| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペトラ遺跡で考える

これぞ世界遺産。
遺跡中の遺跡。
堂々として巨大なくせに、
どこまでも奥深く秘密めいている。
そして何より美しい。
誰もが息をのむ美しさだ。

・・・ペトラ遺跡。

エル・ハズネ
(エル・カズネ)

ヨルダンのペトラ遺跡はナバテア人のつくった町だ。
紀元前1世紀頃に栄え、ローマに征服された。
その後、歴史の砂に埋もれた。
「完全に忘れさられた」と表現する人もいる。
だが、それはもちろん表舞台から消えたという意味だ。
地元には存在を知っていた人がいたわけで。
彼らに隠されていたのだという。

ペトラ遺跡を「再発見」したのは19世紀のヨーロッパ人。
スイス人。
旅行家にしてイスラム教徒の、ヨハン・ルートヴィッヒ・ブルクハルトだった。
彼はかなりの冒険家だったらしい。
ガイドブックにはこう書いてある。

 「外部の人間に生活を乱されることをおそれる現地人の目をかいくぐって遺跡を確認し、世界にその存在を伝えた」

そしてほろぼしたのだろう。
彼らの生活を。
そこに住む人たちの生活を。

押し寄せる発掘隊。
押し寄せる観光客。

遺跡を修復し、世界遺産の登録し。
それはいったい何のためなのだろう。
誰のためなのだろう。
「遺跡を守った」のはこちら側の言い分でしかない。

ペトラのような遺跡は数多いはずだ。
また、現地の人たちに今も守られ、隠されている遺跡もあるのだろう。

ペトラの谷
(遺跡を隠す谷 by ViviCam5050)

遺跡内には無数の土産物の露店がある。
ほんの小さな女の子がタッパーに石ころを入れて売りにくる。
きれいな縞模様の石で、かわいい子だからひとつ買ってやろうと思った。
だけど1ディナールだっていう。
高い。
石ころだよ。
せめて0.5でいいんじゃないの?
 「No!1ディナール」
せいぜい5歳か6歳だ。
そんな小さい子が生意気にひとさし指をチッチッ!と横に振り、
はっきりとした口調で「NO!」っていう。
可愛い、なんてものじゃない。
げんなりした。
商売人の小型化もここまで進むのか、と。
1ディナールなら買わないよ、と歩きだすと
 「NO,マダムマダム!」
追いすがってくる。
ドラマチックなまでにすがってくる。
ダダをこねて泣き始める。
声をかけなければよかったと、激しく後悔した。

この子をこんなにしたのは私たちだ。
私たち観光客だ。

未発掘
(ペトラ遺跡はまだほとんどの部分が未発掘だ。by ViviCam5050)

外部の人間に生活を乱されることをおそれ、遺跡を隠してきた人たちは
ここでどんな生活を送っていたのだろう。

ペトラの美しさに免じて、1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ヨルダン | 12:49 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

ダマスカスの猫たち

うっかり忘れてましたが、ダマスカスの猫さんたち。

ダマスカスの猫


けっこう毛足が長いのね

人間くさいところには、必ず猫がいるもんだ。

| ヨルダン | 11:43 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェラシュ・花に囲まれた遺跡

ヨルダン・ジェラシュ遺跡。
4月上旬の遺跡は花に囲まれていた。
花畑のなかの廃墟だった。

ジェラシュ遺跡

本日は写真のみです。

≫ Read More

| ヨルダン | 00:13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンマンの町で

今日は写真のみ。
ポケデジSQ28mにて撮影したアンマンの町。

ヨルダンの国旗が翻る。
でかい旗だ・・・。
ヨルダンの大国旗


宿の前の通り。
アンマンの町


町中にあるローマ劇場。
町中にあるローマ劇場



・・・で、これはViviCam5050で撮った、スカーフ屋さん。

スカーフ屋さん

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ヨルダン | 10:25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

素晴らしいチーズケーキ

ペトラの最終日に猛烈な下痢に襲われた私。
翌朝にはなんとか立てるようになったので
友達になった韓国人キムさんの助けを借りつつバスに乗り
アンマンの日本人宿にたどり着いた。

宿にはたどり着いたが・・・食べものが喉を通らない。
胃袋が弱ってしまい、
アラビアの匂いのする食事を受け付けられないのである。
パンもダメ。
スープもダメ。
肉なんか問題外!

そう話すと宿の日本人旅行者が
 「じゃあ、チーズケーキはどう?」
と教えてくれた。
 「すぐそばの店で美味しいチーズケーキを売ってるよ」

アラビア菓子なら見たくもないが
洋菓子だというので買いに行った。
『ハビーバ』という店のチーズケーキ。

チーズケーキ

チーズケーキだかブルーベリータルトだか知らないが
この店のお菓子は、ほんまに美味しかった。

何がどう美味しいって・・・普通なのだ!
普通!
ヨルダンなのに、アンマンなのに!
アラビアの匂いがしない!
変なシロップがかかってたり
妙な香辛料がかかってたり
めちゃくちゃ甘かったり、しない!
本物の洋菓子のチーズケーキ!

 「『普通』って素晴らしいよね」

日本を離れて何年も旅をするバックパッカーたちが
口をそろえてそう言った。
アフリカやアラビアを旅していると
とくべつ美味しくなくっても
普通に食べ慣れたものの味が
とくべつ美味しく感じられることがある。
体が弱ったときに食べたあのチーズケーキは
忘れられないほど美味しかった。

だが、実は『ハビーバ』の店の一番の目玉は
洋菓子ではなくカナーフェというアラビア菓子。
小さいが専門の支店まで出していて
そこはいつ見ても行列ができていた。
日本人旅行者たちにも
 「ハビーバのカナーフェは絶品!」
と大好評だった。
いつか体調を整えて、カナーフェを食べに行きたいと思う。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ヨルダン | 17:50 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT