PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おばさんパッカーとシリア草原の花々

バックパッカーは体力的にキツいので、若者ばかりかと言えばそうではなく
定年をむかえてから旅にでる、「おじさんパッカー」も数多い。
こう言っちゃ何だけど、マイペースなおじさんが多かった。

ところが女性・・・「日本人おばさんバックパッカー」には、今回たった一人しか出会わなかった。

アレッポで出会った、Yさん。
私の母と同い年!
バックパックを担いでヒッチハイクをし、杖をつきながら遺跡を巡る。
いろなことを教わった。
印象的な言葉をのこす人だった。

 「独身の頃からずっと一人旅をしていたの。
  だけどある時、ふと気がついた。
  私には『行きたいところ』はたくさんあるのに
  『帰るところ』がない、って。
  それで結婚したの」

これもYさんの言葉だ。

Yさんと訪れた遺跡で可愛らしい花を見つけた。
キキョウのようなリンドウのような。
青紫の花が遺跡のすき間をうめつくしていた。

デッドシティに咲く花

青紫の花に囲まれて、Yさんは言った。

 「ねえ知ってる? 生きてるって、ふつうのことじゃないのよ」

思わず息をのんだ。

 「呼吸をして食べて動いて、ふつうのことだて思いがちでしょう?
  でも生きてるって、実はとってもラッキーなことなのよ」

何百年も前にほろんだ遺跡と
咲き乱れる花々の中で
その言葉はしんしんと響いた。

デッドシティに咲く花(2)

私もYさんのような素敵なおばさんパッカーになりたいと思った。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると、だだが元気になります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

***************************************

その他、春のシリア草原に咲いていた花の写真を「続きを読む」に載せておきます。


f-hama.jpg

f-hama (5)

f-hama (3)

f-hama (1)

| シリア | 13:00 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

素敵な言葉の数々・・・
自分ひとりでは考えられなかった発見があるんですね。
それだけでも旅に出た価値があるんですね。
そんな人と人との出会いが出来るだださんが羨ましい!
遺跡に咲く花々。乾燥地帯なのかぁ。
力強く咲く花達の様に、そんな人生を私も送りたいなl。

| yuka | 2010/09/23 07:34 | URL | ≫ EDIT

いい出会いでしたね。
旅の場所で聞くからこそ 身に染みるものが
あるのでしょうか。
旅は 一度自分をリセットする効果があるように
思います。 良くも悪くも。(笑)
美しい花に 心が奪われます。
旅先での 普段見ることが無い花にも
私はいつも注目です~。

| 霧のまち | 2010/09/23 09:51 | URL | ≫ EDIT

>yukaさん
旅人どうしの気安さからか、人生についてとかマジな話をする機会が多いです。
旅って景色を見に行くだけじゃないなって思います。

>霧のまちさん
そう、良くも悪くも!(笑)
国内でもそうですが、小さな野草にカメラを向けていると
「何を撮ってるの?」
ときかれることが多いですね。
馴染みのある花に出会うと心和みます。

| だだ | 2010/09/23 22:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT