PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シシィの生きていた証

モーツァルトやマリアテレジアなど
ウィーンは歴史的な超有名人をたくさん抱えているが
私にとって一番の主役はやっぱり「シシィ」だ。
タカラヅカのミュージカルを通して馴染み深い人となった、エリザベート皇后。

宮殿内のシシィ博物館では
彼女の使っていたものがたくさんの展示されている。

ほんとうに実在したんだなと思う。
あの物語のヒロインが
シシィという人間として
実際に生きていたのだと。

ここで眠り
この机で詩を書き
この吊り輪で体操をし
ここでオシッコしてたんだなと。

……トイレの展示くらい生々しいものはない。

ふつうに狭い洋式トイレで
全体は磁器製だが、
お尻が冷たくないように
便座にだけシンプルな木の板が使われている。
そのせいでだいぶ簡素な印象を受ける。
ちなみに水洗トイレで
引っ張ると水のでてくる紐と
手を洗う水道もついてた。
トイレットペーパーホルダーは見つからなかった。

なんで私、トイレをこんなに観察してるんだろう。

イタリア人テロリストのルキーニが
彼女を暗殺したときにつかった凶器も展示されていた。
それは意外に小さく
鋭く尖った
ヤスリだった。
ヤスリ。
金ヤスリ。
悲劇のヒロインの命を奪った凶器にしては
とてつもなく地味であった。
現実ってこんなもの。
仕事を捨て
家族まで捨てて
終わりのない旅を続けていたシシィは
心の病気だったんだろうなと思う。
お芝居を観ていたときは
なんてワガママな人なんだと思ってた。
だけど今はちょっと
ちょっとだけわかる気がする。

| オーストリア | 05:25 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

そのトイレとお風呂は当時最先端の技術で作られて
いて・・・と聞いたのですが、暗殺道具も展示されて
いるなんて、生生しいですね。

旅行も、もうちょっと貧乏旅にしてくれたら、
財政も圧迫しないし、暗殺の対象にもならなかった
のにね?笑

ウィーンまで来られたなら、近いのはチェコのチェスキークルムロフ
はお勧めですが、あ、もう夜行列車乗ってはる・・。
次はいずこへ!?

| もんこ | 2010/05/24 12:30 | URL | ≫ EDIT

>もんこさん
うん、最新式って書いてありました。
ルキーには最初は別の人を狙ってたのに、その人が現れなかったんで、こいつでいいやってシシィを襲ったそうです。
チェコ行きたかったんですけどあんまり寒いので北上するのはやめました。

| だだ | 2010/05/25 00:29 | URL |

シシィ!

ワタクシも宝塚で知ったクチではありますが・・・・

当時、ものすごくストレスかかってたらしくて
嫁姑に情けないダンナの葛藤に涙した覚えが(^^;;)
フランツ、マザコン過ぎ・・・>ヅカエリザ

暗殺にヤスリ、というのは聞いていましたが、
やはりヅカではヤスリじゃ絵にならなかったのかナイフに変更してましたね(^^;;)
でも、ナイフより痛そう>ヤスリ・・・

| さとうさき | 2010/05/25 05:12 | URL | ≫ EDIT

Re: シシィ!

>さとうさきさん
嫁姑問題は洋の東西を問わないのですね。。。。
実際にはゾフィは二人の結婚に反対していなかったと聞きました。
> でも、ナイフより痛そう>ヤスリ・・・
尖ったヤスリなんでキリに近いですかね。
でも小さいんですよ。
よくこんなんで頑張って殺したなと。

| だだ | 2010/05/26 06:03 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT