| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カッコいいコンドルを目指して

南米ペルー。
プーノという町に着いて、宿の付近を散策していたときのことだ。
同じ宿のN尾さんが小さな看板を見つけた。
 『El Mirador(展望台) 700m』
展望台。
いい響きじゃないか。
プーノはティティカカ湖沿いの町だから、きっとすばらしい景色が見られるに違いない。
即座に
 「行ってみよう!」
ということになった。
 「700mなら、すぐそこだ!」

・・・すぐ、そこ。
そう、思ったのに。
とんでもなかった。

この700mは平地じゃなかった。
700のうち200が上り坂。
あとの500は、なんと階段だったのだ。
果てしなくつづく階段!

これが普通の場所ならまだしも、プーノの標高は3800m。
富士山よりも高い。
下手をすると高山病にかかってしまう。
いちおう高地順応はできているものの、階段をのぼりだしてすぐ息が切れた。
体が重い。
膝がガクガクと笑う。
まわりの景色なんか見てる余裕はぜんぜんなかった。

そんな私を尻目にN尾さんはすたすたとのぼってゆく。
私よりずっと年上だけど、ずっと健脚なのだ。
情けなかった。
悔しかった。
追いつきたかったけど体がキツくてそれどころじゃない。
次の一段をのぼるだけで精一杯だ。
のぼっても。
のぼっても。
また階段。
ようやくのぼりきったかと思ったらまだ上があって
 「もうダメです」
と弱音を吐いた。

私はここまで一度もうしろを振り向かなかった。
背後には青いティティカカ湖がひろがっているのがわかっていたからだ。
どうせなら、頂上ではじめて振り返り、絶景に感動してみたいと思っていた。
でもダメだった。
もうダメだった。
これ以上足が上がらない。
ここまでのぼったんだから、もういいや。
てっぺんじゃないけど、きっとここからでも良い景色が見えるだろう。

振り返りかけたそのとき。
ちょっと先をのぼっていたN尾さんが
 「頂上にはコンドルがあるよ。
  なんかカッコいいなあ」
と言った。
はるかな丘の頂上を仰ぎ見れば、大きなコンドルの像が翼を広げている。

たしかに、カッコいい!
あれを近くで見てみたい!

それで頑張ることにした。
ゆっくりゆっくり。
休み休み。
でもあきらめずにのぼっていった。
カッコいいコンドル君に会うために。

最後のほうはずっと後頭部がピリピリしていたから、やっぱり酸素が足りてなかったんだろう。
それでも、へたばりながらでも。
てっぺんまで上りきった。
 「やったー!」
思わず叫んだ。

ついに頂上!
ついに対面!

カッコいい、コンドル!

プーノのコンドル

・・・・・・。

遠目にはあんなにカッコよく見えたのに。
私はこんなヤツのために頑張ってのぼったのか。
そう思うと笑いが止まらなかった。

ペルーもなかなかやってくれる国であった。

真のご褒美は、標高3987mからの眺め。
ティティカカ湖とプーノの町なみだ。

コンドルの丘より

でもあとでガイドブックを見たら
 『治安の悪い場所なのでタクシーで行くように』
と書いてあった。
そういえば、お巡りさんが要所要所に立ってたわ・・・。
これから行く人、気をつけて。

| ペルー | 10:50 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

またしても、昼間っから・・・危なかった。

あれは、チクライヨを去る直前のできごと。
宿へ帰ろうと急ぎ足で歩いていたら
 「おお、君は!」
通りすがりのおじさんに呼びとめられた。
 「また会えたね、嬉しいよ!」
・・・えーと。
誰?
覚えてない。
しょっちゅう迷子になって
しょっちゅう道を尋ねていたから
そのときお世話になった人なんだろうと思った。
 「どこへ行くんだい? 国に帰るのかい?」
ええまあ。
そんなところ。
 「送っていってあげようか?」
いらないです。
 「そうか、じゃあここでお別れだ。元気でな」
おじさんはにこにこと満面の笑みを浮かべ、ハグをしてきた。
えっ。
と思った次の瞬間、

唇にチューが迫っていた。

私は優柔不断で「ノー」と言えない日本人、
だけど「ボケ」だけは言える関西人だ。

「なにすんねん、ボケぇ!」

瞬時に手のひらで防いだ。
力いっぱい、おっさんの顔面をわしづかみにしてやった。
おっさんの顔がギューッとつぶれてマンガみたいになってた。

 「わっははは、ほんのジョークだよ」
おっさんは笑って去っていった。

結局、あれは初対面のおっさんだったのだと思う。
南米は痴漢が少ないと思って油断してたけど、
こんな昼日中の路上で正面きってくるやつもいるわけだ。
私はもういいかげんおばさんなのだけど、
日本人は若く見られるから困ったもんだ。
というか・・・そういえばこれ前にもあったな(「イタリア男の挨拶」)
くっそー、次は急所に一発くらわせられるよう、空手でも習いにいこうか。

大胆不敵なおっさんをボコりたい気持ちで1クリック!
よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 15:26 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

禿げじゃないもん!

ツアーできていた白人ののおばちゃんたちが
一匹の犬を囲んでしゃべっていた。

 「あらまあ、禿げてるわ、この子」
 「まあひどい」
 「皮膚病じゃないかしら?」
 「日光が強すぎるのよ、ここは」
 「可哀想に!」
 「病院に連れていってあげないと!」


犬 「禿げとらん!!!」

インカ犬

強引なくらい親切なおばちゃんによって病気にされてしまったが。
もちろん、病気ではない。

彼は通称「インカ犬」。
毛のない種類の犬なのだ。

ペルーでも数が減っているらしく
一部地域では
 「博物館では必ずインカ犬を飼うこと」
法律で定められているらしい。
生きた遺物あつかいか。

まっくろで毛がなくて、
パッと見、ぬるりとした印象。
よく見ると、シワシワ。
なんかちょっと怖い。

でも、ひとなつこくておとなしい。
触らせてもらって、驚いた。
あったかい!
体温が高いのだ。
カイロみたい。
もしやインカの抱き枕?
アレルギーで喘息とか起す心配もないし
・・・うちの子と交換したいくらいだ・・・。

インカ犬に触ってみたい方も、ちょっと怖いなって方も、
1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 02:45 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

気の毒な感じのピラミッド ペルー・トゥクメ遺跡

ピラミッドはエジプトだけでなく、世界中にあるといわれている。
メキシコのティティワカンやチチェンイツァー、
インドネシアのボロブドゥールなどがそうだ。

南米のペルーにもピラミッドがあるという。
1000年前のピラミッドが・・・
こんな小さな町にも・・・
ピラミッドが・・・

行ってみたけど見つからない。

どこ?
どこよ、ピラミッド!?

町のひとにきいたら

「あれだよ。あの家の向こうの」

ピラミッド
(by VQ1015 R2)

ええ?
ピラミッド?
あの山が?
手前の廃墟のほうがよっぽど遺跡らしいぞ?


s_R0014884.jpg


なるほど、山のてっぺんに小屋が建ってる。

トゥクメのピラミッド

発掘しているらしい。

遠くから見るとまるきり泥の山だが・・・

近づいてみてもやっぱり泥の山だった。

s_R0014880.jpg

が!
さらに近づいてみると!

泥のはげ落ちた中にレンガが見えた。

ピラミッドブロック

レンガのピラミッドを泥で覆ってるんだ。
この山、ほんとに遺跡なんだ。
ようやく納得がいった。


砂漠の中にそそりたつエジプトのピラミッドや
ジャングルに忽然と姿をあらわすティオティワカンやボロブドゥール遺跡に比べると
なんて地味なピラミッドだろう。
世界屈指の地味さではないだろうか。
なんだか気の毒なほどだ。

この遺跡がつくられたのはモチェ文化といって、
なかなか華やかな時代だったという。
マチュピチュよりもずっと古い。
なのに
残っているのは
どこからどう見ても泥の山という。
トゥクメには26個ものピラミッドがあるというが地味すぎてよく見えない。

トゥクメのピラミッド遠景

昔の人ももうちょっと、演出、考えればよかったのに。


帰国から4カ月たちましたが、いまだブログランキング上位につけています。
皆さんのおかけです!
今日も1クリックありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 15:37 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

リマで猫バカと出会う

朝、大都会リマの片隅で、おもしろい顔の猫さんとあそんでいたら、

 「猫、好きなのかい?
  こっちにたくさんいるよ」

出勤途中のサラリーマンが、わざわざ足を止めて、裏の倉庫に案内してくれた。

リマのねこ

にゃーん。
にゃーん。
にゃーん。

 「ぼくも猫が大好きなんだ~」

おじさんは、とろけたような笑みをうかべた。
この人も相当な猫バカらしい。

旅先で猫好きに出会うと、なんだかほっとする。
そこに言葉はいらなくて
ただ、いっしょに猫を抱き
 「可愛いね」
 「可愛いねえ」
目と目をかわせばほほえみがうまれるから。


リマのねこ2


・・・けれども。
実は私は、猫アレルギー。
ゆうべ寒かったので、うちの猫2匹といっしょに寝たら、喘息でちゃいました。
一睡もできませんでした。
それでも猫が大好きです。
困ったもんだ。

懲りない猫バカに免じて
1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 14:39 | comments:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT