FC2ブログ

地球の迷子

Tag食べ物 2/2

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

チリごはん

チリの首都、サンティアゴのおいしいモノたち。朝ごはんによく食べた、揚げパンみたいなスナック。路上で揚げて売っている。あんまり味がないのでマヨネーズ・ケチャップ・マスタードを好きなだけつけて食べる。これとコーヒーで300ペソ、約50円。暑い昼間にはジュースを飲もう。公園で売ってる桃ジュース。ジュース中に桃の実がゴロリとまるごと浮かんでる。・・・うん?桃だけじゃない。このジュース、他にも何か入ってる!底に...

  •  5
  •  -

鼻風邪のアレキパ

風邪をひいた。だいぶひいた。ピサックで雨風にうたれたのが悪かったんだろう。公園のベンチでハナをすすっていると知らないおじちゃんが 「これ使いなさい」スッとティッシュペーパー(実はトイレットペーパー)を差し出してくれた。べつに見苦しいほど流してはいなかったんだがもしかしたら泣いてるように見えたのかも、と後で気がついた。…いや、フラれて泣いてたわけじゃないよ!それは誤解だよ!さて、ここアレキパはグルメの...

  •  3
  •  -

時には、男が羨ましい

女には、長距離バスに乗ってはいけない時がある。いつもなら気合いで乗り越えるところだが今週だけはちょっと嫌。なんといってもここはボリビア、南米の先進国アルゼンチンの麗しいトイレ付きバスとは違うのだ。 「トイレは野外。  休憩は10時間くらいなし。」と聞いてひるんだ。・・・女には、我慢のできない時がある。遠くのサンタクルスはあきらめてちょっとだけ近いラ・パスを目指すことにした。さあ、またバスに乗ろう。...

  •  1
  •  -

陰の首都スクレと市場ごはん

カルナバルが終わった。こんなに嬉しいことはない。ようやく外を出歩ける!金曜に始まったカルナバル。ポトシにいた頃は私もいっしょになって水をかけあい騒いで楽しんでいたがここスクレまで来ると雰囲気が違っていた。小学生が水鉄砲でぱしゃぱしゃ水をかけあうのではなく大人たちが本気になって「水戦争」をしていたのだ。みんなが酔っぱらってハイになり歌って踊って抱き合い誰彼なしにキスをしてキスをしながら襟首に水風船を...

  •  4
  •  -

砂漠の温泉

いまいる土地の名を「アカタマ」だとずっと思い込んでた。アカタマ、アカタマ…赤玉!って。でも実は、アタカマ、だった。アタカマ砂漠。うん、まあ、砂漠だ。木の一本もない。草も生えない。果てしなく何もない。…ように見えるが、ところがここは果てしない観光地でもあり砂漠の間にラグーンだの塩湖だのいろいろそろってるのである。最高なのは、これだ。高度4千メートルを越える砂漠に温泉が!なんて幸せ!湯温はちょっとぬるめ...

  •  3
  •  -

ある夜の子供たち

今日のごはんは、ロクロ。豆とジャガイモのシチューみたいなもの。あんまりおいしくなかった。夜、一人で侘しくビールを飲んでるとおもらいの子が「何かちょうだい」と寄ってきた。何人も。何人も。 そのうち一人が、私のiPod touchに目を止めた。 「これ、ボタンどこにあるの?」ってきくから、タッチパネルを教えてやるとびっくりして 「僕にもやらせて!」とねだる。一人に触らせてやると僕も私もと子供がたくさん集まってきて...

  •  2
  •  -

深夜のパーティー

これが南米の普通なのか!?普通だったらちょっとイヤ。そう思ったのは昨夜のこと。宿の連中が、深夜12時からまさかのどんちゃん騒ぎを始めたのだ。歌うわ踊るはドラム叩くわ。延々と朝6時半まで!朝だよ朝!もう朝!なにメロメロになるまで踊ってんのアンタたち!カラオケとかクラブならまだわかるんだけど宿泊者の半分くらいは寝ようとしているのに(あと半分は参加してるっぽい)その隣で大音声で音楽をかける。さすがってい...

  •  6
  •  -

灼熱のデリーでマハラジャ・バーガー

2010を表す漢字一文字「暑」。今年の夏は、とびきり暑かった・・・らしい。 「インド帰りだと日本の暑さなんて感じないよね」とバックパッカーが言った。 「あっちは普通に50℃越えだもん」今回は北の地域ばかり訪れたのだけどそれでも6月のインドは暑かった。写真は、デリーにある巨大なイスラム寺院。敷地内では靴を脱ぐしきたりなのだが地面が炎上しちゃってて、とても歩けたものじゃない。足の裏を火傷する。だからみんな...

  •  3
  •  -

カフェ・フロリアン

ヨーロッパ文化は興味がない、なんて言っちゃう私だがベネチアは楽しかった。本当に楽しかった。ベネチアはロマンチックな町である。リアルト橋を目にすると、この町を舞台にした小説がいくつも頭によみがえってくる。塩野七海の『ヴェネチアの紋章』。コーネリア・フンケの『泥棒の神様』。それから浅田次郎の『蒼穹の昴』もそうだ。『蒼穹の昴』は、モバイルPCにダウンロードして旅をしながら読んでいた。夜行列車の中や長距離...

  •  4
  •  -

ウィーンで食べる

私なんかがウィーンに何しに来たかと言えばザッハトルテを食べることだった。帰国後ウィーンに行ったことのあるおばさんに言われた。 「行ったの?  ほんとに(あんたみたいな子が)あんなトコ行ったの?  まあ~勇敢ねえ!」ええまあ、雨季のアフリカを歩いてきた靴でホテル・ザッハーでケーキ食べてきましたよ。何か文句ありますか?お店の人は、そりゃもう機械的にケーキとコーヒーを出してくれましたとも。(前に載せたの...

  •  5
  •  -

ルーマニア料理

 「ルーマニア料理の店ならココだ!」宿主のユゲンさんに教えてもらった店でちょっとリッチにディナーを食べた。わかりにくい写真だなあ。上の方にある白いのが、ママリガ。トラディショナルな食べものだそうだ。トウモロコシだがマッシュポテトみたいな感じだった。メインはサルマーレ。ロールキャベツのルーマニアバージョン。たいへん美味しゅうございました。・・・デザートはまずかったけど。******************************...

  •  2
  •  -

ブルガリアのブルガリア ヨーグルト

結論から言おう。ブルガリアのヨーグルトはまずかった。ヨーグルトとかね。チーズとかね。しょっちゅう出てくるんだけどね。めっちゃ旨いわけでもない。上の写真はコプリフシティツァで食べた羊のヨーグルト。癖が強すぎて、ナッツと蜂蜜なしではとても食べられないと思う。サラダにぶっかかってるチーズの量もハンパない。野菜よりむしろチーズのほうが多いサラダとか・・・正直、飽きてくるよね。乳製品好きにはたまらんのかもし...

  •  0
  •  -

イスタンブールの美味しい記録

イスタンブールは3度目だ。ブルーモスクもアヤソフィアも何度も観たからもういいや、ってんでただただひたすら食べていた。毎日まいにち食べていた。左下がキョフテ。小さくてやや硬めのハンバーグだ。キョフテはサンドイッチでもおいしい。公園に屋台がでていた。ハーフ・チキン。これはシリアのほうが美味しかったな。港の軽食は前にも載せた鯖サンドが最高!エミノニュ港に船を寄せて売っている。船がものすごく揺れるんだけど...

  •  3
  •  -

トルコのB級グルメ・クンピル

トルコの屋台フード。若者向けのファストフード。それが「クンピル」だ。クンピルは、まあ、マシュポテトである。基本はジャガイモにチーズを練りこんだもの。ただし、トッピングが凄い。まるでジェラート屋さんみたい。オリーブ、野菜、コーン、ヨーグルト、いろんな豆、ソースにスパイスにピクルス、いちばん手前のはソーセージだ。いくつのせても値段は変わらない。店のひとに 「全乗せする?」ときかれて 「紫色のピクルスは...

  •  4
  •  -

マヨラーな国 シリア

旅は、ごはんだ。半分くらい、本気でそう思う。ごはんの旨くない旅はちょっと寂しい。体調のせいで食べられない時はもっと寂しい。アフリカからヨルダンまでぶっ通しだった下痢がシリアに入るとぴたりと止んだ。よおし!食べるぞ!と、勢いづく私に、シリアは2度目だというEさんがオススメの店を教えてくれた。 「チキンの専門店やねん。  チキン自体はこのへんどこでもおいしいねんけど  その店のガーリックマヨネーズソー...

  •  5
  •  -

エジプトごはん・ターメイヤ

エジプトの定番ローカルフードといえば「コシャリ」。パスタやヒヨコ豆の上にスパイスソースをかけたエジプト丼だが私はどうも好きになれない。「慣れたらおいしいよ!」って言われるけど慣れるまで食べつづけたくもない。代わりによく食べていたのが「ターメイヤ」。豆コロッケだ。道端の店でよく揚げてる。揚げたてのコロッケはそのまま食べてもおいしいけどサンドイッチにしてもらうのが好き。この店ではいっしょに挟む具を選べ...

  •  0
  •  -

ちょっと勘弁してほしい食べ物

No image

ときおり 「どこの国の料理がいちばんマズかった?」と、きかれることがある。旅番組ではどこの国のどんな料理でも 「うん、ちょっと風変わりですが、おいしい!」てなコメントでごまかされてしまうことが多い。もちろんテレビでははっきりマズイとは言えないんだろうけど私は言うぞ。言っちゃうぞ。・・・好みの問題なので怒らないでね。今回の旅で一番、勘弁してほしかったモノ。それは、エチオピアの主食「インジェラ」だ。イ...

  •  3
  •  -

ジンバブエのお弁当

 「アフリカの料理ってどんなの?」とよく聞かれるが、返答に困る。衛生面に不安があったのでなるべく観光客むけの店に入るようにしていたから。ただやっぱりローカルフードのほうが安いので南アフリカの「ボロワーズ」(ミンチとタマネギのホットドッグ)を食べたしタンザニアでは街角で焼いてるバーベキューをかじることもあった。ローカルフードっぽいもので唯一、写真に撮れたのは、これ。ハラレで買ったお弁当。ピンボケひど...

  •  1
  •  -

ダチョウ!

ダチョウの背に乗りたいと思った。昔テレビの 「南アフリカでダチョウに乗る!」というバラエティ番組を見て以来、ずっと憧れていたのだ。私は動物に乗るのが好きで牛やロバやラクダや象や今までいろんな動物のお世話になってきたけど、ダチョウはまだ未経験である。なんでそんなものに乗りたいのだ、と他の旅行者には呆れられたが。だって、ダチョウだよ?走り出しちゃったらきっとスゴいよ!?ところが探してみるとダチョウに乗...

  •  4
  •  -

世界一のピザ

ピザの本場はイタリアだ。イタリアンの本場がナポリだ。つまり、ナポリで一番うまいピザが世界で一番うまいピザ、ということになる。ようやく登場。これが世界一のピッツァ・マルゲリータだ!何軒かめぐったけどこれは「ダ・ミケーレ」だったかな?店を探して角を曲がるとすごい行列ができていたから一目でわかった。順番待ちの紙をもらって番号を呼ばれるまで外で待ってなくちゃいけない。外国人の客も多いようで返事がないと英語...

  •  2
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。