| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅行中の「壁ドン」体験(その2)

前にもどこかで書いた話だけれど。
10年ほど前、インド・コルカタ(カルカッタ)でのできごと。

コルカタの街角
(コルカタの街角)

ヤギの生贄で有名な、カーリー寺院(だったと思う)を訪れた。
私はひとりで見学したかったのに、おっさんが自動的について来た。
英語のうまいおっさんだった。
頼んでもいないのに勝手に案内を始め、勝手にぺらぺらと説明をしてくれる。
よくある『勝手にガイド商法』だと思った。
勝手にしゃべってたくせに帰り際に
 「ガイド代を払え」
といってくる手口。
相手をしなければ大丈夫。

でもちょっと違った。
帰り際、おっさんはガイド料ではなく
 「お布施を出せ」
といいだした。
渋っているとおもむろにノートを取り出した。
 「見ろ。ここを訪れた外国人はみんな寄付金をだしている、もちろん日本人もだ」
アメリカ人。ドイツ人。韓国人。日本人。
いろいろな国の旅行者がいろいろな筆跡で、いろいろな通貨を記していた。
だいたい5千円~8万円だった。
 「8万て!アホちゃうか!?」
思わず笑ってしまった。
 「払うわけないやん!」

おっさんの顔つきが変わった。
周りにいた男の人たちがおもむろに立ち上がった。
あれよあれよという間に、私は4人のインド人男に囲まれ、別室へと連れ込まれてしまった。
狭い小部屋では逃げる場所もない。
壁際に追いつめられた。
おっさんの不細工な顔が迫ってくる。
3人の男たちも背後から迫ってくる。
すごく臭かったのを覚えている。
おっさんは、壁に

 ドン!

と手をついて
 「払うのか!払わないのか!」
と迫ってきた。
 「払うかボケ!」
私はおっさんの腕をかいくぐり、男をつきとばして逃げた。
腕をつかまれたけど
 「払わない!払わない!」
と言いつづけたら解放された。
有名な観光地で、ドアのすぐ向こうには大勢の人がいたから、それ以上は追ってこなかった。

これが私の唯一の「壁ドンされた」体験です。

| インド | 11:13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原因は、インドのネットカフェだった

それはインド北部、レーのネットカフェでの出来事。
いつも使っているネットカフェがものすごく混んでいたので
その日は別の店・・・宿の隣りのネットカフェに入った。
よく空いている店だ。
ここは静かでいいなあ、なんて思いながら
いつものようにトイデジをUSBケーブルでPCにつないだ、
・・・その時!

なんか分らん画面が出てきた。

見たこともない英語がいっぱい。

小窓が開いて

 「Yes? NO?」

何のこっちゃ?

だが、選択するヒマもなく画面は勝手にどんどん進んでいく!

謎のプログラムが展開されている模様。

 「何なんだこれアーー!」

全部閉じた!

デジカメのUSBを引っこ抜いた!

・・・でももう、遅かった。

すぐにウィルスチェックしたら「危険度」ってやつが100個くらいでてきた。

さすがIT大国インド。

可愛いポケデジSQ28mは息絶え、マイクロSDはメモリがぶっ飛んで真っ白になってた。

旅も終わりに近かったし、
前日までの画像はハードディスクに移したあとだったんでまあ助かったけど
愛機を失ったのは痛かった。
騙されてボッタクられた2万円より痛かった。
ネットカフェのPCにデジカメをつなぐことは金輪際やめようと誓った。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| インド | 10:19 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

黄金の寺

シク教の聖地・アムリトサル。
池の中央には美しい寺がうかび
たえなる音楽がながれ
宿もゴハンもぜんぶタダ!
まさに極楽でございました。

動画で雰囲気だけ味わってください。

| インド | 22:16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「爆発するぞー!」

デリー発ダラムサラ行きの長距離バスが煙を吹いたことはリアルタイムでも書いた
車体の下から火の手があがり、ガスの臭いが充満し、みんな走って逃げたのだ。
 「爆発するぞ! 逃げろー!」
爆発しなかったけど、かなり怖い経験だった。

煙を吹くバス

代わりのバスが来るのかと思ったら
 「修理できるからこれに乗れ」
と言われた。
怖かったけど、仕方が無いからそれに乗った。
再び動きだしたバスはエアコンは効かなくなっていた。
 「エアコン・バスの料金を払っているなのにエアコンが効かないのはおかしい。
  返金しろ!」
連れのヤリエルさんがかけあってくれて
バス料金は半分以上かえってくることになった。
結果ラッキーである。

だがこのバスは、それだけでは済まなかった。

深夜、突然、バスが停まった。
乗務員が
 「みんな降りろ!
  危険だ!」
全員を叩き起こした。
何がなんだかわからないが、寝ぼけまなこでバスを降りた。
降りたら、わかった。
電線にひっかかっている。

バスの屋根には乗客の荷物がてんこもりに積まれている。
それが低く垂れさがった電線に引っかかってしまったのだ。
・・・先月、インドのどこかでバスが電線に触れて28人が感電死、という恐ろしい事故があったばかりだ。
それを思い出してみんな一瞬沈黙した。

木の枝で電線をもちあげてその場は切り抜けた。
だが、その道はすべての電線が低く垂れているから、村を抜けるまで徒歩でいってくれと告げられた。
 「エアコンバスが普通のバスになり
  とうとう徒歩になっちゃったね」
とヤリエルさんが笑った。

乗客みんなでぞろぞろ歩いた。
民家が軒をつらねる細い道で
家々のすきまにのぞく夜空はたくさんの星で埋まっていた。


***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



| インド | 10:25 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

灼熱のデリーでマハラジャ・バーガー

2010を表す漢字一文字「暑」。
今年の夏は、とびきり暑かった・・・らしい。
 「インド帰りだと日本の暑さなんて感じないよね」
とバックパッカーが言った。
 「あっちは普通に50℃越えだもん」
今回は北の地域ばかり訪れたのだけど
それでも6月のインドは暑かった。

写真は、デリーにある巨大なイスラム寺院。
敷地内では靴を脱ぐしきたりなのだが
地面が炎上しちゃってて、とても歩けたものじゃない。
足の裏を火傷する。
だからみんな走ってた。

灼熱のデリー

私は熱さと暑さですっかりダウン。
観光をあきらめ、行き着く先は

マハラジャ・マック

マクドナルドである。
ファーストフード店がいかに癒しの場であるかは、エジプトでも書いた
インドではその極楽っぷりがさらに顕著であった。

クーラーかかってる!
ウンコが落ちてない!
物乞いがねだりにこない!
詐欺師もこない!
ぼったくられない!
牛だって入ってこない!
インド匂いがあんまりしない!
カレーじゃないものが食べられる!
・・・とにかく素晴らしいの一言だ。

注文したのは念願の「マハラジャ・マック・バーガー」。

マハラジャ・バーガー

チキンソーセージのビッグマックみたいなもの。
ちゃんとインドスパイスが効いていた。

ヒンドゥー教は牛肉がダメで
イスラム教は豚肉がダメ。
だからこれはチキンなのだけど、もともとは羊肉でつくっていたらしい。
ベジタリアンも多いから
ベジ・バーガーなんてのも売っていた。

おいしかったけど、手がよごれちゃった。
 「お手洗いはどこ?」
と店員さんにきいたら
 「こちらです、どうぞ」
と通されたのは、炊事場。
調理場。
調理場の流しで
 「手を洗うんなら、ここ」
って言われた。
レタスとか洗ってる横で。
トイレとか洗面所とか無い感じ。
マクドナルドは極楽だけど、
やっぱりインドだなあってしみじみしたのだった。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| インド | 12:15 | comments:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT