PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シリア 鉄道の旅

電車で行くか?
それともバスか?
どちらでも行けるとき、私はそのときの「気分」で選ぶ。
安いほう、とか考えない。
あくまでも「気分」。

このときは列車に乗りたい気分だったので
ダマスカスからハマまで鉄道を利用することにした。
ダマスカスには駅が2つあり、切符は、由緒あるヒジャーズ駅で買った。

ヒジャーズ駅
(切符を買ったヒジャーズ駅。実際に列車がくるのは、カダム駅)


切符を買ったまではいいものの。

・・・読めない。

アラビア語の切符が読めないよう!

シリアの鉄道チケット

数字だけはなんとか識別できるが
どれが座席番号なのかわかんない。
駅はがらーんとしていて駅員さんの姿もない。

そこで、ベンチに座っていた上品な熟年夫婦に声をかけてみることにした。
上品そう = お金もちそう = 教養がありそう = 英語通じそう
予想は大当たりで二人とも英語がペラペラだった。
カナダに住む友達に会いにいくところなんだそうだ。

 「ハマ行き、トレインナンバー7、車両ナンバー2、シート18」

解読してもらったあと、列車がくるまで話をした。

 「ダマスカスは変わったよ」
70才代の旦那さんはちょっと苦い顔でつぶやいた。
 「25年か30年前から人口が爆発的に増えたんだ」
観光客。
クルド人。
いろいろなところから人々が流れ込んできた。
ダマスカスは変わりすぎた、って言う。

 「変わったよ。」
この言葉はいろんな国で耳にした。
エチオピアではいい意味で・・・村に電気がくるようになって変わったよ、という意味で。
ルーマニアでは悪い意味で・・・人々は畑をやめ、小売店をやめ、みんなスーパーに行くようになってしまったよ、という意味で。
地球上のどこにいても、時は流れ、人々の生活は猛スピードで変化していくのだ。

シリアの鉄道"

列車は6時半にはちゃんと来た。
噂に名高い、韓国製の車両だった。
内装がすごく豪華、絨毯まで敷いてあって、わあ!と思ったら、
窓ガラスがぜんぶバリバリにひび割れていた。
2枚窓の外側とはいえ、
どうやったらこんなに見事に割れちゃうの?

窓ガラスのヒビ

私が乗ったのは1stクラス。
ダマスカス-ハマ間でたしか160ポンド(320円)。

乗ったら飴と水と新聞が配られた。
アラビア語の新聞なんでちっとも分らないけど。
前方にはDVDをながす小さなスクリーンもあって
ものすごく古そうなモノクロ映画を流していた。
イヤホンをつけてみたけど、何も聞こえなかった。

そんなものより、車窓をながれる景色のほうがよっぽど見応えがあった。
4月のシリアは美しい。
豊かな湿原や平野が薄緑にそまり、どこまでもつづいている。

sy_train.jpg

「続きを読む」には動画をUPしております。
酔いそうな映像ですが、興味のある方はどうぞ。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


シリアの車窓から

[広告] VPS

| シリア | 11:33 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

おお、シリアの列車がこんなに豪華だったなんて。
アレッポ-ダマスカス間を列車移動することも考えたんだけど、結局ずっと貸切の車で移動してしまってヒジャーズ駅を見るだけで終わってしまいました。これはもったいないことをしたかも。

シリアはいいですよねえ。一度行って大ファンになりました。

| lunta | 2010/09/08 16:18 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>luntaさん
ほんと、シリアはいいところですね。
人はいいしゴハンは美味しいいし。
列車は予想以上に快適でしたよ。次回は是非!

| だだ | 2010/09/09 11:15 | URL |

動画 拝見しましたよ~。
乾燥した平原が続きますね。

ワタシも列車の旅が一番好きです!

| 霧のまち | 2010/09/12 10:35 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>霧のまちさん
観て下さってありがとうございます。
列車には独特の情緒がありますよね。
なんといっても楽ですし。

| だだ | 2010/09/12 15:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT