| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エチオピアでたかられた話

不愉快すぎて思い出したくなかった話を思い出した。
エチオピアでのできごとだ。

アディスアベバの最終日。
私は時間をもてあましていた。
夕方まで暇なのだけど、さてどこへ行こうか。
 「デブラゼイトの湖がきれいだよ」
と、地元のおじさんが教えてくれた。
おいしいコーヒーショップに連れていってくれた親切なおじさんだった。

じゃあ、デブラゼイトへ!
とバスを探して歩きだしたとき、 
 「どこへ行くの?」
若い男の2人組に声をかけられた。
デブラゼイトへ行くんだよ、と素直に答えると
 「デブラゼイトなら俺の生まれ故郷だ!」
髪を伸ばしたスーパーアフロヘアーの男が感動して言った。
 「バスターミナルまで案内してやるよ」
と、丸顔の男が言った。
エチオピアは文字がわからないし、バスを探すのは難しそうだったから、彼らについてバスターミナルまで行った。
彼らはちゃんとデブラゼイト行きのバスを教えてくれた。
それどころか、気がついたら一緒のバスに乗っていた。
なんでか知らないけどデブラゼイトまでくっついてきてたのだ。
1時間後にバスを降りるとき、法外なバス料金を請求された。
 「3人分だよ」
と。
 「なんであんたらの分も払わないかんねん!」
私は怒って暴れたが、払わないとバスを降りられないと言われ、仕方なく払った。
まわりのひとは英語がわからないせいか知らん顔だった。

その後も男達はどうしても私から離れず、ずっと一緒にくっついてきた。
不愉快なので、湖をチラ見して帰った。

デブラゼイト

バス代、コーヒー代、バイクタクシー代。
いろいろなところでぼったくられた。
エチオピア人は親切で正直だが、場所によっては、旅行者に対するボッタクリ度合いはエジプト並だ。

| エチオピア | 09:00 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

忘れたいのに思い出してしまったこと…バスでとんできた嫌なモノ

旅は、良いことばかりではない。
嫌なこともある。
辛いこと忘れたいこともいっぱいある。
忘れたいけど思い出してしまった出来事を
今日はあえて書いてみようと思う。

あれはエチオピアでのできごとだ。
アディスアベバから日帰り旅行に出かけた。
目指したのはデブラゼイトという所だ。
アディスアベバからバスで1時間ほどのところ。

乗り込んだローカルバスはワゴン車だった。
ボロくて小さくぎゅうぎゅうづめで、雨漏りがした。
バスは都会をぬけだし田舎を走った。
ちょうど雨あがりで道はぬかるみ
どろどろの道をガタガタと揺れながら走った。
それでも、窓の外にはみずみずしい田園風景が広がっている。
・・・わあ、きれいだな。
ホッとした気持ちで景色をながめていると。
前の席の人が、窓をあけた。
ボロ車の窓を必死でこじあけた。
その時点で気がつくべきだったのだ。
警戒するべきだったのだ。

前の席の彼女はバス酔いに苦しんでいたらしい。
窓から身を乗りだし
 「う゛ええええ!」
と吐いた。
豪快に吐いた。
そのとき車体がガクンと揺れて

・・・べしゃあっ!

飛んできた。
何が、とか、聞かないで。
どこに、とか、聞かないで。
あまりの大惨事に私も吐きそうになっていたのだから。
 「ばかやろう!」
私のツレが怒った。
 「外国からきたお客さんに何をするんだ!」
隣席のツレは、どういうわけか私より汚れていた。
アフロな髪型がどろどろになっていた。
それを見てまた吐きそうになった。
酸っぱい臭いが車内にたちこめていた。
その臭いに誘発されて、惨事はそこここで繰りかえされたのであった。

バスで顔面にゲロとんできた事件は最悪な思い出ですが
このツレもかなり最悪な男でございました。
思い出すのも嫌だけど、思い出したら、またいつか書こうと思います。
気持ちが悪くなってきたので今日はこのへんで。

ナイフが飛んできたんじゃなくてよかったよ。
ゲロなんてまだまし!って思う方はクリック。
気の毒に、って思ってくださる方もクリック!よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

エチオピアの猫さんバナーです。

| エチオピア | 11:11 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

甘くてやさしい、ハニービスケット

ある夜。

悲しいことがあったんで
やりきれなくて
ビールをのんで酔っ払ってた。
停電で部屋が真っ暗だったから
安宿の外階段にすわって飲んでいた。
夜中に女一人、屋外に座り込んでビールをぐびぐびやってる姿は
・・・かなりみっともなかったと思う。
いつもは人懐こくてうるさいほどのエチオピア人が誰も話しかけてこなかった。

ただ一人、声をかけてきたのは、ビスケット売りの少年だった。
 「ビスケット買ってよ」

ハニークッキー

ひとつ2ブル、だったのかな?
酔ってたんで値段を覚えていないけど。
日本円にすれば10円にも満たないわずかな小銭を
彼はこんな時間まで稼いでまわっているのだった。
ビスケットをぎっしり詰めた箱には「スクール」なんちゃらと書いてあった。
学校が斡旋している仕事、という意味だと思う。

私はビスケットをひとつ買った。
小銭をかぞえるのに懐中電灯をつかったら 
 「そのトーチ、いいね」
と少年が言った。
 「いくらするの?」
5ドルだよ。
 「そりゃ高いね!僕にはとても買えないや」
残念そうに呟いて去っていった。

少年はたぶん小学校2年生くらいだっただろう。
夜中の10時11時まで2ブルのビスケットを売り歩いて学費を稼いでる。
5ドルの懐中電灯を羨ましそうに見てる。

彼から見れば大金持ちの女王様で
何でももってる幸せ者なのに、
・・・それなのに私は何をやってるんだろう、と思った。
ハニービスケットは甘くてやさしい味がした。


急に寒くなってヤル気の失せてきた私に書くチカラをください・・・!
1クリックで、喝!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 12:00 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

路上で神に祈りを捧げる人々

アフリカにはクリスチャンの国が多い。
ジンバブエやザンビアなどでは
車の窓にキリスト様シールが貼られ
長距離バスの発車前にはみんなでハレルヤを唱え、
挨拶にはしょっちゅう「God」がでてくる。
だけどそのGodは白人からもたらされた神様だ。

だがエチオピアはちがう。
彼らは植民地化されるずっと以前、古代の昔から、独自にキリストを信仰してきた。
カトリックではない。
「エチオピア正教」だ。

アディスアベバの町中にはたくさんの教会がある。
以前にも載せた写真だけれど・・・。

三位一体教会
(三位一体教会 by ViviCam5050)

聖ギオルギス教会
(聖ギオルギス教会)

私が訪れたのは2010年の3月半ば。
復活祭の頃で、しょっちゅうミサが行われていた。

ミサの時刻になると、あちこちの教会からスピーカーで祈りを唱える声が流れてくる。
歌声のような響きとリズムは、こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、イスラム教のアザーンとちょっと似ている。

スピーカーからお祈りが聞こえてくると、
通りを歩いていた人たちがいっせいに足を止めた。
そして祈りはじめた。
教会にむかって腕をクロスさせたり、手のひらを空に向けたりする。
伏して祈るひともいる。
どの国でもどの宗教でもかわらない、厚い信仰の印だ。

ステンドグラス

振り返れば、みわたすかぎり。
視界にいる人たち全員がそうしていた。
教会の門の内側にいる人も、外側にいるも、たまたま通りがかった人も。
白い布をまとった人も、スーツの人も、ジーンズの若者も。
参拝客も。
物乞いも。
サラリーマンも。
客引きも。
ともに祈っていた。

鐘の音と祈りの言葉のほかに声は聞こえず
世界は鎮まり
空気は澄んでいた。
祈りは数十分間もつづいた。

信仰というものは目に見えない。
けれどもそれは「在る」のだ。
神がいる、のではなく「在る」。
いるかもしれないとか、信じればあるとか、そんなあやふやなものではなく。
現実に、厳然と、確実に、そこに「在る」。
エチオピアの人々は神とともに居る。
長い祈りのあいだ、私は動くこともできずに立ちつくしていた。

あなたには信じるものがありますか?
・・・私は、私の神様を信じています。宗教じゃないけど。

あ、こういうひょうきんな神様もけっこう好きです。
↓信じるものがある方もない方も、1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 15:35 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

エチオピア風ミッキー

アディスアベバの動物園で見かけた看板。
ここまできたらディズニーも怒らないと思う。

エチオピアふうミッキー

大好きだ・・・。

手書きミッキーが大好きな方はクリック!
ミッキーかどうか疑問な方もクリック!
手抜き記事へのお叱りも怒りをこめてクリック!・・ごめんなさい。
↓ 
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エチオピア | 01:41 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT