| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キリマンジャロをクロックスで登る

自称山岳ガイドのムコイとともに、ハイキングに出かけた時のこと。
ダラダラと呼ばれるローカルなミニバスにひしめきあって乗り
着いたのは小さな村だった。

ふもとの村
(by ViviCam5050 )

赤い土の道を行くと小学校があった。
ちょうど下校の時刻だ。
制服姿の小学生がわあわあいいながら通りすぎていく。
みんな元気で、みんな可愛い。
彼らはチャガ族だそうだ。
半分マサイで半分チャガ族のムコイはこう話した。

 「この国のかかえる大きな問題の一つが、教育だ。
  小学校はわりと安いんだけど、中学は高いから、ほとんどの人が通えない。
  ぼくも小学校しか行っていない。
  恥ずかしいよ」

ムコイは下を向いた。
 「恥ずかしいことじゃないよ!」
私は力説した。
小学校しか行ってなくても、あなたはこの山のことを知ってる。
花や鳥のことをたくさん知ってる。
英語を話すことを知ってる。
働いて家族を食べさせてる。
お兄さんの子供まで養ってる。
私は大学まで行ったのに、なんにも知らないんだから。
ほんとに、なんにも。
それなのに遊んでばかりで。
私のほうが恥ずかしい。


キリナマンジャロの子供たち

チャガ族の子供たち。
カメラを向けると照れていた。
彼らの多くは中学校へ行かず、
この山村でコーヒーやバナナを育てて暮らすのだろう。

コーヒー豆
(キリマンジャロ・コーヒーの豆。半ば自生していた)

キリマンジャロの滝
(キリマンジャロの下のほうの滝)

実はこの日は
 「ちょっと滝みにいこうよ」
と軽いノリで誘われて来た。
だから・・・私は知らなかった。
何も知らなかった。
片道2、3時間も歩くハイキングだということも
険しい山道を登るのだということも
その山がキリマンジャロだということも!
知らなかったから、軽くサンダル履きで来てしまった。
めっちゃ歩きづらかった。
ほとんど修行だった。
 「キリマンジャロをクロックスで登る人、初めてみたよ
とムコイに言われた。
そりゃそうだろう。

キリマンジャロにはやっぱりスニーカーか登山靴が必要だと思う方はクリック!お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| タンザニア | 12:00 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

キリマンジャロでキリマンジャロコーヒーを飲もう

キリマンジャロにほど近いモシという町で、ムコイという名のガイドと仲良くなった、(過去記事)
彼はいろんなところに連れていってくれた。
山も
市場も
自分の住む村にも連れていってくれ、
彼の家族にも会わせてくれた。
いっしょにゴハンも食べた。
安い宿も教えてくれた。
お互いにたどたどしい英語で悩みごとを話したり、将来の夢を話したりした。
ガイド料金を払ってない時間までも、なんでかずっと一緒にいた。

最後の日。
 「どこに行きたい?」
ムコイの問いに、私はカフェへ連れていってくれとリクエストした。
 「キリマンジャロ・コーヒーが飲みたい」
キリマンジャロの町だから、どこででもキリマンジャロ・コーヒーが飲めるのかと思ったら、そうではない。
タンザニアで一般的に飲まれているのは粉のインスタントコーヒーだった。
アフリカフェというやつ。
きっと安いんだろう。
だけどせっかくここまで来たのだから、キリマンジャロ・コーヒーが飲みたかった。

彼はが案内してくれたのは観光客用のカフェ。
店の入り口までは一緒に来たが
 「ぼくはこの店には入れない」
とムコイは言った。
私は、コーヒーくらいおごるよ、と言いかけてやめた。

砂埃でくすんだような小さな町の中で
そのカフェだけはびっくりするくらい清潔で、洗練されていた。
店員はタンザニア人だったけど、客はみんな白人だ。
きれいな服を着て優雅にコーヒーを飲んでいる外国人たち。
店の外にひろがるアフリカの田舎町とはまったくの別世界。
ムコイは、そんな世界に足を踏み入れるなんてとんでもないと言った。
それで私は数日ぶりに一人でお茶をした。

キリマンジャロ・コーヒー

コーヒーは、すばらしかった。
旅にでてから初めてのむ本物のコーヒー。
なんという濃い香りだろう!
コーヒーの湯気を吸い込み、体を満たすだけで、すべての細胞がリラックスして息を吹き返す。
・・・自分では気づかなかったけど、今までずっと緊張していたのだろう。
清潔な店でコーヒーを飲むことがこんなに幸せだとは知らなかった。

私はこんなにも、こっち側の人間なのだと思った。

窓の外をみると、小さく青いキリマンジャロの頂が見えた。
そして手前の町にムコイの姿があった。
友達を見つけてしゃべりこんでいた。
チラチラと店のほうを伺いながら。
キリマンジャロを眺めつつ飲むキリマンジャロ・コーヒーは、
ものすごくおいしかったけど、ちょっとだけせつない味がした。

コーヒーが好きな方はクリック!
紅茶党の方も緑茶派さんもビール好きさんもクリック!よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| タンザニア | 12:00 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

タンザニアの車窓から

アフリカのタンザン鉄道の話のつづき。

列車は、小さな集落をいくつも通りすぎた。
木の枝でつくられた円筒形の家が可愛い。
・・・望遠レンズがほしかったなあ。

タンザン列車の窓から3
(車窓からみた村)


タンザニアに入ると列車はちょくちょく停まるようになった。
駅なんて立派なものはない。
ちょっと大きな村や町に着くたび、客を乗せたり降ろしたり。

乗客たちは、窓にむらがる物売りたちからいろんなものを買っていた。
おやつとか。
飲みものとか。
野菜とか。
生きたニワトリとか。
足を縛られ、目を白黒させたニワトリは、トイレに放り込まれて
 「コケコッコー!」
と鳴いていた。

タンザン列車

停車中に、村の子供がこっそり乗り込んできたことがあった。
かくれんぼうをするように、ドアの陰にかくれてた。
私と目があうと
はずかしそうに笑った。
でもすぐ、大人に見つかって、叱られてピョンピョン逃げていった。

列車に乗り込む子供

トイデジ以外のカメラも持っていけばよかった・・・
と、今頃になって後悔している私に励ましの1クリックをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


過去の関連記事(リアルタイム日記)もどうぞ。
・ 列車に乗って
・ 国境越え
・ 到着

| タンザニア | 11:57 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

リスかと思ったら…!

日常のなかで突然、旅を思い出すことがある。
ご飯をたべて仕事して
お風呂に入って寝るだけの
ふつうの暮らし、
単調な生活のなかで
フッ・・・と蘇る、旅でのできごと。
些細なことなのになぜかくっきりと覚えている。

先日、唐突に思い出したのは、タンザニア・キリマンジャロの麓でのこと。
あの辺りにはいろんな野生動物がいた。
幻の白いサルとか。
アフリカハゲコウとか。

ある日、一人でぽけ~っとコーラを飲んでいたら
目の前の樹上を何かが駆け抜けた。
すごい速さだ。
よく見えないけど、しっぽの長いやつだ。

 「あ、リスが走った!」

リスは好きなので、ひとりで呟いて、なんとなく笑顔になって
木の上を見上げたら。
・・・見上げたら!

リスじゃなかった。

リスなんか丸のみできそうな、巨大トカゲだった。
人間の腕くらい長くて
人間の腕より太かった。

それが2匹。
木の枝でケンカをしていた。
口をいっぱいに開いて互いを威嚇し
があがあと声をあげた。
そして体に似合わぬすごい速さで走り回った。

ほとんど恐竜のケンカだった。
ぜんぜん可愛くなかった。
リスのほうが良かった。


バオバブの木

街路樹のバオバブ。
でかいトカゲがたくさんいた。

バオバブの実
バオバブの実の中に入ってる種。
小石みたいだけど食べられるんだそうだ。
 「バオバブ・ジュース飲んでみるか?」
と誘われたけど
腐りかけのバナナジュースでお腹をこわしていたので辞退した。


今の私は単調な生活を送っていて
ともすれば
なんだかいろいろつまんないなって思うのだけれども

地球の反対側には
びっくりするほどでかい木があって
びっくりするほどでかいトカゲがいて
びっくるする光景がいっぱいあるのだと
私はそれを知っているから
思い出すことができるから
世界はちっともつまらなくないと
信じていられるから
・・・だから、旅が好きだ。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| タンザニア | 14:47 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

キリマンジャロの麓の村で

キリマンジャロの麓の、モシという町で
ウォーキングツアーに参加した。
正式なツアーじゃなかったけど
ものすごく熱心に客引きをするガイドがいて
その熱心さに負けて行くことになってしまった。

ハイキングルート

山道
あぜ道
獣道。

凶暴化したブタを避けて通り
ぬかるみを踏み歩き
ようやく可愛らしい滝に出た。
キリマンジャロの雪解け水がながれ落ちる
小さいが清冽な滝だ。

キリマンジャロの雪解け水

熱心な「自称・公認ガイド」は、名をムコイという。
英語はあんまりうまくないが
村の子ども達に慕われる、優しい男だった。

 「シーズンオフでずっと観光客がなくて、君が今月初めてのお客さんだよ。
  実は昨日、娘が重症のマラリアで入院してね。
  今朝じゅうに金が払えないと追い出されるところだった。
  君のおかげで娘の命は助かった。
  本当にありがとう」

彼は兄もマラリアで失くしていた。
ほんの少しの薬代が払えないばかりに
人がばたばたと死んでいくところなのだ。


2日後。
 「娘の熱がようやく下がって退院の日が決まった」
とムコイは嬉しそうに報告してきた。
 「病院に来て、娘に会ってやってくれないか。
  妻もお礼を言いたがっている」
えー。
病院かー。
なんか変な病気をうつされそうでコワイ。
・・・・とは言えないので
迷惑をかけたくないから遠慮しますと断った。
 「じゃあ、かわりに僕の実家においでよ」
と家に案内してくれた。

ムコイ

土と藁とトタンでできた家に
おじいさんとおばあさんと
子どもがうじゃうじゃ住む村だった。
ムコイの両親は孫が助かったことを喜んで
 「ここに泊まっていいんだよ、1週間でも泊まっていいよ」
と言ってくれた。

それを素直に受け取れず
・・・私はいったいどれだけボラれたんだろう?
と考えてしまう自分が情けなかった。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| タンザニア | 18:21 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT