| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

笑う岩たち…ジンバブエのバランシング・ロック

有名な観光名所であり
その国のお札の絵柄にもなっている。
なのに観光客からは 
 「こんなんで入場料とるなよ!」
っていわれてる。
・・・あんまり評判悪いから、行ってみることにした。
ジンバブエのバランシング・ロック。

首都ハラレからバスに乗る。
9人乗りのワゴン車に20人、ぎゅうぎゅう詰めに押し込まれて乗る。
都会をぬけだししばらく走ると、岩だらけの草原が広がっていた。

 「バランシング・ロック!」

隣席のおばさんが嬉しげに、お札の絵と岩を交互に指差して微笑んだ。
・・・あ、ここなの?
降ります降ります。

で、バス降りてもなんにもない。
畑と、草原が広がってるだけ。
そして岩がゴロゴロしてるだけ。
ただよく見ると、草原の一部が金網で囲われていて
そこにゲートらしきものが設えてあった。

 「入場料:10ドル」

 「こんなんで10ドルもとるなよ!」

金網の内も外も同じ景色。
どう違うのかわからない。
金網をくぐるだけで10ドルは高すぎではないだろうか。

だけどせっかくだから入ってみた。

バランシングロック2

バランシング・ロックはその名のとおり
いくつもの岩が積みかさなり、不思議なバランスを保ってる。
卵のようなもの。
キノコのようなもの。
冗談みたいにきわどいバランスで崩れずに立っているもの。
まるで巨人の積み木だ。

でも、まあ、岩は・・・岩だ。
金網の外にも同じ景色が広がっているし
ここまでくる道中にもたくさん似たような景色をみた。
とくに美しい景色ではない。

バランシングロック1

そのとき、雨がやんだ。
3月のジンバブエは雨季で、毎日ずっと雨ばかりだったから、それは奇跡に近い幸運だった。
青空がひろがると、そこはすばらしい場所になった。

丈の高い草たちに囲まれ、巨大な岩たちは沈黙をつづけている。
花たちも静かに揺れている。
鳥たちだけがぺちゃくちゃといろんな声でおしゃべりをしている。

空は真っ青で、動きの早い白雲が流れていく。
観光客は誰もいない。
私ひとりだ。
私ひとりでここに立ってる。

岩が、笑っていた。

笑う岩

あんまり気持ちがよかったので昼寝をすることにした。
岩床にごろりと横になる。
目をつぶる。
お日様がまぶしいので帽子をかぶる。
聞こえてくるのは小鳥のおしゃべり、鶏の時をつくるこえ、それから遠くに人々の話し声。
なんだかしらないけど、ジンバブエって最高だ。

バランシングロク3

岩は静かに笑っていた。

| ジンバブエ | 12:34 | comments:5 | TOP↑

≫ EDIT

どないやねん!笑えるけどでもちょっと大変なアフリカのバス旅

ジンバンブエ、ザンビア、タンザニアでは長距離バスをつかった。
楽しい楽しいバスの旅。
だけどもアフリカのバスってやつは・・・。

1、発車時間になっても絶対に発車しない。
インドなどでもそうだが
 「満員になるまで動かさない」
という鉄の掟が存在するからだ。
念のために言っておくが「満席」ではない。
「満員」になるのを待つ。
ラッシュ並みの混雑が「定員」だ。
始発駅で乗客をぎゅうぎゅうに詰め込むまで、バスは決して動かない。

「満員待ち」で2、3時間も出発が遅れたことがあった。
その間、エンジンはふかしっぱなし。
もったいないなあと思っていたら
出発するより先にガソリンが切れた。
 「ごめん、これ動かない。違うバスに乗って」
・・・どないやねん!

2、動き出してもすぐ停まる。
バス停はなく、ヒッチハイクが基本。
ヒッチハイカーが現れるたびに停まる。
頻繁に停まる。
10メートルおきに停まる。
しまいに乗客が怒り出して運転手とケンカを始める。
 「いいかげんにちゃんと走れよ! 日が暮れるぞ!」
 「こっちは商売なんだ、黙ってろ!」
つかみあいのケンカが始まる。
おかげでバスはいっこうに動かない。
・・・だから君達さー。

アフリカン・バスからの景色
(バスからの眺め。サバンナでも雨季は緑がいっぱい)

3、恐ろしいほど故障する。
アフリカでバスに乗ったら、毎回、かならず、途中で停まる。
理由はわからない。
 「なんか壊れた」
って言われるだけ。
直るまでぼーっと待たされる。
何時間でも待たされる。
それでも直らない。
仕方がないから、別のバスか車かトラックが通りかかるのを待つ。
町中ならヒッチハイクも簡単だけど
サバンナのど真ん中でもバスは遠慮なく故障する
野生動物がうろうろするサバンナだ。
ライオンだっているかもしれない。
夜のサバンナでバスが停まっちゃったら
火を焚きながら次のバスが通りかかるのを待つそうだ。
アフリカで出会ったバックパッカーはだいたいみんな「サバンナ野宿」の経験があって、私の乗ったバスは町中でしか停まらなかったと話すと
 「奇跡だ!」
と言われた。
 「・・・だけど、エチオピアはもっとひどいよ?」
 「そうそう、エチオピアはキツいよ~」
これを聞いてエチオピアではバス旅はするまいと心に決めた。

アフリカのバスに乗ってみたい方も、
ちょっと遠慮したい方も
とりあえずピンポーン!と押してください。お願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ジンバブエ | 12:00 | comments:7 | TOP↑

≫ EDIT

儲かった!?路上で賭博「カップ・アンド・ボール」

皆さんは「カップ・アンド・ボール」をご存知だろうか。
日本では手品として知られている。
コップを3つテーブルに伏せ、
その中のひとつに小さなボールを入れる。
ぐるぐるとコップの位置を変え
 「さあ、ボールはどこだ?」
と問いかける。
コップを全部開いてみると、不思議なことにボールは消えている、というもの。

ジンバブエはこれが賭博として行われていた。
手品みたいに消えたりせず、ボールがどのコップに入っているかを当てるゲームだ。
路上にずらりと並んだ屋台のなかで、この賭博テーブルがいちばん繁盛していた。
買い物帰りのおばさんや若い兄ちゃんたちが、真剣な表情でカップの動きを見つめている。

ところが・・・驚いた。
コップの動きがあまりにも
あまりにも
あまりにも
あまりにも!
遅い。
なのに、なぜか、みんな当たらない。
コップの動きを見切れなくて間違ってばかりいる。
どういうことだろう?
こんなの簡単なのに・・・。

私は賭けごとはやらない主義だけど、
隣りにいたおじさんに答えを教えてあげた。
 「右だよ」
当たった。
次も当たり。
その次も、次の次も当たり。
 「おいおい、君、すごいな」
まわりがざわめきだした。
 「魔法使いじゃないのか?」
いや・・・
当たらないほうが不思議なんですが・・・

戸惑っていたら、同じように観戦していた男が教えてくれた。
 「僕にもコップの動きが完全に見えている。
  僕らと他の人たちとは、目が違うんだよ」
彼はスーツを着ていた。
都会から来た証拠だ。  
都会や日本には動くものがたくさんある。
車、電光掲示板、ゲーム、エスカレーター。
町のすべてがくるくるとせわしなく動いている。
そういうものに目が慣れているからコップの動きを見切ることができるのだろう。
のんびりと暮らす田舎の人とは見える範囲が違うのかもしれない。

ブラワヨの町
(ジンバブエ・ブラワヨのメインストリート。
 by POCKET DIGITAL CAMERA SQ28m )

私の手伝ってあげたおじさんが勝ち続けるので
賭博屋台のオーナーが不機嫌な顔になってきた。
しまいに
 「日本人は口をだすな!」
と言い、おじさんがそれに反論し、揉め事に発展しようとしたそのとき
 「警察だ!」
誰かが怒鳴った。
おまわりさんが走ってくる。
違法賭博を取り締まりにきたのだ。
テーブルは一瞬で畳まれ、客は蜘蛛の子を散らすように逃げていった。
正解を教えてあげたおじさんは去り際に、
 「分け前だ」
と10ドル札を1枚くれた。

後日、イタリアのナポリでも同じ賭博を見かけた。
だけどそれは完全にイカサマだった。
客が金を賭けてから、こっそりボールの位置を変えるのだ。
あれでは勝てるわけがない。

どちらにしても、賭け事なんかするもんじゃないと思った。

ラクダに免じて1クリック!お願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ジンバブエ | 12:00 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

挨拶の修行

近頃の子供は挨拶ができない、とよく言われる。
 「おはよう、って声かけても返事をしないのよ!」
大人たちがよく怒ってる。
そういう子はちょっとアフリカに行って
挨拶の修行をしてみればいいと思う。

旅をしていると
全く見知らぬ地元民から
 「やあ!」
 「調子はどう!?」
と毎日のように声をかけられるのだけれど
アフリカでは毎日どころか
通りすがりの人が全員で挨拶してくる勢いだ。

アフリカで挨拶を無視したらタダでは済まない。
後ろから呼び止められ
 「おい、ジャパニーズ、俺のこと嫌いなのか?
  何か気を悪くしたのなら言ってくれ」
と真顔できかれることになる
下手をするとその質問が
 「俺のことナメてんのか!?」
だったりする。
実際、いいかげんな挨拶を返してしまったせいで
背後から石を投げられたこともあった。
(リアルタイム旅行記:「石、ひとつ」

誤解されたくなかったら挨拶を返すことだ。
 「ジャンボ!」
って声が聞こえたら
瞬時に振り向き、ニッコリ微笑み
 「ジャンボ!」
とこたえる。
反射神経が必用なのである。
2日もあれば、挨拶を返すことが条件反射となるばかりか
目があった人に
 「おはよう!」
と言えるようになる。

アフリカは、旅人に挨拶の修行をさせてくれる。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ジンバブエ | 11:29 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ジンバブエ・ザンビア写真

写真つづけて載せます。

町のオシャレな美容院

オシャレな美容院 マシンゴ/ジンバブエ

≫ Read More

| ジンバブエ | 16:54 | comments:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT