地球の迷子

Tag食べ物 1/2

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

乗鞍岳プチ登山(5)

剣ヶ峰の頂には小さな神社があった。鳥居のむこうの空には雲がわきはじめている。・・・早く帰らねば!この晴天もいつまでもつかわからないしそれになにより遅くなると松本駅前のわさび屋が閉まってしまう!きのう買いそびれた安曇野のわさびを、松本駅前の支店で買う。それが私の使命であった。乗鞍岳はうん、あの、ちょっとした、寄り道?にすぎない。今回の旅のメインは、あくまでも、そばとわさび。わさびを買うためには、閉店...

  •  2
  •  -

弾丸!高知県の旅(10) ウツボの唐揚げとラブレター

桂浜から全速力でとんぼ帰りしても、高知市内にもどってきた時にはもうとっぷり日が暮れていた。観光するには暗すぎる。高知城とか入れない。だが、ひとつだけ見られる観光地があった。高知市内の。有名スポット。観光名所。はりまや橋!えっと、うん、あの、・・・橋です。以上。よくわかんない。この橋はむしろ「がっかり名所」としてのほうが有名らしい。近くの商店街はだいぶひらきなおってる感じだった。(「がっかり名所でご...

  •  2
  •  -

弾丸!高知県の旅(7) 鰹の町の初鰹

土佐久礼・・・高知県高岡郡、中土佐町、久礼。大きな地図で見るわざわざ特急を降りて小さな町へ寄り道したのは、ここへ行きたかったから。大正町市場。端から端までがこれで全部という、ちいさな市場だ。だけどここは正真正銘の漁師町。 「今さっきあがってきたやつ」を売っている。(昼上がりのアオリイカ)魚がぜんぶ、ぴかぴかだ!漁師さんがとった魚を、奥さんが売りさばく。そんな感じ。と、いうことで。私が高知県に来た目...

  •  4
  •  -

たった1日だけの旅(4) ワット・ポーの魅力

宿に荷物をおろしたら。さあ、観光のはじまりだ。でも、そのまえに、ゴハン。そのへんの食堂で麺をすすった。なんのへんてつもない。ふつうの麺。魚醤でちょっと味つけなおしたけど。とくにおいしくもマズくもなかった。・・・もっと良いものたべとけばよかったな。私は、バンコクに来たら最初にやるべきことを決めている。ワット・ポー詣でだ。超観光地で、観光客だらけで、でもなんか楽しくなるお寺。こんなにも金ぴかで、なのに...

  •  5
  •  -

エクアドルの首都

エクアドルの首都・キト。赤道直下のくせに、キトは寒い町だった。標高が高いからだろう。それに毎日、雨が降っていた。キト観光の中心は、セントロ・ヒストリコ。町の中心・・・と呼ぶには小さな広場だ。ベンチにはお年寄りが、路上には靴磨きの少年たちが、角には物売りのおじさんおばさんが。大勢の人たちがひしめきあっていた。広場が狭いせいか、天気が悪いせいか、それとも貧しさのせいか。キトは、ちょっと窮屈で暗いイメー...

  •  0
  •  -

本場宮崎のチキン南蛮!

何年前からだろう? 「宮崎へ行きたい」と言い出したのは。思い出せないほど昔から、毎年毎年、しつこいくらい言い続けてきた。 「宮崎へ行ってチキン南蛮を食べたい」と。揚げたチキンを甘酢で食べるチキン南蛮」は私の大好物で、本場の味に憧れた。でもまあ、国内は、その気になったらいつでも行けるから。これまでずっと後回しにしてきた。だけど去年は東日本大震災があって。国内でも何があるかわからない。行きたい所は行け...

  •  2
  •  -

普通電車で九州へ(1)三田~小倉

電車に乗りたい。どこまでも、どこまでも。電車に乗っていきたい。それだけの理由で青春18きっぷを買った。「1日2300円でJR乗り放題、ただし普通電車のみ」というチケットだ。目的地は宮崎のチキン南蛮の店に定めた。もちろん一人旅・・・の、予定だったのだけど。 「どこ行くの?」職場のTさんに聞かれた。九州です。宮崎まで。 「ええなー、私も行くわ。連れてってー」いや、普通電車ですよ?めっちゃ遠いんですよ?...

  •  3
  •  -

ラップランドで食べたモノ

私は食べることが大好きだ。食べることを我慢するくらいなら旅行する意味がないとさえ考えている。だけど・・・。さすがに北欧はひとあじ違った。今までの旅行とちょっと違った。レストランの値段表をみたら食欲が失せた。高ーーー!貧乏性な私たちを救ってくれたのは、スーパーマーケットだった。庶民の味方・お惣菜売り場!メインとサラダで4~5ユーロ。イートイン・スペースで食べてもいいし、テイクアウトも可能。しかもおい...

  •  7
  •  -

おいしいセビッチェを食べながら

ツアー車に乗せてくれたガイドの兄ちゃんが、 「このあと食事に行くんだけど、君も一緒にどう?」と誘ってくれた。ドライバーさんたちも一緒に行くもんだと思ってたら兄ちゃん一人だけだった。・・・うーむ。まあ、タダで車に乗せてもらったし。ゴハン付き合うだけなら。ってことで兄ちゃんと2人で食堂ランチ。ぷりっぷりのタコとぷりぷりのエビのセビッチェ。セビッチェとはシーフードマリネのことだと思ってたけどこれはほとん...

  •  4
  •  -

青い海を眺めながら、おいしいカニを食す

ガラパゴスで一度だけ豪華な料理を食べようと観光客むけレストランに入った。見晴らしのいいレストランで、海とアシカと、アシカとアシカとアシカが見えた。なんか生臭い匂いが漂ってきた。注文したのは、ミックスフライ。エビと。魚と。それから・・・カニだー! やったー! 「おいしそう!」って感動してたら 「生きてるやつを見せてあげるよ」店員さんがちょっと海辺へ出ていって一匹つかまえてきてくれた。 「これだよ!」...

  •  3
  •  -

炭火でお肉を…お洒落な屋台

サン・クリストバル島でランチを探す。地元民の集まる屋台に行ってみたんだけどなんか不思議にお洒落なの。今までの屋台と一味違うよ!?ナイフとか出てきたよ!?・・・プラスチックのナイフって、ものすごく切れないんだけどね・・・。メニューは、ポーク、チキン、魚の3種類。網と炭火で焼いてくれる。私が選んだのはポーク。なんて香ばしい!炭焼きだから匂いが最高。めっちゃおいしかった!付け合せは、ライスと豆と、焼きバ...

  •  3
  •  -

庶民派食堂で昼ごはん

イサベラ島のお昼時。お腹ががすいたなって思いながら店を探していると通りすがりの自転車のおじちゃんが 「ここおいしいよ!」って教えてくれた。島民でにぎわっている庶民派食堂だ。こういう食堂にはよくあるんだけど、メニューが日替わりランチの1種類しかない。スープは、ソウメンみたいな細い麺のクリームスープ。ほんのり甘くてすごくおいしい!ジャガイモとタマネギも入ってる。バターライスもなかなかうまい。ただ、とな...

  •  4
  •  -

珍味? 謎のフルーツ、もしくは巨大なサヤエンドウ

ペルーの市場で「なんかでかいやつ」を見つけた。なんか・・・でっかい・・・サヤエンドウ?(by VQ1015 R2)実はこれ、ボリビアからずっと気になっていた。どうやって食べるのかと思っていたところ「生で食べられるよ! おいしいよ!」八百屋のおっちゃんにすすめられて、ひとつ買ってみた。一見、サヤエンドウっぽいのにベンチを横断しちゃうこのデカさ!どんなにデカい豆が入ってるんだろう?皮は分厚いが、背中の裂け目からパ...

  •  6
  •  -

レストランで食べるおいしいペルー料理

旅行中にレストランで食事をすると言うとバックパッカー的には 「リッチだねえ!」 「贅沢!」って言われたりする。たしかにツーリスト向けの高い店もあるけどね。でも食べ物のおいしい町でお金を節約するなんてこと、私にはまず無理。不可能。旅に出ておいしいものを食べないなんて 「何しに来たの?」って思う。ペルーでは肉より魚がおいしかった。最初に食べたのはチチカカ湖の名物「トゥルーチャ」だ。マスである。焼いた鱒...

  •  4
  •  -

アンデス山岳民族のちょっと怖い料理

No image

美食の町アレキパで見覚えのある人影を見つけた。私は迷わず店に入って声をかけた。 「N尾さーん!」以前にも書いた、旅仲間のN尾さん。ルートがかぶってるため行く先々でお会いする。このときN尾さんは、レストランでお昼ごはんを食べようとしていた。 「ちょうど今ね、注文したところなんですよ。  クイ・チャクタードを!」クイはアレキパの名物料理として有名だが私はまだ食べたことがない。味見させてもらっていいです...

  •  6
  •  -

見た目はアレだけど美味しいもの

トゲトゲのボコボコのあんまり可愛くない実をつける。なのに甘くて汁気がたっぷり。日本の柿にもちょっぴり似てる。・・・サボテンの実。(トイデジで撮ると極彩色になった…by ViviCam5050)果物も。人間も。また同じ。見た目はアレでも、中身はぎゅっとつまってる。外見に騙されちゃいけないもんだ。「人間は見かけじゃない、 中身で勝負だ!」ってよくいうけど中身スカスカな私はどうすればいいんでしょう。慰めの1クリックよろ...

  •  3
  •  -

リャマとアルパカの見分け方

アンデスでしょっちゅう見かける、リャマとアルパカ。どちらもラクダの仲間でどちらもその毛を利用する。大事な家畜だ。遠目にはよく似ている、リャマとアルパカの違いってなんだろう?(山頂で観光客相手に商売しているおばちゃん)N尾さんは経験に基づいてこう教えてくれた。 「おとなしくて可愛いほうがアルパカで  怒ってツバを吐きかけてくるほうがリャマ」(可愛いほう) (ツバかけてくるほう ×2)えー。あのー。ツ...

  •  3
  •  -

ボリビアのおいしいスープ

ボリビアはスープのおいしい国だった。暗い照明、ガタガタのテーブル、ぶっきらぼうで怖い店員さん。あまり清潔とはいえないけど地元民で満員の店は絶対においしい。(画像が粗いのはiPod touchのせい。)これはラ・パスのチキン専門店のスープ。絶妙なクリームスープに入っているのは大きなチキン、まるごとジャガイモ、違う種類のイモ、ネギなどの薬味たっぷり、それからウズラ卵!ダシがきいてて、でもアッサリしてて、たまらん...

  •  6
  •  -

路上ごはんを求めて in ポトシ

ウユニを出て、次の町ポトシに到着したのは午後3時。お昼ごはんを食べそびれてむちゃくちゃお腹が空いていた。だが、近所の食堂はみんな閉まっている。間の悪いことにカルナバルが始まったせいだ。私は食べ物を求めて町じゅうを彷徨った。何か食べるものはないか?何か。何か。何かーーー!・・・これ、何?フルーツゼリーだった。『駄菓子屋さん』の味のするゼリー。でっかい綿帽子みたいなのは、クリームじゃなくて、泡だったか...

  •  5
  •  -

アルゼンチンの肉肉しい話

アルゼンチンは牛肉の産地。人より牛のほうが多いといわれる国だ。 「アルゼンチンに来たのなら、ステーキは絶対に食べておけ」と言われた。レストランへ行ってみれば、雑巾のようにでっかい肉を網の上でガンガン焼いているのが見える。ステーキというより焼肉感覚だろうか。アサードと呼ばれるステーキは何度か食べたけど食べるのに必死で写真ほとんど撮ってない・・・。(この写真はチリの店)レストランでは必ず食べきれないほ...

  •  7
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。