| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イースター島の遺跡

イースターといえば、モアイ。
だがこの島には、モアイ以外にもたくさんの遺跡がある。
私はそのいくつかを訪れた。


ビナプ
ここに残った石壁は見事だ。
ピッタリと組み合わされていて、カミソリの入る隙もない。
ペルーのマチュピチュなどと同じ積み方をされている。
つまりモアイを作った人たちは、インカから来たか、インカ文明と交流があったか、のどちらかだと思う。

ビナプ
(ビナプの石壁 by ViviCam5050)


石壁の近くには、女性のモアイの胴体といわれる石の柱が立っている。
この柱の前に生贄を横たえ、お腹を串刺しにしたのだとか。
思わず顔をしかめるとガイドのクリストフはこう言った。
 「だが彼らは命を尊重しているんだよ。
 いけにえは仰向けにされ空を向いて殺された。
 空には神様がいるからね。
 今はどうだろう?
 車を猛スピードで走らせて命を粗末にしているとしか僕には思えないね」


ラノ・カウ
島の先端、ラノ・カウという火山にはカルデラ湖がある。
無数にわかれた神秘的な湖はいくつもいくつも青い空をうつし、そのむこうには青い海が控えている。
すばらしい景色!

ラノ・カウ
(ラン・カウ by ViviCam5050)


オロンゴ
オロンゴ遺跡は、ラノ・カウの頂上にある。
島の人々はここで儀式を行った。
鳥人儀礼という、競技みたいなものだ。
集落ごとに選ばれた競技者が、断崖から海へとびこみ、1キロ先の小島へ泳いでわたる。
渡り鳥の卵をとってきてバンダナで額に巻き、また泳いで帰ってくる。
一番に帰ってきた者が勝ち、そこの酋長が神の代理になって島をおさめる。

鳥人
(鳥人?マケマケ神?の彫刻。
競技者はむこうに見える島まで泳ぐ)


オロンゴには、儀式のために集まった戦士たちが寝泊りする岩屋がある。

オロンゴ
(復元された岩屋群 by ViviCam5050)

岩屋は、薄い石を積んでつくられている。

オロンゴの岩屋
(オロンゴの岩屋)


ラノ・ララク
モアイをつくりだした石切り場。
モアイって実はめっちゃ長いねん。

作りかけモアイ
(切り出し途中のモアイ)

広大な土地に無数のモアイが林立している。
でも、まともなモアイはひとつもない。
ナナメだったり、倒れていたり、埋もれていたり。
どれも運びかけっぽい。
モアイとして切り出されたものの、途中で放り出されてしまったモアイたちなのだ。
中途半端に傾いてるモアイは、
「祭壇まで行きたかったなあ」
というように海を見つめていた。

ラノララク
(ラノ・ララク)


ミステリアスなイメージの漂うイースター島。
実際に行ってみたら、天国みたいな南の島だ。
あたたかくって美しい。
だけど、やっぱり、謎めいてた。
そしてちょっぴり怖かった。

島の木を伐りすぎて作物ができなくなり、飢餓で人口が激減したとか。
戦争しまくったとか。
あげくに白人がやってきて、奴隷にするため、島民を根こそぎ連れ去ったとか。
イースター島の歴史はかなり恐ろしく悲しいものだ。

作られ、倒され、放置されたモアイたちがもし口をきけたら、一体どんな話をしてくれるのだろうか。

モアイ

| チリ | 11:37 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

嘘だらけのツアー

 「行くぞ、ウユニ塩湖へ!」

アタカマ村発ウユニ行きのバスを探していると
安価な直行バスのほかに
2泊3日のツアーも催行されていると知った。
四駆のジープでアンデス高地の湖めぐりをしながらウユニへ向かうらしい。

しかし、このツアー。
評判が悪い。
めちゃくちゃ過酷だという。

 「英語がまったく通じない」
 「トイレに行けない」
 「全員が高山病にかかる」
 「食事もロクに出ない」
 「水もない」
 「眠れない」

どんなけやねん。
死んでまうやん。
行ってみたいやん。

早速ツアーを出している旅行代理店を訪れる。
応対したのはえらい調子のいいことばかり言うおっさんだった。
噂について尋ねると、おっさんは豪快に笑った。

 「何を心配してるんだ?
  これはちゃんとしたツアーなんだよ」

以下、おっさんが私に話したことの抜粋。

 ・ジープの運転手は英語がペラペラ
 ・3~4時間ごとに水洗トイレに案内する
 ・標高3千メートルくらいだから高山病にかかることはほとんどない
 ・食事は豪華
 ・ホテルは個室を用意できる

絶対ウソやん。
バレバレやん。
でも、
行ってみたいやん。

旅行会社の壁には近辺の地図が貼ってあり
「標高3千メートル」なんて一目で嘘だとわかってしまう。
私は大笑いした。
おっさんも一緒に大笑いした。
・・・おっさんは何を笑っていたのであろうか。

おもしろそうだから
このツアーに参加することに決めた。


梅雨ダレしている私に書くチカラをください!
ツアーの実態が知りたい方は1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 16:18 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

砂漠の街

墓場の前でバスを降ろされた町、サン・ペドロ・デ・アタカマ。

satakama (1)


アンデスの高地。
チリ・アルゼンチン・ボリビアの3国の境が接するところ。
まわりは見渡すかぎりの砂漠だ。

観光の拠点だけあって
たくさんの宿がならび
メインストリートには旅行会社やレストラン
おびただしい土産物屋に
こじゃれたアイスクリーム屋まである。

なのに。

いい感じに鄙びている。

satakamabulid.jpg


家や塀は日干しレンガでつくられているし
朝夕にはヤギの群れが通る。

satakama (2)


警官が騎馬でパトロールをするのは
ふつうは観光客のためのサービスなのだが
ここではむしろ馬のほうが実用的なのかもしれなくて
どっちだかわからない。

satakama.jpg


立派なサッカーコートもあるが

s_IMG_0013.jpg


練習場は砂漠だった。

satakama4.jpg


この小さな町は夜空がきれいなことでも有名だ。
空気が乾燥しているせいで
星がよく見えるらしい・・・乾季なら。

満天の星を楽しみにしていたのだけど
残念ながら雨季だった。
毎晩毎晩、雨だった。
星を見たはただ一夜だけ。
雲の隙間をびっしりと、明るい星が埋めていた。

星のきれいな砂漠の地、
チリの端っこサン・ペドロ・デ・アタカマ。

・・・ウユニ塩湖を目指す旅は、この町から始まる。


読んでくださる方がいらっしゃるからこそ、書くことができます。
いつもありがとうございます!
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 11:58 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

フラミンゴのキス

 「見てごらん!
  フラミンゴが自分にキスしてるよ」

と誰かが言った。

餌をとる姿が
水鏡にうつる自分にキスしているようだと。


chakusa3.jpg


アタカマ塩湖、チャクサ・ラグーナ。
水中の小さな生き物をねらって
鳥たちがたくさん集まってくる。

天国のように美しい湖で
フラミンゴたちはみんな自分にキスをしていた。


chakusa (1)



1クリックが励みになります!
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 00:40 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

「日本語しってるよ」

観光地では、土産物屋やバスの運転手が
客の気を引こうとして
カタコトの日本語で呼びかけてくることがよくある。
昔は
 「バザールでござーる」
なんかが流行っていたし
 「もうかりまっか?」
 「ぼちぼちでんな」
のかけあいをやらされることもあれば
道端から
 「トヨタ!」
 「キムラタクヤ!」
固有名詞で声をかけられたりする。
すれちがいざまに突然
 「ワザアリ!」
と叫ばれるとびっくりする。
そういえば、ウズベキスタンで私はずっと
 「おしん」
という名で呼ばれていたっけ。

アタカマ砂漠でも
 「あんた日本人だろう?
  俺、日本語ひとつ知ってるんだ。
  聞いてくれる?」
と男が寄ってきた。
アホなことを言って客を笑わせるのがうまい、陽気な奴だった。
どうせまたアホな冗談に違いないと思ったが
一応聞いてあげよう。
すると・・・彼は言った。

 「オナカガ、イタイ!
  スゴクイタイ!」

お腹が痛い。
すごく痛い。

いつかどこかの日本人旅行者が
食中りで叫んでいたのを覚えたらしい。

男は「オナカガイタイ」をくりかえしながら
二つ折れになって笑っていた。
そして英語でこう付け加えた。
 「君も、何かおもしろい日本語を教えてよ!」

・・・いったい何を教えてやるべきだったのだろう・・・。


私はそのときはお腹は痛くありませんでしたが。
今日も1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 23:06 | comments:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT