2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

W杯開催地・南アフリカ

南アフリカは、ことにヨハネスブルグは「世界一治安の悪い町」だという評判だ。
だから、行くなら今しかないと思った。
私が訪れたのは2010年の2月こと。
ワールドカップが開催される直前だ。
世界中の注目が集まってる今なら
国の威信をかけて治安の強化に全力を尽くしているに違いないと思った。

たしかに全力を尽くしてはいた。
ケープタウンに着くなり、お巡りさんの多さに目を見張った。
町中が警官だらけだ。
すべての角ごとに、
また通りの50メートルおきに警官がいる。
でかい銃を持った人がうようよしてる。
空港なんて拳銃だらけだ。

にもかかわらず、表通りから一歩入ると不穏な空気がながれており
お巡りさんと乱闘している男や
タクシーに連行されていく男を目撃した。

そりゃたしかに
お巡りさんがたくさんいるから安全かもしれない。
でも、銃で守られた安全って何だろうと思うのだ。

高圧電流流れてます
(高圧電線で守られたホテル/ヨハネスブルグ)

だが市民は
 「ヨハネスブルグのダウンタウンは、今は『世界一安全な町』だよ!」
と主張する。

 「昔はたしかに危険だった。
  あまりにも強盗が多すぎたから、店がぜーんぶ閉店した。
  住人たちもみーんな引っ越しちゃった。
  今ではゴーストタウンだよ。
  もう金目のモノもないから強盗も襲って来ない。
  だから、今はもう、安全なんだよ!」

他所では笑い話にしかならないことを、彼は真剣に話してた。


フットボール・タワー

この塔は、ワールドカップ開催が決まってから
わざわざサッカーボールの模様に塗りなおしたんだって話だ。
ワールドカップ終了後も
世界中からの旅行者が楽しく訪れる町になればいいなと思う。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
href="http://travel.blogmura.com/kaigai/">にほんブログ村

| 南アフリカ | 18:42 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ペンギン!

南アフリカ、ケープ半島をめぐる一日ツアーに参加した。
この一帯は国立公園になっている。
世界自然遺産に指定されているとか。

見たこともない草花。
見たこともない地形。

そして・・・ペンギン!

ケープペンギン・2


多くのペンギンたちが、上を向いてじーっと突っ立っていた。
ただ、上を向き。
ただ、立ってるだけ。
何をしているのだろう?
日向ぼっこか?

 「縄張りを主張するポーズだよ」

とガイドが教えてくれた。

ケープペンギン・3


縄張りか。
主張してんのか。
ふうん・・・。
そう言われればキリリと胸を張っているようにも見える。
堂々と、天にむかって立ち

 「ここは俺の縄張りだぞ!」
誰がなんと言おうと一歩も譲らない。
動じない。
たとえ人間がカメラを向けようと
シャッターを押しまくろうと
カモメに卵を盗まれようと
まったく動じない、
というか・・・動かない。

何をされても相変らず上を向いてぼやんと突っ立っている。

それでいいのか、ペンギン。

ちょっとは卵の面倒もみたほうがいいんじゃないのか、ペンギン。

ケープペンギン・1


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南アフリカ | 16:59 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

航空券のこと

旅の方法について、いくつか質問があったのでお答えしていこうと思います。
本日は航空券について。

Q:世界一周航空券を使ったのですか?
A:使ってません。

世の中には「世界一周航空券」という便利なものがある。
30万くらいで何度も飛行機にのれて世界一周ができちゃう便利なチケットだ。
使いこなせれば、旅はずいぶん安上がりになるだろう。
上手に利用している人たちにたくさん出会った。

これを使えたらいいなあ、と最初は思ったのだ。
だが「世界一周航空券」は、
旅立ちの前にすべての飛行機を予約する必要がある。
旅のルートを決めなければならない。
それを読んでやめた。

また、もっと物価の安い国、
たとえばタイまでの往復航空券を買い、
タイ→南アフリカのチケットを買う方法もあった。
そのほうが安上がりだったかもしれない。

だけど帰りにタイに寄るかどうかなんてわからない。

旅のルートなんて決められるわけがない!

 「旅は計画しているときが一番楽しい」
とよく言われるけれど。
私は計画なんて何ひとつしたくなかった。
行き当たりばったりの旅をしたかった。

どこに行きたくなるか、その時にならなければ分らないし
どこまで行けるのかも、行ってみなければわからない。

気の向くまま。
風の吹くまま。

帰りの切符を持っていたくなかった。

だから、日本で買ったのは「南アフリカまでの航空券」、これだけだ。
次の町をきめてからその都度、バスや鉄道、ときには航空券の手配を行って
帰りはデリーでまた片道を買った。

ものすごくお金のかかる
ものすごくもったいない
ものすごく要領の悪い方法で
我ながらアホじゃないかと思ったくらいだ。
あんまりひとにはすすめられない。

でも、帰りの切符をもたないことで
ふわふわとどこまでも飛んでいくことができるような気がしたのだ。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 旅のスタイル | 17:11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

喜望峰からみた海

アフリカに行きたい。
喜望峰に立ちたい。

それだけを決めて旅に出た。

計画なんて、ありはしなかった。

ただこの景色だけを求めてた。

喜望峰の青い、青い海。

喜望峰

心に刺さった棘がひとつ
強い風にふきとばされていくのを感じた。

あまりにも気持ちがよかったので
一声、叫んだ。
大声で叫んだ。

喜望峰に立つ

私はこの崖の上から
古い自分をぜんぶ捨ててきた。

2010年2月18日のことだ。

旅は、ここから始まった。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南アフリカ | 18:06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

現在地

旅の朝、目が覚めてまず最初にやることは
 「自分がどこにいるのか思い出す」
ことだった。
移動が多くて同じ町にとどまることのない旅だったから。
寝ぼけまなこで
硬いベッドと破れたカーテンを見あげ
今いる国と、町と、これから向かう町の名を
朝の光の中でゆっくりと思い出すことが
一日のうち最初の作業だった。

それはすっかり癖になっていたから
今朝、目が覚めたときも
自分の現在地をけんめいに思い出そうとした。

・・・ああ。
日本だった。
我が家だった。
これは自分のベッドなのだった!

幸せと寂しさと。
半分こで迎えた朝だった。


今日はちょっと忙しかったのですが、
明日から、旅行後記?かきますね。

| 出発・帰国 | 22:47 | comments:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT