地球の迷子

Categoryシリア 1/6

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

シリアの人々

私がシリアを訪れたのは2010年春のこと。それから1年もしないうちに反政府運動が起こった。戦いは泥沼化し、今日も激しく続いている。反政府運動の中心地・ホムスには観光地にいく途中で立ち寄った。道を渡ろうとしただけで 「どこへ行くの?」と声をかけてくれた若者がいた。バスにのれば隣席の夫婦が 「ハイ、アメちゃんあげよう」とレモンの飴をくれた。バスの運転手は 「ガイジンさんは珍しい」と喜んで、料金をタダにして...

  •  2
  •  -

マズいけど、美味しい

シリアの遺跡を散策していたら 「こっちにおいで!」と呼ばれた。知らない人に呼ばれた。 「外国の人、いっしょにゴハンを食べましょう!」ピクニックをしている家族連れが、招いてくれていた。出してくれたものはホブスという丸いパン、トマトとキュウリのサラダ、そしてこの、フール。シリア料理の定番だ。・・・・・・どうしよう。スプーンを持つ手が固まった。日本人には比較的人気があるといわれるフールやホブスなどのペー...

  •  3
  •  -

死の町

ペトラ遺跡や、パルミラや。シリアは大きな遺跡の多い国だ。日本ではあまり有名ではないけれどびっくりするほような遺跡群もある。大昔の町が丸々のこされているものだ。それも一つや二つではない。5、600はあるという。廃墟となった町はデッドシティと呼ばれている。死の町、だ。(写真はすべてViviCam5050にて撮影)飢饉のせいか。疫病のせいか。町から人が消えた理由は今もわからない。わかっているのは、この町にはもう誰...

  •  4
  •  -

闘うシリア

週末は忙しかったからニュースを読まなかった。シリアでまた大規模なデモが起きたと知ったのは昨日のこと。シリアの。ハマで。死者・・・。ハマは去年おとずれた中でも、大好きな町のひとつ。世界一旅しやすい町のひとつだ。(こんな記事を書いた町だ)大きなものはなんにもなくてただただ、風車がまわってた。絵にかいたようにのどかな田舎だった。おせっかいなくらい親切な人たち。好奇心いっぱいの若者たち。人なつこくて陽気な...

  •  2
  •  -

サボりたい犬

シリアの草原で羊の群れに出会った。羊飼いのおじさんと数匹の犬が群れをまとめていた。一行は木陰でしばらく休んでいたが 「さあ行くぞ」と、羊飼いが立ち上がると犬たちはわんわん吠えながら羊を集めた。だけどその中に1匹だけいつまでも寝てるヤツがいた。うん、わかるよ、そのキモチ。***************************************読んでくれてありがとう。↓サボりたい犬の気持ちが分る方、クリックお願いします。にほんブログ村...

  •  3
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。