| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イースター島の遺跡

イースターといえば、モアイ。
だがこの島には、モアイ以外にもたくさんの遺跡がある。
私はそのいくつかを訪れた。


ビナプ
ここに残った石壁は見事だ。
ピッタリと組み合わされていて、カミソリの入る隙もない。
ペルーのマチュピチュなどと同じ積み方をされている。
つまりモアイを作った人たちは、インカから来たか、インカ文明と交流があったか、のどちらかだと思う。

ビナプ
(ビナプの石壁 by ViviCam5050)


石壁の近くには、女性のモアイの胴体といわれる石の柱が立っている。
この柱の前に生贄を横たえ、お腹を串刺しにしたのだとか。
思わず顔をしかめるとガイドのクリストフはこう言った。
 「だが彼らは命を尊重しているんだよ。
 いけにえは仰向けにされ空を向いて殺された。
 空には神様がいるからね。
 今はどうだろう?
 車を猛スピードで走らせて命を粗末にしているとしか僕には思えないね」


ラノ・カウ
島の先端、ラノ・カウという火山にはカルデラ湖がある。
無数にわかれた神秘的な湖はいくつもいくつも青い空をうつし、そのむこうには青い海が控えている。
すばらしい景色!

ラノ・カウ
(ラン・カウ by ViviCam5050)


オロンゴ
オロンゴ遺跡は、ラノ・カウの頂上にある。
島の人々はここで儀式を行った。
鳥人儀礼という、競技みたいなものだ。
集落ごとに選ばれた競技者が、断崖から海へとびこみ、1キロ先の小島へ泳いでわたる。
渡り鳥の卵をとってきてバンダナで額に巻き、また泳いで帰ってくる。
一番に帰ってきた者が勝ち、そこの酋長が神の代理になって島をおさめる。

鳥人
(鳥人?マケマケ神?の彫刻。
競技者はむこうに見える島まで泳ぐ)


オロンゴには、儀式のために集まった戦士たちが寝泊りする岩屋がある。

オロンゴ
(復元された岩屋群 by ViviCam5050)

岩屋は、薄い石を積んでつくられている。

オロンゴの岩屋
(オロンゴの岩屋)


ラノ・ララク
モアイをつくりだした石切り場。
モアイって実はめっちゃ長いねん。

作りかけモアイ
(切り出し途中のモアイ)

広大な土地に無数のモアイが林立している。
でも、まともなモアイはひとつもない。
ナナメだったり、倒れていたり、埋もれていたり。
どれも運びかけっぽい。
モアイとして切り出されたものの、途中で放り出されてしまったモアイたちなのだ。
中途半端に傾いてるモアイは、
「祭壇まで行きたかったなあ」
というように海を見つめていた。

ラノララク
(ラノ・ララク)


ミステリアスなイメージの漂うイースター島。
実際に行ってみたら、天国みたいな南の島だ。
あたたかくって美しい。
だけど、やっぱり、謎めいてた。
そしてちょっぴり怖かった。

島の木を伐りすぎて作物ができなくなり、飢餓で人口が激減したとか。
戦争しまくったとか。
あげくに白人がやってきて、奴隷にするため、島民を根こそぎ連れ去ったとか。
イースター島の歴史はかなり恐ろしく悲しいものだ。

作られ、倒され、放置されたモアイたちがもし口をきけたら、一体どんな話をしてくれるのだろうか。

モアイ

| チリ | 11:37 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

世界の果ての博物館

写真整理をしていたら、こんなのが出てきた。
初めてみたらけっこうビックリする。

パタゴニア先住民1

パタゴニア先住民2

パタゴニア先住民3

ここに写っているのは、宇宙人でもウルトラマンでもショッカーでもない。
パタゴニアの先住民だ。
アルゼンチンのウシュアイアにある、
『世界の果て博物館』
に飾られていた、先住民の写真。
たしかヤマナ族。
モンゴロイドだ。
私たちと同じ。

ウシュアイアは南米大陸の最南端の町。
大陸の端っこだ。
この地の先は、もう南極。
冬は極寒だし一年中風がごうごう吹いている。
厳しい、厳しい土地だ。
そこに彼らは住んでいた。
裸んぼうで。
生まれたままの姿で。
自然のままに暮らしていた。
漁をし、狩りをし、木の枝でつくった家に住んだ。
冬には毛皮をまとっていた。

そこに白人がやってきた。
文明をもちこんだ。
神様をもちこんだ。
病気までもちこんだ。
そして彼らは滅ぼされた。
文化は、失われた。

墓標

| アルゼンチン | 16:58 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

なんか怖い壁画

南米の街にはあっちこっちに絵が描いてある。
大都会ブエノスアイレスでは迫力のあるアートがよく見られた。

art.jpg

だけど、一番インパクトがあったのは、この絵。
ボリビアの田舎、炭鉱の町ポトシで見つけた絵。

ポトシの壁画

添えられている言葉はたぶん

「私のことを考えて
 いつでもずっと考えて
 あなたがもう一度愛してくれたなら・・・」

みたいな感じだと思う。
スペイン語わからん。

わからんけど、このお姉さんはとにかく

ポトシの壁画2

怖いねん。

| ボリビア | 20:29 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

エクアドルの首都

エクアドルの首都・キト。

キト看板

赤道直下のくせに、キトは寒い町だった。
標高が高いからだろう。
それに毎日、雨が降っていた。

キト観光の中心は、セントロ・ヒストリコ。
町の中心・・・と呼ぶには小さな広場だ。
ベンチにはお年寄りが、路上には靴磨きの少年たちが、角には物売りのおじさんおばさんが。
大勢の人たちがひしめきあっていた。

広場が狭いせいか、天気が悪いせいか、それとも貧しさのせいか。
キトは、ちょっと窮屈で暗いイメージの町だ。

通り

街角

だけど、キトの人たちは優しかった。
すごくすごく親切だった!

バスを探してうろうろしてたら、おばちゃんが声をかけてくれる。
 「どこ行くの?」
セントロ・ヒストリコです。
 「じゃあこのバスよ、乗って乗って!」
バスの中では、また違うおばちゃんが面倒みてくれる。
バスを降りると、こんどは違うおじちゃんが道を教えてくれる。
 「わからないことがあったら、観光案内所があそこにあるから!」
翌日も、バスターミナルでは何も言わないうちから
 「赤道記念碑へ行くならこっちこっち!」
案内しまくってくれたお兄さんがいた。
あ、そういえば
 「ほれ外国人!あそこの店においしいものがあるから食べておいで!」
と、インディヘナのおばあちゃんに連行されたこともあったなあ。

クイ焼き

クイの丸焼き。
おいしかった。

キトは治安が悪いって聞くけど、幸い、怖いと思うことは一度もなかった。
それどころか常時迷子な私にとって、キトは歩きやすい町だった。

| エクアドル | 10:16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

それどころではない観光地

南米ボリビアでナンバーワンの観光名所・ウユニ塩湖。
公共交通機関がないから、塩湖へ行くにはウユニ発の現地ツアーに入るしかないのだが・・・

町と塩湖のあいだにもうひとつ。
観光地がある。
『列車の墓場』だ。

列車の墓場


廃線の果てに、錆びた列車が捨て置かれてる・・・だけ。
ただそれだけ。

機関車、客車、貨物。
どれも鉄サビで真っ茶色。
古いもので、中には19世紀の車両もあるらしい。
まるで幽霊列車だ。

列車の墓場3

たいてい、みんな登る。
屋根を歩いたり。
車両と車両のあいだを行き来したり。
大人のジャングルジムみたいでちょっと楽しい。

列車の墓場1

荒野にのびる廃線。
地の果てのレール。
ここを歩いて「スタンドバイミーごっこ」をやる奴が一人はでてくる。

列車の墓場2

味のある風景だし、それなりにおもしろい。
・・・だけどな。
実際にはな。
それどころじゃないんだ。

ここへ来るのは「ウユニツアー」。
憧れのウユニ塩湖まであと一歩! というところで直前に立ち寄る。
だから、早く塩湖へ行きたくて行きたくて。
前の晩から眠れないほどワクワクしてるのに。
「はい、ここで20分フリータイムね~」
って、早く塩湖行こうよ!
20分て長いんだよ。
10人中9人の観光客は焦れるんじゃないかと思う。

のんびりくつろいでるドライバーを捕まえて
 「Vamos!(行くぞ!)」
を連呼、さっさと立ち去っちゃうグループもありました。

| ボリビア | 11:29 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT