2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マチュピチュ列車に乗って

マチュピチュへ行こう(2)

クスコからバスでオリャンタイタンボまで行き
さらに列車でマチュピチュ村を目指す。

朝、クスコの宿を8時半に出た。
バス停の場所はよく変わるから、観光案内所で聞いておく。
ごたごたした街中だけど
 「オリャンタ、オリャンタ、オリャンター!」
派手に呼び込みしているからすぐにわかった。
バスといっても、ワゴン車だ。
客がいっぱいにならないと発車しないから
30分ほど待たされた。

走り出して約2時間。
オリャンタイタンボ村に到着。
列車を待つあいだに昼ごはんをすませた。
のどかできれいな村だった。


オリャンタイタンボから見える山

列車の駅は村からちょっと離れてるけど
1本道だし、鉄道会社の人が誘導してくれるから迷子にはならない。

びっくりしたのが駅のホーム!
オリャンタイタンボって
ものすごい田舎だし
ものすごい山の中なのに
駅の中だけはまったくの別世界。
・・・観光客向けの世界。
Wi-Fiスポットやお洒落なカフェまであって

オリャンタイタンボ ホームのカフェ

「緑茶」の看板が掲げられている。何故。


列車は青くてカッコイイ。

ペルー・レイル ディーゼル車

ペルー・レイル


列車は値段によって3種類あるが
私はもちろん一番安い「バックパッカー」クラスに乗る。
といっても

ペルー・レイル シート

シートは清潔、ドリンクと軽食がもらえるという、豪華列車だった。
もちろん全席指定。


列車は渓谷を、急流に沿って走る。
川の向こうの段々畑はインカ時代のものだ。

ウルバンバ川
(ウルバンバ川とインカの畑)


前夜の雨で、川は荒れ狂っていた。
濁流が渦を巻き
岩を削って流れていく。
そのすぐ横を列車が走る。
川っぷち。
崖っぷち。
あちこちで崖が崩れてる。

・・・めっちゃギリギリやん。


tomachu.jpg

土砂崩れのためにマチュピチュ村が孤立して
2千人もの観光客がとじこめられたのは、去年の同じ季節だった。
 「昨日も大きな崩落があって、列車はクスコに引き返したらしいよ」
そんな囁きが聞こえてくる。
 「日常茶飯事なんだって」

つまりだな。
雨季のマチュピチュに到達できるかどうかは、運次第
ってわけだ。


書き続ける力をください。
1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


追記に動画を置いておきます。

≫ Read More

| ペルー | 22:31 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

マチュピチュへ行こう!

マチュピチュ遺跡。
秘境中の秘境。
「ものすごく遠くて
 ものすごく高い山の上にあって
 ものすごく行きにくい」
っていうイメージ。
ハードルが高そう。

実際には、そうでもない。
日本から南米まで飛行機で2日ほどかかるから、たしかに遠いけど
でもまあ、外国ってどこでも遠い。
ペルーのクスコまで飛行機でとんじゃったら
あとはもう、簡単。
電車とバスで普通に行けちゃう。
聞いて驚け、
遺跡の入り口までバスで乗りつけられる
秘境的にはちょっとガッカリ。

標高も2280mと、ここら辺ではとくに高い山とは言えない。
むしろ
 「マチュピチュって標高が低いから呼吸がラク」
っていうのが実際の感想だ。

ただ、これはバスでのろのろ移動している人の話。
飛行機でイッキにとんで上がってくると
拠点の町・クスコ(標高3400m)で高山病にかかる人も多いので要注意。

以下、マチュピチュへの行き方。

スタート地点となるのはクスコの町。
かつてはインカ帝国の首都だった。
雰囲気のいい古都だ。

s_PICT0007.jpg

町の中心・アルマス広場には旅行会社が無数にあり
 「マチュピチュに行かないか!?」
と、声をかけてくる。
彼らが売っているのは基本的にツアーだ。
 「クスコからマチュピチュまでの交通 + 遺跡チケット + 宿」
というセット。
別料金でガイドもつけられる。
ちょっと高いけど、これはこれでいいと思う。
遺跡好きにはガイドの説明って大事だし。

もちろん、個人で行ける。
マチュピチュへの道は何通りかある。

1)お金をかけず、時間と体力をつかうルート
バックパッカーに人気のルートは
路線バスで行けるところまで行き、
残り数キロ(?)を頑張って歩くというもの。
これだと安あがりだし
景色が良いのでハイキングルートとしても評判が高い。
が、日没ギリギリになるし
途中で野犬に出くわす確率が高いと聞いたので
「犬怖い病」の私はアッサリ諦めた。

2)列車に乗って楽に行くルート
私はこっち。
鉄道チケットはクスコの『ペルー・レイル』のオフィスで買う。
アルマス広場のマクドナルドの右隣らへんにある、びっくりするほど近代的なオフィスで、英語がちゃんと通じる。

列車で行くにも2通りあって

A:ぜんぶ列車で行く
切符は「クスコ→マチュピチュ村」を買う。
この直行便がいちばん簡単だが
便数は少ないし値段も高い。

そこで私が使ったのは

B:バスと列車を併用する
前半(クスコ→オリャンタ)をバスで行き、
後半(オリャンタ→マチュピチュ村)は列車に乗る、と併用するルート。
切符は「オリャンタイタンボ→マチュピチュ村」を買う。
これでAよりは安上がりになる。
最もメジャーなルートだと思う。

明日は、マチュピチュ行き列車の旅についてお届けします。
↓書き続ける力をください・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 19:37 | comments:7 | TOP↑

≫ EDIT

インカのパワースポット

ペルー・チチカカ湖の近くに、シユスタニという遺跡がある。
インカより古い時代に始まる遺跡だ。
緑の丘に、くずれた塔がいくつも残っている。

pachamama1.jpg


「これらの塔は墓であり・・・
 高貴な人たちが葬られていて・・・
 窓が必ず東を向いています・・・」

解説をぼんやり聞いていると、ガイドさんはこんな話をはじめた。

 「ここは、神官が子供達に『神とは何か』を教えたところでした。
  彼らが信仰していた『パチャママ』とは、どういった神様なのか。
  昔と同じ方法で教えてあげましょう」

神様か。
カミサマねえ。

 「じゃあ皆さん、下を向いて。地面を見て。
  そのまま私についてきてください。
  けっして顔を上げないように!」

そう言われて、私達はうつむいて歩きだした。
ぞろぞろと連なり
石ころだらけの小路を辿って
丘のてっぺんまでのぼりきった。

 「さあ、皆さん、着きましたよ」

ホッとして顔をあげると、美しい景色が広がっていた。

pachamama2.jpg

サファイアのように蒼い湖。
エメラルドのような緑の丘。
吹き抜ける風はなんて爽やかなんだろう!
すべてが輝いて見えた。

ガイドさんは言った。
 「これが、パチャママです」
と。

パチャママは地母神。
大地の神だ。
自然そのものと言っていい。

私たちは大地から生まれ
大地がはぐくむ緑と澄んだ水によって生かされている。
・・・生かされている。
大地の神を尊び、その恵みに感謝して暮らさなければいけない。

うつ向きながら丘をのぼり、そのあと目にした明るい大地は
そういったことを悟るに十分なほど美しかった。

pachamama3.jpg
(by ViviCam5050)

雑な言い方だが、めっちゃ感動した。

個人旅行者の中には
 「ツアーなんて」
と蔑む人もいるけど
値段に見合うだけのメリットがある(ことも、ある)。
ガイドさんがいて、その場所に対する知識があれば
同じものでもぜんぜん違ったふうに見えてくるものだから。
通訳してくれたN尾さんに感謝!

明日から、マチュピチュへの道を書いていきたいと思います。
また長くなるけれど・・・。
 ↓ クリックしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 15:26 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

世界のおじさんたち

昨日の記事でちょっと誤解をうんでしまったかもしれないので付け足しておきます。
「人物撮影が有料」について。

タキーレ島の場合は旅行者のマナーの悪さが引き起こしたものだと思う。
誰にでも何にでも、遠慮なくレンズを向ける、ジャーナリストな旅行者がときどきいる。
 「自然体を撮りたいからわざと声をかけずに突然撮る」
タイプ。
そうやって撮った写真はたしかにすごい。
でもやっぱり、誰だってカメラ向けてほしくない時ってあると思うし
勝手に撮らないでよって気を悪くすることもある。
フォローが悪ければトラブルになる。
そういうことなくすために
 「撮るならチップを」
という運びになるんだろう。
そこから始まったものだから、タキーレ島の場合はほとんどの人が承諾さえもらえれば気持ちよく撮らせてくれて、お礼の気持ちで小銭を渡すだけだった。
でもこれに味をしめる人があらわれて、「1枚いくら」という商売が始まるらしい。



さて、今日は逆の話題を。

このあいだのアンケートに
 「おじさんの写真が好きです」
と書いてくれた人がいた。
オジサンの写真。
オジサン・・・。
オジサン・・・。
世のオジサンたちはどうして
 「オレの写真を撮れ」
と言うのだろう。
撮った写真を送ってくれ、と言うのならわかるが、そうでもない。
カメラを持った観光客を見つけると反射的にポーズをつけたくなるのだろうか。
ただ単に撮られることが嬉しいんだろうか。
あんまり意味がわからない。

ojisan4.jpg
(タンザニアの市場のオジサン。おにいちゃんだったらゴメン)

エジプトでは、入場料をボッタクられた上に
 「オレの写真を撮れ」
と胸を張って言われた。
なんで素直に撮ったのか、いまだにわからない。

ojisan3.jpg
(カイロのどっかのお寺のオジサン)

もしかしたら、私のカメラのせいなのだろうか。
持ち歩いてるトイデジは
どれも消しゴムくらいの大きさしかない。

 「これ、ほんとにカメラなの?
  ちょっとオレを撮ってくれよ」

と要求される。

ojisan5.jpg
(タンザニアのインド人のオジサン)

ojisan2.jpg
(プエルト・マドリンの港のオジサン)



でも私は、黙々と働いてる渋いオジサンのほうが好き。



ojisan.jpg
(ブエノスアイレスの屋台のオジサン)


ま、どっちかというと
ほんとはイケメンな兄ちゃんを撮りたいんだけどな。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 旅の雑談 | 21:05 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

トイデジで撮る・チチカカ湖の青

プーノの町からボートで3時間。
タキーレ島は、チチカカ湖にうかぶ。

タキーレ島 by VQ1015 R2
(タキーレ島 by VQ1015 R2)


アーチをくぐって


村の門 by VQ1015 R2
(村の門 by VQ1015 R2)


坂道をのぼっていくと


toy-c (10)
(島から見下ろす湖 by ViviCam5050)



畑のあいまに人家があらわれる。



VQ1015 R2
(by VQ1015 R2)


だんだん畑がとってもきれい。


toy-c (7)


伝統を大事にしている島だが
ここも観光地化がすすんできている。
だからこそ
私なんかが足を踏み入れられるわけで
だからこそ
島民を撮るのは、有料だ。

お金払って撮るときに、トイデジなんか使えない!

編み物をするおじいちゃん
(リコーで撮りました)


民族衣装の素敵なおじいちゃんたちに出会える島だったけど
シャッターを押せたのはこれ1枚きり。
有料だからと言うよりも
カメラ設定をいじってるだけで
 「いま撮ったでしょ? お金払って!」
と食いつかれてしまい・・・。
モニタのないトイデジは、撮っていないという証明もできないので、要注意です。

人の写真撮るのって難しい・・・。
励ましの1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 21:02 | comments:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT