申し訳ないけど、あまり魅力を感じない町でした。
チャウシェスクの馬鹿が壊す前は、それはそれは美しい旧市街があったそうですね。
それを壊して更地にして、無理に大通りを作って。
人と一緒に育った街じゃないから、無機質で醜い…。
外国人観光客に過ぎなかった私でも悔しかったです。

| ようめ | 2010/11/14 00:40 | URL | ≫ EDIT

やっぱり暗そうな街筋ですね。
駅も 治安が悪そうな雰囲気…。
マックやケンタッキー、そこにもですか!
いろんな国で そんな店を見ると ああ、ここもなぁなどと つい思いますね。
米資本と、世界を席巻する味の確保 凄いですね~。

| 霧のまち | 2010/11/14 08:52 | URL | ≫ EDIT

>ようめさん
魅力のない町でしたね。
無機質。そのとおりです。
ただ教会だけが美しかった。
昔はどんなだったのでしょう・・・。

>霧のまちさん
色数の少ない町の中では、ファーストフードの看板だけが明るく浮いて見えるんです。不思議ですね。
いま確実に「世界を征服しているもの」のひとつがマクドナルドですね。

| だだ | 2010/11/14 17:44 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT