| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナポリを見て

 『ナポリを見て死ね』
って言葉がある。
これはもちろん
 「死ぬまでに一度は美しいナポリを見ておけ」
という意味。
たぶん。
だから2010年にイタリアを訪れたとき、ちょっとわくわくしてた。
アフリカから北上するに従って、町はだんだんとキレイに清潔になっていったから、ナポリまで来るとどんなに美しいだろうかと。

でもなんか、違った。
想像と違った。
街並みはたしかに美しいのだけれど・・・

ナポリの町

街路は、ゴミだらけだった。
ビニールや空き缶や紙屑が路上に散乱。
雨が降るとプカプカ浮いて流れてくる。
ところどころに巨大な三角錐をしたゴミの山ができている。
崩れてきたらどうしようって思う。
しかも臭う。
ナポリの裏町は、エジプトの裏町とよく似ていた。

これは移民が多いからだと思う。
ナポリから地中海をわたればすぐアフリカだ。
仕事を求めてイタリアへ来る人が多いんだろう。
港に近づけば近づくほどアフリカ人の割合は増え、極彩色の民族衣装を着た人や、太鼓を叩いている人にもたくさん出会う。
そしてアフリカから来たばかりの彼らの中には、「ゴミはゴミ箱へ」っていう習慣を知らない人がいるから、ナポリの裏通りはイタリアというよりカイロみたいになるのだった。

ハーバー

だけど私は、ナポリが好きだ。
ゴミだらけだった。
治安も悪かった。
だけど、だからこそ落ち着けた。
ヨーロッパの気取った雰囲気がなく、中国人もたくさんいたから、入っていきやすかった。
私もここにいていいんだって思えた。

ナポリ湾

・・・でもこのあいだ、ナポリでゴキブリが大量発生した、ってニュースを見た。

| イタリア | 12:09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

トイレの看板

旅してるとき・・・
移動してても
観光してても
おしゃべりしてても
おいしいゴハンを食べていても
いつでも、常に、気にかけていることがある。

それは、トイレの在り処。

お腹のゆるい私にとって、トイレ問題は最重要。
今、急に「うっ!」ってなったらどうすればいいか?
どこに駆け込めるか?
誰に助けを求めるか?
隠すものと拭くものはあるのか?

私の旅はトイレの旅だ。
トイレ探しの旅なのだ。

だから、こういう看板を見つけると、すごく、ほっとする。

ナポリのトイレの看板

「トイレここ!」

| イタリア | 20:36 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

マルタ島の「青の洞窟」

カプリ島にある「青の洞窟」は超有名な観光地。
旅行好きならみんな知ってる。
だが、マルタ島の「青の洞窟」は、カプリ島のものほど知られていないように思う。
カプリ島はイタリア語だからGrotta Azzurra、
マルタ共和国は英語圏だからBlue Grottoと呼ばれている。

観光案内所で行き方を聞いた。
ヴァレッタの町からバスに乗る。
20分と書いてるブログもあったけど私は45分もかかった。
なんでかはわからない。

マルタのバス

2010年の旅ではレトロ可愛いバスだったけど、現在は新型車両に変わってしまったそうで。
むっちゃ残念。
「降ります」のピンポンもなくて、ヒモを引っ張って鈴を鳴らすのが楽しかったのになあ。

多くの国がそうであるように、マルタ島でもバスの案内なんかは全然なくて、いつもどこで降りたらいいかわからない。
だけど、青の洞窟は観光地なせいか
 「次はブルー・グロッタだよ!」
運転手さんが大声で教えてくれた。
バス停から坂道をどんどん降りていくと土産物屋のならぶ通りがあり、その一番奥にチケット売り場があった。
岩場にはすでに小さなボートが待機している。
乗客が集まれば出発だ。
ぜんぜん待たずにすぐ乗れた。
・・・というのも。
ボートはすでに満員だったのに
 「あんた一人かい? ちっこいから乗れるだろう」
と、押し込まれたからだ。
定員オーバーのため私だけライフジャケットもナシだった。
 「落ちたら拾ってよね」
と言っておいてから乗った。

マルタのブルーグロッタ1
(この洞窟に入る)

同じ「青の洞窟」でも、カプリ島のものとはずいぶん趣が違う。
カプリのはほんとうに小さな入り口から真っ暗な洞窟へ入っていくため、
 「暗闇で青い水が光ってる!」
とびっくりする。
衝撃を受ける。

一方、マルタの洞窟は開放的。
入り口が広くてかなり明るい。
部分的に緑色に光ってる感じ。
だけど洞窟はたくさんまわってくれるし、水は青いし、美しいことには間違いない。

マルタ島の青

マルタ島の青の洞窟。
カプリ島に比べて、安い、混まない、入りやすい。
はっきり言って、穴場です。

| マルタ | 10:43 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アマルフィ・白い路地の町

海辺の町アマルフィ。
roadamalfi.jpg

強い光が色濃い影をうみだし
真っ青な海と白壁のコントラストがまぶしい町だ。

roadamalfi (1)

上の2枚はViviCam5050を使用。
光の強い所では、色のきついViviCamが絶好調だ。

・・・そこを敢えて、ポケデジSQ28mで撮ってみました。

≫ Read More

| イタリア | 11:28 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ヨーロッパのチョコレート

私は大の旅好きでチョコ好きだが
よく
 「外国のチョコなんておいしくないでしょ?」
と言われる。
うん、まあ、そうだ。
食べ物のおいしさはその国の豊かさに比例する場合が多くて
スイーツも例外ではないと思うのだ。
エチオピアのチョコは酷かった。
どこでも売られていたのがキャドバリー、そしてネスレのチョコレート。
デリーの砂埃にまみれた店先で、どろどろになったキャドバリーが売られていたなあ。

ヨーロッパでも毎日チョコを食べていた。
ブルガリアのスーパーで買ったチョコはこんな感じ。
『ミルカ』の板チョコはルーマニアでもたくさん並んでいた。
ドイツかどっかのメーカーだと思う。
あんまり好きじゃない。
ブルガリアのチョコ
水色のチョコは・・・まずかった。

そしてイタリア。

イタリアのチョコ
イタリアのチョコ

ここまでくるとさすがにウマイ!
さすがイタリア!
と、言いたいところだが、どこの国の商品なのかは不明。

最後に、今回の旅で買ったチョコのなかで
一番高級だったのが、これ。
ウィーンの『デメル』だ!

ウィーンのチョコ

デメル(本店?)を見つけて嬉しくて
店に足を踏み入れたものの
値段の高さにおののいて
結局、買えたのはこの板チョコ1枚きりだった。
そのあと、空調のこわれた列車の中で
凍えた身体をあたためるためにこのチョコを食べた。
あの店のすばらしい香りを思い出しながら。
さすがに繊細でまろやかなチョコだった。
寒くて寂しい列車の旅で、幸せになれた一瞬だった。

私には夢がある。
いつかもうちょっとお金持ちになって
スイスやベルギーへ行って
 「チョコレート食べ歩き三昧」
をやることだ。
そして「世界一おいしくて案外安いチョコレート」を見つけることだ!(高級商品はムリ)

願い続ければ、いつか夢は叶うのだろうか・・・。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓ 今年もクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ヨーロッパ | 23:21 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT