2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

音楽の都で、タダでオーケストラを聴く

モーツァルトとか。
ベートーベンとか。
ウィーンは言わずとしれた音楽の都だ。
観光客相手に『宮廷音楽の夕べ』と銘打ったクラシックの演奏会が毎晩のように催されている。
モーツアルトみたいな扮装の客引きが
 「今なら学生料金にしてあげるよ!
  たったの28ユーロ!」
と誘ってくるが、『たったの28ユーロ』が厳しいのが旅人ではないだろうか。

私は行かなかった。
とくにクラシック・ファンではないし
週末のウィーンではなんと
タダでクラシックの演奏を聴くことができるからだ。

それは、ミサだ。
教会のミサ。
聖歌隊だけのところもあるけれど
本格的なオーケストラがミサ曲を演奏したり
オペラみたいな歌手が歌ったりもしている。
教会は基本お金をとらないから、無料
すばらしい。

misa.jpg
(シュテファン教会のチラシ。『ブルックナーのミサ曲 第3番f-moll』)

そりゃあミサだからミサ曲ばっかりなんだろうけれど
私みたいなクラシックのクの字もわかんないド素人には十分である。

お目当てはウィーン少年合唱団の参加するミサだったが
寝坊したので間に合わなかった。
それで駅近ですませることにして
地下鉄を降りたところにあるシュテファン教会でブルックナーを聴き
ペーター教会で聖歌隊の歌を聴き
最後にアウグスティーナ教会でシューベルトを聴いた。

misa (2)
(ペーター教会)

ブルックナーは重々しくて
聖歌隊のは清らかだった。
シューベルトは穏やかで親しみがあり、いちばん好きだった。
高い天井と
十字架と
信者と
ぶ厚い聖書の香りがする。
クラシック音楽ってこういうところで生まれたんだなと思った。

アウグスィナ教会
(アウグスティーナ教会)

お金を払って聴くコンサートもきっと素晴らしいだろうが
やっぱりタダって素敵です。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| オーストリア | 15:09 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

ウィーンで食べる

私なんかがウィーンに
何しに来たかと言えば
ザッハトルテを食べることだった。
帰国後ウィーンに行ったことのあるおばさんに言われた。
 「行ったの?
  ほんとに(あんたみたいな子が)あんなトコ行ったの?
  まあ~勇敢ねえ!
ええまあ、雨季のアフリカを歩いてきた靴で
ホテル・ザッハーでケーキ食べてきましたよ。
何か文句ありますか?
お店の人は、そりゃもう機械的にケーキとコーヒーを出してくれましたとも。

ホテル・ザッハーのザッハトルテ
(前に載せたのと同じ写真ですが。)

昔ながらの大雑把な味が
あまりにもあまりだったんで
別の店でも食べてみました。

ザッハトルテとウィンナカフェ

もちろん、ケーキといっしょ本場のウィンナ・カフェを頼みたいんだけど
店によっては「ウィンナ・カフェ」なんてメニューが存在しない。
コーヒーにもいろんな名前がついていたが
どれももうひとつ良くわからない。
・・・ウィーンで飲めば全てがウィンナカフェであろう。

楽しみにしていもうひとつの食べ物、ウィンナ・シュニッツェルは
あまりにも「ただの薄いビフカツ」だったので
写真を撮ることすら諦めてしまいました。
でも、すごく美味しかったんですけどね。

最後に、ウィンナ・ソーセージ!

ウィンナ・ソーセージ

写真は、観光客でごった返す大通りの、オープン・ファミレスみたいな店のもの。
ソーセージはすごくおいしかったが
付け合せのキャベツがすっぱかった。

ヨーロッパの人はオープン・カフェが好きだ。
屋根のない店が好きだ。
日光に飢えているのであろう。
あるとき屋根のないオープンな店で食べてたら
突然、雨に見舞われた。
避難するひまもない夕立ちだった。
私は食べ終わったあとだったけど
ほかの人は・・・料理は・・・。

日本人の私としては、
オープンな店ではお茶くらいにしておいたほうがいいと思う。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| オーストリア | 10:03 | comments:5 | TOP↑

≫ EDIT

ウィーンで半泣きSkype

ブダペストから列車でオーストリアを目指した。
列車での国境越えも慣れたもので
国境が近づくとパスポートを取り出して待機してた。
もちろん、出入国の手続きをするために。
係員がまわってきてスタンプをポン!と押してくれるんだろうと思ってた。

ところがだ。
誰も来ない。
何にもない。
出国も、入国も、なんにもやってもらえない。

まわりは白人ばかりで
外国人観光客は私だけ。
私は不安に襲われた。

どうしよう!
どうしよう!
ハンガリーの出国スタンプも
オーストリアの入国スタンプも
何もなしでウィーンに着いちゃうよ!
これって不法入国だよ!

『都会のクールな白人』にすっかりびびっていた私は
まわりの人にきくこともできず
携帯で日本の友達にメールを送った。
 「出入国の手続きしてくれないんだけど、どうしよう!
  私、不法入国でつかまっちゃう!」
即行で返事がきた。
 「大丈夫。
  ヨーロッパはEUになってからスタンプなくなったから。」
あ、そっか~。
な~んだ~。
今更ながら、すごく初歩的なことも知らずにヨーロッパに来ちゃってることに気がついた。

メールの相手は、Aさん。
もとは仕事の先輩だったが今では年上の友達で、
旅のあいだずっとネットでやりとりをしていた。
まるで下調べもせずにヨーロッパに来ちゃった私にとって
何でも教えてくれるAさんは強力な助っ人だった。
ウィーンに着いてすぐ、ネットカフェを見つけたので
とりあえずAさんにスカイプで電話をかけた。
Aさ~ん、お久しぶり~。

 「おう、お疲れ!」

その言葉は、仕事場でずっと聞いてきた声で、ずっと聞いてきた言葉だった。
ヘッドフォンの向こうに日常があった。
けっして帰りたいわけじゃないけど
戦わなくてもいい日常が。
いろんなことに安心できる日常が。

・・・疲れたよ、ほんとに疲れた。

気がついたら半泣きになって
べそべそ愚痴をたれていた。
予想外の寒さで風邪をひいたばかりか
クールな白人とどう接したらいいかわからなくて、
身も心も財布も、すっかり冷え込んでいたのである。
Aさんはきいてくれた。

ウィーンでソーセージ

ネットカフェを出たら青空が広がっていた。
私は元気をとりもどし、ソーセージを食べて、ウィーンの町にくりだした。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| オーストリア | 14:44 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

めっちゃどうでもいいブダペスト話

この旅に出るまで、私、ハンガリーの首都は

ブタペスト

だと思い込んでいた。

ブタ。

ブタ。

・・・豚のペスト。

ごめんなさい。

私、間違ってた。

正解は

ブダペスト(Budapesuto)

ブダ。

ブダ。

・・・ブッダと一字違い。



どうでもええわ。


で、そのブダペスト・鎖橋の名物、ライオンさん。

勇猛果敢なライオンさん。

鎖橋のライオン像

の、

お尻は

ちょっと

疲れてた。

ライオン像のおしり

あまりにもどうでもよすぎるので
ハンガリー話はここらでお終いにしようと思います。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓ めっちゃしょうもなくても、たまにはクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ハンガリー | 12:21 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

石と直線の町で

ブダペストは、石の町だった。
硬くてまっすぐで
直線の石でできた町だった。

ブダペスト

田舎と違い、都会の人はみんなクールだ。
旅人をあんまりかまってくれない。
観光案内所の人と
郵便局の人と
宿と食堂の人としか喋らないで、一日が終わった。

ブダペスト

鎖橋のちかくで
ハンドメイドのレースを売っているおばあちゃんがいた。

 「手作り!手作り!
  手作りのレースだよ!
  私が作ったんだ。 素敵でしょう?」

道ゆく人に呼びかけて
朝から晩まで立っていた。
雨降りの日も立っていた。
風の夜でも立っていた。
だけど、そこは大通りから1本はずれていたので
あんまり売れ行きが良さそうには見えなかった。

おばあちゃんの名前はコッティという。
子供が成人して時間ができたから
生活の足しに作ってるのと言った。
素敵な刺繍ですねっていうと
すごく嬉しそうに、何枚も何枚もみせてくれた。

レースのテーブルクロスを買ったのは
本当に素敵なものだったから、だけじゃなくて
コッティとおしゃべりをしたかったからかもしれない。
石と直線でつくられた、冷たい雨のふる町で
彼女の笑顔を見たかったからかもしれない。
私はこのとき、都会の雨にさらされてかなり冷え切っていたから。

コッティのレース

コッティおばちゃんのテーブルクロスは母への土産となった。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ハンガリー | 11:13 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT