2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おひとりさまの哀しいタンゴ

アルゼンチンといえば、タンゴ。
本場ブエノスアイレスにはタンゲリーア(タンゴをみせてくれるレストラン)が山ほどある。
もちろん個人で行くこともできるが
私はツアーで行くことにした。
なぜなら・・・私はいわゆるおひとりさまだから、だ。

ツアーなら、高級な店でも気後れしない!
ツアーなら、ほかにも一人旅のひとがいる!
ツアーなら、まわりとお喋りできて寂しくない!

そんなふうに期待したのだ。

でも、ものすごい裏切られた。

tango.jpg

ツアーの人たちは全員、家族づれとカップルばかり。
しかも全員、スペイン語を話す白人ばかり。
一人旅どうしで仲良くなるどころか
言葉も通じない。
見向きもしてくれない。

レストランへ向かう車の中で私は空気になっていた。

ツアー車は由緒正しい立派なタンゲリーアに到着した。
舞台は広く、白いクロスをかけたテーブルがたくさんならんでいる。
 「お好きな席へどうぞ」
と言われ、ツアーの人たちはいっせいに舞台近くの席を陣取った。
これを機会に近くの席の人に話しかけることができるかもしれない。
そんなかすかな期待を胸に席を探していたら、
お店の人が
 「おひとりさまはこちらへ」
と案内してくれた。

・・・おひとりさま席に。

それは壁際のすみっこで
周りのテーブルから心持ち離されてて
心ゆくまで孤独を堪能できる席だった。
ブラックホールみたいな席だった。

レストランの人たちは一人ぼっちの私にやさしかった。
気を遣ってくれた。
でも、その気遣いがかえって心に突き刺さる。グッサリ
ウェイターが可哀想なひとを見る目つきで
 「お飲み物はどうなさいますか」
と尋ねてきたとき、ワインではなくビールを注文した気持ちが分っていただけるだろうか。
パタゴニアの寒風より冷たい雰囲気の中で食事をし、
味もわからないままチキンのクリームソースがけを完食した。
あのとき私が一番ほしかったドラえもんのひみつ道具は
どこでもドアでもタイムマシンでもなく、いっそこのこと『石ころぼうし』です。
・・・ヨーロピアンてさあ・・・一人でゴハン食べる文化とかないんだろうね・・・。
(タンゴの感想は当日の日記に書いています)

tango2.jpg
(コンデジで舞台写真を撮るのはちょっとムリだった・・・)

日本に帰れば、一人でゴハンを食べにいけないほどの寂しがり。
寂しい私に1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 15:07 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

たまには犬派に

海外へ行ったらときどき犬に吠えられるものですが
今回はガブリとやられちゃって
以来、とっても犬恐怖症になりました。

でも、やっぱり犬は可愛いです。
吠えない・襲わない・噛まない犬限定、ですが
犬は大好きです。

南米のひとも犬が好き。
すごく好き。

ブエノスアイレス・ドッグ by RICOH
(ブエノスアイレスの犬さん)

南米ではたいていどこの町でも
犬たちが通りに
ごろごろ
ごろごろ
転がっております。
どこまでが飼い犬なんだかは不明。
ぜんぜん不明。
たぶん、ぜんぶが飼い犬なんだと思う。

コロニアの犬さん by ViviCam5050
(ウルグアイ、コロニア・デ・サクラメントの犬さん by ViviCam5050)

暑いのよね。やっぱり。

ウルグアイの犬さん by VQ1015 R2
(コロニアの犬さん by VQ1015 R2)

犬さんの、つぶらで清らかな瞳でみつめられると
なんだかもう・・・
イースター島でカプッと噛まれたことなんて・・・
水に流して・・・
すべて忘れて・・・
忘れて・・・

忘れられるかい!
いや、可愛いんですけどね。
今回は犬さんの写真はすごく少ないです。

犬派のあなたも猫派のアナタも
1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 17:05 | comments:5 | TOP↑

≫ EDIT

トイカメラで撮るカミニートの色彩

写真を見たひとに
 「これ、実際の色とは違うやろ?」
と言われた。
 「カメラのせいで、こんな色に写ったん?」

ボカ地区

色とは不思議なもので
光の加減だけでなく、見る人の気分によってもさまざまに変わる。
私が見た色、
『カミニート』の色は
RICHOの高級カメラには写らなかった。
ただトイカメラだけが、あのカラフルな色を撮ることができた。
だから私は
 「これがほんまもんの色だ」
と答えた。

そういうわけで、アルゼンチン・ボカ地区カミニートの写真を並べてみます。

忘れないうちに1クリック押してから「全文を読む」におすすみください!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

≫ Read More

| アルゼンチン | 21:20 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

ペンギンに挫折してバルデス半島へ

ペンギンは可愛い。
つるっとしてて
ぷにっとしてて
よちよち歩いて・・・。

でも。
ウシュアイアのペンギンたちは、あまりも近すぎて多すぎたもんだから。

想像してしまったんだ。

・・・もし、これが全部ゴキブリだったら・・・って。

大量のペンギン
(ウシュアイアのペンギン)

ザワッときた。

だってほら、
黒くて羽があってゴソゴソ動いて、ちょっと似てない?

いや、似てないけどね。

ザワっときちゃったもんで
プエルト・マドリンではペンギンツアーをやめて
海獣の多いバルデス半島へ出かけたのですが。

「近すぎて多すぎた」ウシュアイアとは正反対。

遠くて・・・・
遠くて・・・
小さくて・・・

otaria.jpg
(オタリアの群れ)

少ない。

boca (1)
(流木ではない。ゾウアザラシだ)


何事もほどほどって難しいもんだと思いました。


帰国後もブログランキング1位を持続しています!
みなさんのお陰です。
ありがとうございます!
読んでくださる方がいるから、
私は書くことができます。
というわけで、今日も1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 20:21 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

パタゴニアの風

マーガレット畑
(by ViviCam5050)

パタゴニアの風は、日本の風とはぜんぜん違う。
海から寄せるのでもなく
山から来るのでもない。
ただ、在る。
常にそこに存在している。
今この瞬間も
明日も
100年後も
パタゴニアの果てしのない野に
風は、永遠に在り続ける。

・・・書いてて自分で寒いわい。

へんな時期に梅雨がきたから風邪をひきました。
みなさん風邪にお気をつけて!
1クリックよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 20:10 | comments:6 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT