≫ EDIT

ぎゃあーーーーーーー!

今日の話は・・・ホラーです。
怖いです。
少なくとも、一部の人々にとっては、めっちゃ怖い話です。
そのつもりでお読みください。


イサベラ島からサン・クリストバル島に渡ってすぐ。
宿に入ったときのこと。

部屋を決め、やれやれと一息ついた。
ベッドの上に荷物をおろし
バックパックを倒して、開けた。
開けたら。
中から。
黒い
でっかい
ツヤツヤした虫が、出てきた。
日本のより一回り大きくて細長い。
だけど、長い触角をひくひくさせたり、カソコソ動くのはまったく同じで、

ぎゃあーーーーーーー!

ゴキブリだーーーーー!

絶叫しながら考えた。
 「これはまずい」
と。
 「私はイサベラ島のゴキブリをバックパックに入れて持ってきてしまった」
と。

ガラパゴスはどの島でも、動植物の持ち込みはいっさい禁止されている。
外界から異種を持ち込めば、
その島の固有種を絶滅させるおそれがあるからだ。
だから、ゴキブリの持込みはとってもマズイ。

私は自分で責任をとらねばならないと思った。
手近にあったパンフレットか何かを丸めて攻撃に出た。

バンバンバンバン!
叩きまくる私!
逃げるゴキ!
走るゴキ!
必死の形相で追いかける私!
ゴキブリがベッドサイドから壁にとびうつったところをバシン!
会心の一撃!
ゴキはベッドと壁の狭間に落ちていった。
・・・勝った・・・。

勝利を祝して1クリック!→にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村

冷静になってから考えた。

ゴキブリはどうして、いつ入ってきたのだろうと。
食べ物はいっさいバックパックに入っていない。
島間移動には検疫があって、
検査官がバックパックの奥深くまで手をつっこんで調べている。
なのにその時は見つからなかった。
謎すぎる。

もしかしたら、私の見間違えかもしれない。
もしかしたら、バックパックから出てきたのじゃないかもしれない。
もしかしたら、元からこの部屋にいたのかもしれない。
もしかしたら、・・・ベッドのシーツの間から出てきたのかもしれない。

ぎゃあーーーーーーー!

・・・・・・・・・ま、いっか。

黄色い花
(お口なおしに黄色の花)

いっしょにギャー!って叫んだ方も
なんやそれって思った方も
1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エクアドル | 12:00 | comments:7 | TOP↑

≫ EDIT

砂漠で海辺で南の島で…野に咲く花々

花の名前とかは知らない。
きれいだなって見ているだけだ。

厳しい厳しい気候に耐えて
根をはり
花を咲かせ
種をとばす。
花たちは逞しく、ありがたく、そして美しい。


南米で見かけた花々の写真をいくつか並べていきます。
マウスをあてると撮影場所が、
クリックすると大きなサイズの写真がみられます。

パタゴニアのマーガレット
パタゴニアの草原 チリ・アタカマ村 野生トマト?
ウルグアイの湿原 ウシュアイアの野
アタカマ砂漠 イースター島の火山に咲く花
イグアスの滝ちかく サルタの荒野で
プエルト・マドリンの海岸 イグアスの滝のほとり

ブログランキング参加中。
花粉症のことは忘れて、1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南米 | 23:10 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

パタゴニアの風

マーガレット畑
(by ViviCam5050)

パタゴニアの風は、日本の風とはぜんぜん違う。
海から寄せるのでもなく
山から来るのでもない。
ただ、在る。
常にそこに存在している。
今この瞬間も
明日も
100年後も
パタゴニアの果てしのない野に
風は、永遠に在り続ける。

・・・書いてて自分で寒いわい。

へんな時期に梅雨がきたから風邪をひきました。
みなさん風邪にお気をつけて!
1クリックよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 20:10 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

岩漠に咲く花たち

ラダックは乾燥した土地だ。
標高も高いし
木が少なくて
砂漠のような荒涼とした景色がつづいている。
飛行機の窓から

だが、ここにも花は咲いていた。

いろんな形で
いろんな色で
工夫して
頑張って咲いていた。

ラダックの花



ラダックの花

ラダックの花

ラダックの花

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| インド | 11:32 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ルーマニアの花たち

私は雨女だ。
この旅は本当に雨が多かった。
アフリカではまさに雨季で
ジンバブエでも
ザンビアでも
信じられないくらいの豪雨にみまわれ
バスの中で傘をさし
水溜りだらけの道はどろどろになりながら歩いた。

中東の砂漠はさすがに乾いていたけれど
トルコのカッパドキアあたりからまた降り始めて
トラブゾンも
イスタンブールも
ブルガリアも
降ったりやんだりの雨模様だった。

ルーマニアでも
花たちが冷たい雨にぬれていた。
ルーマニアの花

名前わかんない

この花を見つけたときは嬉しかった。
クロバナフウロソウ。

クロバナフウロソウ

神秘的に咲く。
暗い花。
生えていたのはブラン城・・・「ドラキュラ城」の庭だ。
古びた十字架のまわりで咲いていた。
知らないまに「♪ヴァンパイア・レクイエム」とか口ずさんでいた。
ベルベットのような黒紫色のこの花を
吸血鬼は好むかもしれない。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ルーマニア | 11:27 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

春のブルガリアを旅する

フランス語でコクリコ
英語でポピー
中国語では虞美人草
ブルガリア語では・・・知りません。

日本語ではヒナゲシ

ヴェリコ・タルノボとカザンラクで撮ったトイデジ写真を載せていきます。

≫ Read More

| ブルガリア | 13:14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

地下都市とウフララ峡谷とおいしい魚

カッパドキアの現地ツアーでウフララ渓谷へ行った。
宿で仲良くなった韓国人が強くすすめてくれたのだ。
 「すごくきれいなところだよ!超オススメ!」
と言ってた。
 「小川が流れて花が咲いてて、めっちゃビューティフル!
  散歩に最適!」

ウフララ渓谷

たしかに彼女の言うとおり
小川が流れて

雨で増水中
(雨で増水中)


花が咲いてて

ウフララに咲く花 ウフララに咲く花

めっちゃビューティフルだったが
寒かった。
シャレにならんほど寒かった。
ダウンジャケットを着てこなかったのを激しく後悔するほどに。

谷にはその昔、修行僧が住んでいた洞窟がたくさんあったが

モンクの洞窟

あまりにも寒かったのでみんな素通りした。

いくつかはきれいな壁画も残っていたが

壁画


あまりにも寒かったので

なぜ全員、白目むいてるんだ?としか思えなかった。


edamame.jpg
(・・・なんか、似顔絵のうまい宝塚ファンの人を思いだした。)


寒くて寒くて
震えながら飛び込んだのはレストラン。
そこの魚(マス)の美味しかったこと!

マス

だが、焼き魚をナイフとフォークで食べるむずかしさときたら!
どうして欧米人は、お箸という文明の利器をつかわないのであろう・・・。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓ 寒いの嫌いな方、クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| トルコ | 13:05 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

おばさんパッカーとシリア草原の花々

バックパッカーは体力的にキツいので、若者ばかりかと言えばそうではなく
定年をむかえてから旅にでる、「おじさんパッカー」も数多い。
こう言っちゃ何だけど、マイペースなおじさんが多かった。

ところが女性・・・「日本人おばさんバックパッカー」には、今回たった一人しか出会わなかった。

アレッポで出会った、Yさん。
私の母と同い年!
バックパックを担いでヒッチハイクをし、杖をつきながら遺跡を巡る。
いろなことを教わった。
印象的な言葉をのこす人だった。

 「独身の頃からずっと一人旅をしていたの。
  だけどある時、ふと気がついた。
  私には『行きたいところ』はたくさんあるのに
  『帰るところ』がない、って。
  それで結婚したの」

これもYさんの言葉だ。

Yさんと訪れた遺跡で可愛らしい花を見つけた。
キキョウのようなリンドウのような。
青紫の花が遺跡のすき間をうめつくしていた。

デッドシティに咲く花

青紫の花に囲まれて、Yさんは言った。

 「ねえ知ってる? 生きてるって、ふつうのことじゃないのよ」

思わず息をのんだ。

 「呼吸をして食べて動いて、ふつうのことだて思いがちでしょう?
  でも生きてるって、実はとってもラッキーなことなのよ」

何百年も前にほろんだ遺跡と
咲き乱れる花々の中で
その言葉はしんしんと響いた。

デッドシティに咲く花(2)

私もYさんのような素敵なおばさんパッカーになりたいと思った。

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると、だだが元気になります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

***************************************

その他、春のシリア草原に咲いていた花の写真を「続きを読む」に載せておきます。

≫ Read More

| シリア | 13:00 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

ジェラシュ・花に囲まれた遺跡

ヨルダン・ジェラシュ遺跡。
4月上旬の遺跡は花に囲まれていた。
花畑のなかの廃墟だった。

ジェラシュ遺跡

本日は写真のみです。

≫ Read More

| ヨルダン | 00:13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペトラ遺跡に咲く花たち

ペトラ遺跡は、谷の奥。
荒涼とした岩の砂漠みたいなところにある。
だが、こんなところにも、野花はちゃんと咲いていた。


空をうつした青い花。

ペトラの青い花


太陽のように明るい花。

タンポポっぽい


乾燥した土地の花たちは
トゲトゲで身を守るものが多い。

トゲトゲ


妙な形の花もある。

変なの


春4月。
木の花も満開だった。

樹の花

・・・あ、ぜんぶ野生です。

***************************************

写真みてくれてありがとう。
↓ ランキングもよろしくです。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ヨルダン | 09:48 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅先で出会った草花・南アフリカ

ケープタウンの国立公園には低木の茂みがどこまでもひろがっていた。
さまざまな形の
さまざまな葉っぱの。
見たことのない花たち。

ケープタウンの花・3

庭の芝生にちょっと似ている、と思っても
ふつうの芝生の10倍くらいの大きさがある。
10倍くらいの大きさのネギも生えてた。
名前なんかは分らない。
ただ、でっかい。

ケープタウンの花・1


多肉植物も多い。
サボテンが黄色い花を咲かせていた。

ケープタウンの花・2

***************************************

読んでくれてありがとう。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 南アフリカ | 17:29 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |