2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

旅行中の「壁ドン」体験(その2)

前にもどこかで書いた話だけれど。
10年ほど前、インド・コルカタ(カルカッタ)でのできごと。

コルカタの街角
(コルカタの街角)

ヤギの生贄で有名な、カーリー寺院(だったと思う)を訪れた。
私はひとりで見学したかったのに、おっさんが自動的について来た。
英語のうまいおっさんだった。
頼んでもいないのに勝手に案内を始め、勝手にぺらぺらと説明をしてくれる。
よくある『勝手にガイド商法』だと思った。
勝手にしゃべってたくせに帰り際に
 「ガイド代を払え」
といってくる手口。
相手をしなければ大丈夫。

でもちょっと違った。
帰り際、おっさんはガイド料ではなく
 「お布施を出せ」
といいだした。
渋っているとおもむろにノートを取り出した。
 「見ろ。ここを訪れた外国人はみんな寄付金をだしている、もちろん日本人もだ」
アメリカ人。ドイツ人。韓国人。日本人。
いろいろな国の旅行者がいろいろな筆跡で、いろいろな通貨を記していた。
だいたい5千円~8万円だった。
 「8万て!アホちゃうか!?」
思わず笑ってしまった。
 「払うわけないやん!」

おっさんの顔つきが変わった。
周りにいた男の人たちがおもむろに立ち上がった。
あれよあれよという間に、私は4人のインド人男に囲まれ、別室へと連れ込まれてしまった。
狭い小部屋では逃げる場所もない。
壁際に追いつめられた。
おっさんの不細工な顔が迫ってくる。
3人の男たちも背後から迫ってくる。
すごく臭かったのを覚えている。
おっさんは、壁に

 ドン!

と手をついて
 「払うのか!払わないのか!」
と迫ってきた。
 「払うかボケ!」
私はおっさんの腕をかいくぐり、男をつきとばして逃げた。
腕をつかまれたけど
 「払わない!払わない!」
と言いつづけたら解放された。
有名な観光地で、ドアのすぐ向こうには大勢の人がいたから、それ以上は追ってこなかった。

これが私の唯一の「壁ドンされた」体験です。

| インド | 11:13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行中の「壁ドン」体験(その1)

イスラエルはエルサレムでのごと。

エルサレム
(エルサレムの町)

泊まった宿が酷かった。
普通の部屋じゃなく、屋上に作りつけた「物置」みたいな部屋だった。
物置をベニヤ板で2部屋に区切ったみたいな。

隣室の音なんて筒抜けだ。
隣りのおっさんのオナラやゲップがバンバン聞こえてくる。
おっさんがトイレで小さい方をしてるのか大きい方なのかまで分かるくらいだ。
うるさくて仕方がない。

だがオナラやゲップやトイレの音はまだマシだった。
イタリア系だかフランス系だかのおっさんは、夜になると女の子を連れ込んだ。
うるさくて眠れやしない。

とはいえ夜だし、隣りはツインだし、一晩だけだからしゃーないって、思おうとしてた。
だが夜だけじゃなかった。
やっとのことでウトウトしてたら、突然、ガタガタとベッドが揺れて目が覚めた。
いやベッドだけじゃない。
部屋そのものが揺れている。
地震か!
と思って飛び起きた。
ら、隣室の女の子が
 「Oh,My god!」
とキモチよさそーに叫ぶのが聞こえた。
・・・地震じゃなかった。
安普請の物置だから、お隣さんが揺れると倉庫ごとガタガタ揺れちゃったのだ。
時計をみたら朝の3時半。
さすがに頭にきて、隣りとの仕切りのベニヤ板を

 ドン!!!!!!

蹴り飛ばした。
おっさんのわめき声とともに

 ドン!!!!

が返ってきた。
が、それ以降は静かになったので私は朝までゆっくり眠れた。

夜になると揺れるという「安宿あるある」。
これが私の壁ドン初体験です。

| イスラエル | 10:43 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |